ダイソーの粘土ケース。整理整頓に大活躍!収納術でも紹介多数

スポンサーリンク

ダイソーで販売されている粘土ケースです。
普通に粘土を入れて使うのはもちろん、なんと、整理整頓で大活躍というから驚きです。
テレビや雑誌等のメディアでいろいろな収納術が紹介され、100円ショップでは品薄のところもあるとか。特に、3,4月の新学期時期は売り切れのところも多いかも。

整理整頓しやすい大きさの粘土ケース

粘土ケースの大きさは、横 21.1 × 縦 11.1cm × 高さ 5.3cm で小物を収納するのにちょうど良い大きさです。
整理整頓したものをサクッと収納できるサイズです。

収納例を見てみると・・・

<救急箱として>

絆創膏や塗り薬、飲み薬、消毒液など、救急箱代わりとして収納することができます。

また、粘土ケースは、だいたい大人用のマスクちょうどよくすっぽりと入るくらいのサイズですので、大人用のマスク入れにも最適。
使い捨てマスクは普段から外出時や清掃時に愛用している方もいますし、花粉症や風邪が流行る時期には多用されますので、すっきり収納してすぐに手の届くところに置いておきたいですね。

コンタクトレンズや用品、目薬等を入れても良いですね。

<裁縫箱として>

ミシン愛用者は、ミシン糸や針、糸切バサミ、ニッパーなどの小物類を収納に。一式をまとめて入れておいても良いですし、多数あるミシン糸やクリップだけ集めて入れておいても良いですね。

手縫い派は、糸や針、針山、換え用ゴム、ハサミなどの一式収納しておけば、ボタン付けやゴムの入れ替えなどの時に便利。

また、装飾に使うビーズやスパンコール、ボタン、ホック、刺繍糸などの小物類を種類別に小袋に入れてから、粘土ケースに収納しても良いですね。

<化粧品入れとして>

普段使うメイク道具一式を入れて置いたり、たくさんある口紅やマニキュアなどを種類別に分けて収納しても良いですね。
またコットンやティッシュ入れにも。
スポンサーリンク


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

<文具入れとして>

子供用のかさばる鉛筆や色鉛筆、クレヨン、クーピーなどをまとめて入れたり、手作りアルバム等に使うマスキングテープやシール入れ等にもおすすめ。

<キッチン用として>

キャラ弁で使うバランやピック、抜き型、のりパンチなどを収納するのに便利。忙しい朝も、一式を一つにまとめておくことで、使い勝手も良くなりますね。

また、香辛料や箸置き、ソーサー等を整理して入れるのもおすすめ。
冷蔵庫の整理整頓にも、粘土ケースは大活躍です。

<その他いろいろ>

他にも、おもちゃを分類して収納したり、趣味や仕事で使うアイテムを収納したり、使い方はいろいろアイディア次第。

おしゃれに複数使いがおすすめ

同じ大きさ・デザインの粘土ケースで、複数一緒に使うのもおすすめです。統一感も出ますし、何より複数のケースを収納しやすいです。

また、ケース自体をデコレーションするとオシャレ度と便利度アップ! マスキングテープやシールなどを利用してもデザインしても良いですし、中身が分かるようにラベルを付けると分かりやすいです。

販売時にシールが貼ってあるものは、シールはがしでシールをはがして、自己流にアレンジすることもできます。

まとめ

粘土ケースは、程よい大きさから収納ケースとしておすすめです。
救急箱や裁縫箱、文具入れ、キッチン用品入れ等や、趣味や仕事で使う小物類の収納にも使えますね。
また、複数使いにすると、統一感が出ますし、同じ大きさなので収納しやすく便利です。マスキングテープやシール、ラベルでデコレーションすれば、オシャレ度や便利度が格段にアップします。

紹介した収納する小物類もほとんどが100円ショップで買えるものばかりですね。

スポンサーリンク