スポンサーリンク

博識で親しみやすい子に育ってくれたらいいなと思いました。

命名:博人 (ひろと)
男の子向け

「ひろと」と音だけ聞くと、今時な響きだと思います。 (この場合の「ひろと」の漢字は大翔、泰斗、海翔、裕翔などが浮かびます)

 

もちろん、そういった今時な漢字の選びもいいですが、 「博人」だと、パッと見てちゃんと読みがわかることと、博識・博学・博士などの「博」のため、落ち着いていて賢い印象を受けます。

 

今時な読みと、古風な漢字の組み合わせのバランスが、今の若い親御さんたちにも、上の世代の人たちにもしっくりくると思います。

 

名前の漢字を口頭で説明する時に、「博識な人でヒロト」と、一発で伝わるところもポイントが高いです。 また、名前に「博」が入ってると、その子のあだ名は「博士」になると思います。小学校で習う漢字なので、可能性は極めて高いです。

 

友人からあだ名で呼ばれると、仲良しではない他の子たちからも親しみやすいと思います。

20歳になった博人(ひろと)さんは?

真面目に勉強をし、 友人たちから慕われ、頼られてくれていたら嬉しいです。 そこそこの大学(できたら国立大学)に現役で合格し、 いずれは大学院に進んで博士号を取り、科学系の会社に就職を……と、自分を客観視し、堅実な道を歩むために、日々勉強に勤しんでいると思います。

 

就職した会社でも、博士というあだ名で上司から可愛がられていたらいいなあ。

【投稿者:家族みんな古風な名前の20歳さん】


命名達人は、一般人が「赤ちゃんに名前を付けるなら?」と考えた名前を紹介しています。実際に子供に付けた名前、子供に付けたかった名前、子供が生まれたらつけようと思っている名前、いいなと思う名前などそれぞれの想いがこもっています。楽しんでいただけたら嬉しいです♪
☆他の名前も見てみる☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



スポンサーリンク