サメとマンボウの飼育数や巨大水槽で日本一を誇る【アクアワールド大洗】

スポンサーリンク

58種ものサメが見られるのはココだけ! アクアワールド大洗では、現在58種642匹のサメを展示しており、この数字は日本一であり、実質的に世界1位となります。 アカシュモクザメやクロヘリメジロなどの有名な種類から、日本ではここでしか飼育されていないブラックスポットシャーク、ブラウンシャインシャーク、スムーズバウンドなまで様々なサメを飼育しています。 サメ専用の巨大水槽が二つもあり、多種多様なサメが泳ぐ姿をじっくりと見ることができ、迫力満点です。 また一日三回行われる水族館探検ツアーでは水槽の上からサメを見ることができます。 水族館探検ツアーは当日整理券を配布していますが、休日だと早くに無くなってしまうこともあります。 早めに来館することをオススメします。

イルカ・アシカのショーは大人も子供も楽しめる!

太平洋に面したアクアワールド大洗では、海に面したホールでイルカとアシカのショーを行います。 海を臨みながらのダイナミックなイルカのショーとコミカルなアシカのショーはとても人気です。 全面ガラス張りですので太平洋の水平線や夕方には夕日なども見ることができ、目を楽しませてくれます。 先着順のため、入場者数が多い場合、入場制限がかけられることがありますので、早めに並ぶことをオススメします。 また、入場できなかった場合は、アクアホールへ行くとイルカショーが行われている大水槽の中を見ることができます。 水中で息の合った泳ぎをしている姿や、ジャンプをして落ちてくる姿など、水上で見るイルカショーとはまた違った迫力があり、十分に楽しむことができます。

日本でも数少ないマンボウを見ることができる!

アクアワールド大洗はサメと並んでマンボウの飼育にも力を入れており、マンボウの水槽の大きさでも日本一です。 複数の巨大なマンボウがゆったりと泳げるほどの巨大水槽があるのはアクアワールド大洗だけです。 マンボウは餌槍が難しく、また水槽にぶつかっただけでも死んでしまうため、飼育している水族館は全国でも数少ないので、とても貴重です。 マンボウの姿を上からも正面からも横からも眺めることができるので、ゆっくりと泳ぐマンボウの姿をじっくりと観察することができます。 マンボウは横からの姿のイメージが強くとても大きいのですが、正面から見るとその体はとても薄く、そのギャップにも驚きます。 なかなかみることのできないマンボウの姿を楽しむことができます。 アクアワールド大洗 ●住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8252-3 ●電話番号:029-267-5151 ●ホームページURL:http://www.aquaworld-oarai.com/]]>

スポンサーリンク