本州最北のイルカショー!伝統を引き継ぐ【青森県営浅虫水族館】

スポンサーリンク

青森県営浅虫水族館の前身は東北大学理学部附属の臨海実験所の水族館です。当初より一般に開放され、青森では人気の水族館でした。 青森県営浅虫水族館のある浅虫市は青森湾に面する風光明媚なところです。温泉地としても知られ、水族館と合わせて青森の観光スポットの一つとなっています。2015年7月に仙台うみの杜水族館が仙台市に開設されるまでの間は、東北で唯一のイルカショーが見られる水族館でした。 館内には青森の豊富な水産資源の中から、選りすぐりの魚や海洋生物が生態系に近い形で展示されています。水族館の人気者はアザラシ、ペンギン、イルカです。よちよち歩きのペンギンは、特にかわいいと子供たちから人気があります。水槽くぐる様につくられたガラスのドームの中を歩きながら、泳ぐ魚たちを見ることができます。 水槽の中は陸奥湾の様子が再現され、高速で泳ぐ魚たちや、かわいい海洋動物まで、まるで陸奥湾の中で魚たちと生活を共にしているような楽しい錯覚を覚えます。時折、他の魚を圧倒する存在感を見せながら泳ぐサメは迫力満点です。 子供たちの人気No.1は、なんといってもイルカショーです。休みの日のイルカショーには大勢の子供たちが訪れ、大きな歓声が上がります。

よちよち歩きのペンギンとアザラシが大人気!

青森県営浅虫水族館には海獣館があり、フンボルトペンギン、ゴマフアザラシ、キタオットセイ、ゼニガタアザラシが展示されています。 フンボルトペンギンはよちよち歩きがかわいく、水族館の人気者です。一列に並んだお散歩や食事の様子を見ることができ、ここだけは見逃せませんよ。 キタオットセイは北太平洋全域を回遊しますが、絶滅が危惧される貴重な生物です。キタオットセイのオスは成長すると2mを超えますが、子供のうちはユニークな歩き方で愛嬌を振りまいています。 ゴマフアザラシとゼニタカアザラシはそれぞれ別々に展示され、特色のある生態を見せています。海獣館は親子がゆっくりと海の生き物とふれあえる貴重な空間を提供しています。

世界自然遺産である白神が育むきれいな魚たち!

白神山地は青森と秋田に跨る原生林です。太古の自然を現代まで残す貴重な自然が残ることから、世界自然遺産に指定されています。白神山地には多く清流が流れていて、貴重な淡水魚が成育しています。 青森県営浅虫水族館には熱帯淡水魚のコーナーと共に、白神が育む魚たちが展示されています。川の上流部に生息するイワナやヤマメは、通常は静かに水の中でからだを休めています。下流のコイは活発に動き、両者を見比べるのも楽しいものです。 コーナーには白神山系のブナの原生林が再現され、ヤマセミやクマゲラなどの野鳥のレプリカが展示されています。気をつて見ないとわからないので、注意深く観察してください。東北に残る貴重な自然遺産を体現できるコーナーです。

カフェテリアでお茶したらギフトショップでお土産探し

青森県営浅虫水族館には広い休憩場があり、団体でもくつろぐことができる十分なスペースが用意されています。 飲食施設としてはカフェテリアと食堂が用意されています。食堂のメニューは家族連れが楽しめる中華と洋食のポピュラーなもので、子供たちには魅力的。カフェテリアはイルカプールのすぐ脇に設置され、イルカショーを見るのに便利です。メニューはコーヒー・カフェラテのほか、ソフトクリームが各種用意され、大人も子供もくつろげます。 エントランス近くのギフトショップはグッツが充実した見逃せないお店です。店内は広く、ぬいぐるみやキーホルダーなどのグッツ類が数多く売られています。イルカのキャラクターが印刷されたクッションやペンギンのかわいい人形は、お土産品としても思い出の品としても手ごろな品です。 青森県営浅虫水族館 ●住所:青森県青森市浅虫字馬場山1-25 ●電話番号:017-752-3377 ●ホームページURL:http://asamushi-aqua.com/]]>

スポンサーリンク