みどころいっぱい!マンボウと海女さんがいる【志摩マリンランド】

スポンサーリンク

貴重!マンボウがゆったりと泳ぐ水族館 「志摩マリンランド」の一番の人気者は、なんといっても「マンボウ」です。 その独特でユニークな形は、子供から大人まで一度は見てみたいと思うもの。 おちょぼ口とまんまるの目をしたおとぼけ顔で、ゆったりと水槽を泳ぐ姿は、「志摩マリンランド」に訪れたら、必ず見ておきたいものです。 間近で見ると、マンボウは意外と巨体。その大きさに、子供はびっくりするかもしれません。 大きな体で悠々と水槽を泳ぐその姿は、必見の価値ありです。 マンボウは、長期間の飼育が難しいとされていて、日本でもマンボウを水槽で見ることができる水族館は限られています。 ここ「志摩マリンランド」には、常時複数匹のマンボウが飼育されているそうなので、その姿を満足いくまで見ることができる貴重なスポットとなることでしょう。

ここでしか見られないイベント!海女の餌付け

「志摩マリンランド」内の大水槽「回遊水槽」で、磯着姿の海女さんが、魚たちに餌付けをします。 大水槽だけあり、魚の数はピカイチ。 なんと、約2500種類もの魚が群れをなして泳ぐ水槽内でのイベントとなります。 魚は、小型の魚の軍団だけでなく、ブリなどの大型の魚ももちろん見ることができます。中には、なんとサメまでいます! 海女さんが水槽に入り、餌付けを開始すると、ぐんぐんとさまざまな魚が集まってきます。 普段の大水槽では、奥にいてみることができなかった魚や生物たちも、餌付けの時間にはじっくりと見ることができるかも。 餌付けの時間は、10:00・10:30~15:30の毎時30分と、16:00です。 イベントの時間や回数は変動することもあるので、水族館に行ったら確認してみてください。

充実の施設!清潔で披露目の授乳室とバリアフリー!

ここ「志摩マリンランド」は、大きな水族館だけあって、施設も充実しています。 入場券売り場と入場ゲートの横には、大きめの建物があり、そこには多機能トイレ、授乳室、コインロッカーが完備されています。 横には売店とレストランの建物があるので、買い物や食事の際に利用するのにも便利な配置となっています。 授乳室は清潔で、広め。ベビーベッドや洗面台のほかにも、ソファがおいてあります。 バリアフリー化もされていて、障害者専用駐車場、車いす対応トイレ、車いすの貸し出しも行っています。 補助犬の同伴も可能ですので、安心して来園することができます。 また、人気のペンギンタッチのイベントは、車いすでも体験可能。 イベントは予約が必要なので、忘れずに予約をしてくださいね。 志摩マリンランド ●住所:三重県志摩市阿児町神明賢島 ●電話番号:0599-43-1225 ●ホームページURL:http://www.kintetsu.co.jp/leisure/shimamarine/]]>

スポンサーリンク