スポンサーリンク


多くの女性が願う…

できることなら、出産するまでできて欲しくない「妊娠線」。

妊娠線ができずに出産を迎えた先輩ママに、その秘訣を聞いてきました!
参考にしてみてくださいね!!

先輩ママの生の声! 妊娠線予防方法は、これだ!!

妊娠線予防には、専用の妊娠線予防クリームを塗っている先輩ママが多いよう。
それと、乾燥を防いだり、一気にお腹が大きくならないよう気を付けることも必要そうですね。

乾燥肌の人はクリームをこまめに塗って妊娠線予防を!

私は妊娠前から全身乾燥肌のタイプですので、冬になるとボディクリームは全身に塗っていまいした。秋に妊娠して春に出産でしたので、妊娠中の冬はいつも以上の感想に悩まされていました。

冬に入る頃、まだお腹も大きくなっていない妊娠4ヶ月頃でしたが保湿目的で身体中にボディクリームを塗っていました。使っていたものは、ボディショップのボディバターのマンゴーです。ボディショップの商品は少し匂いが強いので妊娠中は合わない人もいるかもしれません。私もつわり中だったので店舗に行って気に入った匂いのものを購入しました。ボディショップのボディバターは匂いによって保湿力も少し異なるのですが、マンゴーは高保湿の商品でした。

妊娠4ヶ月頃から臨月まで使い続けていて、おかげで妊娠線ができませんでした。毎日入浴後と、時間があれば朝にも使うことがありました。日中でも乾燥している感じがした時に使ったりとこまめに塗っていたので効果があったのかなと思います。
高価なものでなくても、こまめに塗り続けることが大切なのかなと思います。 (先輩ママ:ちーちゃんママさん)

あわせて読みたい

とにかく乾燥だけはしないように!と意識して保湿した

私が妊娠中に妊娠線を防ぐためにしたことは体重管理とクリームで保湿を欠かさずしていたことでした。

妊娠前は好きだったスナック菓子やチョコレートなどの間食をいっさい止めて、毎日体重計にのって、体重の増加を意識していました。あかちゃんに良いものを取ることを意識していたら、自然に体重増加は抑えられていたと思います。

それと体重管理よりもクリームでマッサージと保湿をしていたことが、妊娠線予防の成功につながったと思います。安定期に入る前はつわりもあり、香りの強いモノを使用することができなかったので、ほとんど何もしていませんでした。

安定期に入ってすぐに、いつも使用していたボディクリームなどでマッサージ兼保湿をしていました。妊娠線予防専用のクリームは、効果はあるのかもしれないけど、少し高値だったので、気にしてガンガン使えないので、私はニベアのクリームを使っていました。7,8ヶ月以降は季節が秋口になったこともあったので、お風呂上がりと日中に赤ちゃんとの会話をするようにマッサージをしながら、保湿をしていました。 (先輩ママ:ゆうママさん)

雑誌で知って使っていたのはママ&キッズのボディ用クリーム

少しお腹が出てきた4ヶ月頃からスタートしました。早い方が良いと知人から聞いていたので。

雑誌で評判の良かったママ&キッズのボディ用クリームを朝晩に付け、説明書通りにお腹やおしりのマッサージもしていました。クリームはあくまで外側からの予防法なので、内側からとしてはとにかくたんぱく質とビタミンCを摂ってコラーゲンを作ることを意識していました。
肉類は一切摂らず、豆類を中心に、魚も食べてたんぱく質は摂っていました。あとニュートリライトのプロテインもプラスしていました。

おかげで妊娠線は全く出来ませんでした。食事内容にも気を遣っていたので、体重は8キロ増えただけでしたので、これも妊娠線の予防になったと思います。 (先輩ママ:ゆいちゃんさん)

妊婦雑誌やネットで人気だった妊娠線予防のクリームを使用

できれば妊娠線が出ないようにしたかったので、クリームを塗って対策をと思い、妊婦雑誌やネットで調べました。

これからお金もかかるし、安価で余計な成分が入っていない肌に優しいクリームがいいなと思っていたら、ニベアの青缶を使用している妊婦さんが多いという情報を知りました。ニベアクリームなら高価なものでもなく、近所のドラッグストアでも購入できるので早速買いに行きました。

クリームはベタベタせずにすーっと肌になじんでくれ、保湿もできるのでとても良かったです。妊娠5ヶ月後半からニベアクリームでお腹と太ももとお尻に塗って妊娠線予防を始めましたが、結果的に妊娠線はどの部分にも全くできませんでした。ニベアを選んでよかったです。 (先輩ママ:ゆなままさん)

自宅で2超簡単20秒で出来る、妊娠予防マッサージ方法

妊娠線が出来るのが、自分の体形の変化に皮膚がついていけないからと記載してあるサイトを見つけ、詳しく読み自分なりの解釈でたどり着いた結果が、お風呂上りにお腹や胸にボディクリームを塗るという事でした。

とてもめんどくさがりの私は、体操やマッサージ方法も調べてやってみたものの、続かなかった為、簡単な方法を考えていました。妊娠線がもしできたとしても、この子を産んだ証だ。と思おうと思い、毎日お風呂上りにボディクリームを塗ることにしました。

ボディクリームはいろんな種類を使いましたが、結果からいうとなんでもいいです。私は、匂い重視でなくなれば違う種類にするといった感じで使っていました。

使い方は、お腹や胸に塗るだけ。タイトルには20秒と書きましたが、塗るのにそれくらいかかるかな?って程度です。
マッサージ方法も別に特別はなく、手のひらで塗る。本当にこれだけなんです。

実際に長女を出産した後は妊娠線が一切なくきれいなお腹のままでした。今回もこの方法でマッサージをしていますが、
2人目も成功することを祈りたいです。 (先輩ママ:るわままさん)

ネットの口コミと友人のすすめを頼りに実践!とにかく塗る!

一番効果があると感じているのでは、妊娠線専用クリームの使用です。
妊娠するまでは妊娠線を予防するクリームの存在すら知らなかったです。5ヶ月になったころからネットや友人からクリームの存在を教えてもらいました。

朝晩二回塗っていますが、臨月になった今でも妊娠線が現れる気配はありません。周りにいる友人も皆同じシリーズを使っていますが、妊娠線ができたという声はまだきいていないのでちゃんと効果があるんだと思いました。

人それぞれ使いやすいもおがあると思いますが、とにかくこまめに保湿するクリームやオイルを使うことがおすすめです。 (先輩ママ:まいまいママさん)



妊娠中の足、お腹の妊娠線予防に対してのマッサージの大切さ

現在1歳7ヶ月の息子がいます。私がケアをはじめたのは妊娠6ヶ月、安定期に入ってから妊娠線予防出産までの予防を始めました。

私は高い妊娠線予防のクリームは高くて少ししか使えないので、薬局などで売ってるそんなに高くないボディークリームをたくさん使うこと、何より保湿を重視していきました。私が使っていたのはジョンソンアンドジョンソンです。

まずはお腹に時計回りに円をかくように手のひらをのせる程度の強さで10分やります。そのあとに鼠径リンパに向かって足の方向に老廃物を流すようにそのまま太もも、ふくらはぎの順に、とくに膝裏と忘れがちになる臍下が妊娠線がでやすいのでそこは15分ほどやっていました。高いクリームだと長時間の保湿がなかなか難しいです。

乾燥することでお腹周りが痒くなって妊娠線に繋がります。お風呂上がりは血流が良いのでオススメです。マッサージは1日のうちに気づいたときにやってあげると赤ちゃんとのコミュニケーションにも繋がっていくので乾燥させないようこまめにやってあげてください。私は一つも妊娠線がでないですみました。 (先輩ママ:なっちゃんさん)

妊娠線を予防したい!お手軽に出来る妊娠線の予防の仕方

妊娠中に妊娠線が出来ないように私がしたことは、お風呂上がりに妊娠線が出来やすい箇所にクリームを塗ってマッサージしていました。特にお腹周りは念入りに行いました。

私がクリームを塗り始めたのは、妊娠していることがわかってすぐです。なので、妊娠2ヶ月からクリームを塗っていました。お腹が大きくなる前からクリーム塗るといいよと友人からアドバイスしてもらったからです。使っていたクリームは、ニベアの青缶です。

妊娠線がを予防するのにおすすめのポイントは、早めからクリームを塗るなどの対策と、妊娠線が出来やすい箇所をなるべく乾燥させないようにすることです。また、お腹が大きくなってくると、下腹辺りが見えなくなり、お手入れが行き届かなくなりがちですが、そこが要注意です。下腹の方がよく妊娠線が出来やすいと思うので、なるべくおへそから下辺りを念入りにした方が良いと思います。 (先輩ママ:ゆっちゃんママさん)

妊娠発覚からすぐに妊娠線予防開始!双子出産してもきれいなお腹!!

絶対に妊娠線を作りたくなかったので、妊活中から、どの妊娠線予防クリームが良いか検討を始めていました。
マツキヨや赤ちゃん本舗、ネットショップなどで商品を探し、口コミもくまなくチェックしました。その結果、私は、ベルタ妊娠線クリーム
を使いました。正直ちょっと高くて迷ったのですが、8ヶ月くらい塗るだけの期間限定のものなので、高くても効果が期待できるものを選びました。
朝と夜の入浴後に念入りに塗るようにしていました。お腹だけではなく、バストや太もも、お尻など、妊娠線や肉割れができそうなところに全部塗っていたので、ほぼ全身でしたね。

おかげで、妊娠線が出来なかっただけでなく、全身ツルツルで、自分で触っても気持ちの良いモチモチ肌と変身しました!! 双子だったので結構大きなお腹になりましたが、きれいなお腹のままです。 (先輩ママ:ツインズママさん)

あわせて読みたい

妊娠・出産・育児に役立つ、先輩ママの経験談とアドバイス集


特に、初めての妊娠・出産・育児では分からないことがたくさんありますね。
ちょっとした変化などに、「これ、大丈夫なのかな?」「こういう時はどうしたら良いの?」「このままでも本当に良いのかしら?」と不安に思ったり疑問に感じることが非常にたくさんあります。

妊娠や出産、育児は、人それぞれ悩みや状況は変わるもの。
それでも、先輩ママの経験談は非常に役立つものであり、励みになるものです。

そこで、多くの方が気になる悩みや質問について、先輩ママに尋ねてみました!
少しでも参考になれば幸いです。

先輩ママ教えて!●●●●はどうでしたか?

【先輩ママ教えて!】出産ってどうでした?70人の体験談大公開!!

【先輩ママ教えて!】つわり中に食べられたものは何ですか?

【先輩ママ教えて!】妊娠中の「においつわり」はどう乗り切る?!

【先輩ママ教えて!】妊娠中の「吐きつわり」はどう乗り切る?!

【先輩ママ教えて!】妊娠中の「よだれつわり」はどう乗り切る?!

【先輩ママ教えて!】妊娠中の「眠気つわり」はどう乗り切る?!

【先輩ママ教えて!】妊娠中も仕事を続けていましたか?(体験談とアドバイス)

【先輩ママ教えて!】マタニティブルーの克服方法は? (体験談とアドバイス)

【先輩ママ教えて!】妊娠中にできる母乳育児対策は?(体験談とアドバイス)

【先輩ママ教えて!】妊娠中に葉酸を摂取していましたか?(体験談とアドバイス)

【先輩ママ教えて!】妊娠線予防方法はこれだ!!

【先輩ママ教えて!】妊娠線はいつ頃、どこにできましたか?

【先輩ママ教えて!】帝王切開で出産した経験談とアドバイス

【先輩ママ教えて!】心も身体もリラックス!マタニティヨガのすすめと効果

【先輩ママ教えて!】妊娠中に姑に言われて嫌だったことは?

【先輩ママ教えて!】妊娠中に夫に言われて嫌だったことは?

【先輩ママ教えて!】妊娠中に同僚に言われて嫌だったことは?

【先輩ママ教えて!】産後に母乳を増やす方法は?(体験談とアドバイス)

【先輩ママ教えて!】乳腺炎になったらどうしたらいい?(体験談とアドバイス)

【先輩ママ教えて!】卒乳・断乳はどんな風でしたか?(体験談とアドバイス)

【先輩ママ教えて!】産後に体重を元に戻したコツは?(体験談とアドバイス)

【先輩ママ教えて!】臭いが気にならないおむつの処理方法は?

【先輩ママ教えて!】赤ちゃんの“首がすわる”ってどんな状態?(体験談とアドバイス)

【先輩ママ教えて!】0~2歳児との暑い夏の過ごし方(体験談とアドバイス)

【先輩ママ教えて!】1~2歳と花火大会に行く際の注意点は?(体験談とアドバイス)

【先輩ママ教えて!】1~2歳児連れ夏休みの長距離帰省、成功ポイントは?(体験談とアドバイス)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




スポンサーリンク