スポンサーリンク

0~1歳におすすめの絵本です。
子供も大人もみんな笑顔になって、元気がもらえる一冊です。

『おひさま あはは』の口コミと評価

読むとおとなもこどももにこにこ笑顔になれる素敵な絵本です

こどもが5カ月くらいのときから読みきかせをはじめ、2才過ぎまで読んで欲しいと選んで持ってきた絵本のひとつです。
おひさまや登場人物の動物などみんながアハハと笑うだけの単純な絵本ですが、読み聞かせていると、自然と子どもの顔がニコニコがおになっていき、笑ってくれ、とても喜んでいました!よみかたに抑揚をもたせて読むと大笑いしていました。おとなも一緒に笑い合えることができました。
絵のタッチがクーピー?いろえんぴつ?のようなやわらかいものなので、とても優しい雰囲気があります。絵本の紙いっぱいに笑った顔のみが描かれているので余計な事を考えず、ただ笑っていると言う楽しい気持ちだけを与えてくれるとても素敵な絵本だと思います。

悲しい時、一緒にあははと読んでみよう!にこにこになれます

お日様や大きな木、お花や動物たちの、笑顔が描かれている絵本です。
娘が9ヶ月頃の時に購入しました。
可愛いイラストで娘も喜んで見てくれました。顔がクシャクシャ?となるくらいの満面の笑みを浮かべているイラストがお気に入りみたいです。あははーっと読むと、一緒になってあはは?っと読んでくれます。
いまでは、1人でも読めるようになって、あははあはは言いながら絵本を見ています。
私だって、娘だっていつも笑顔でいられないし、悲しい時泣いちゃう時あります。そんな時は、2人で、あははーって読むと楽しい気分になれて笑顔になれます!お子様と一緒にあははと読んでもらいたいです。
あははを色々なトーンや、リズムをつけて読んであげると、凄い喜んでくれます。

子どもも大人もみんなおひさまみたいに笑顔になれる絵本

おひさまや花や魚など、みんながあははと笑っています。でもぼくは…あれれ?でも、最後はみんなが笑顔になれる絵本です。
繰り返しの文章が続いたり、笑顔の絵がいっぱいでページをめくるのも楽しくなります。最後にぼくとお母さんが出てくるので、子どもにとってはより身近に感じられるのかもしれません。
我が家は1歳くらいから読んでいて、絵を指差したり、一緒ににこにこしたり、絵本を見ながら楽しみました。ご機嫌ななめな時にこの本を取り出して読んであげると、最後は一緒に笑ってくれることもありました。
2歳頃になると、自分で絵本を出してきて、絵本をペラペラめくりながら、自分で読んでいるふうに、絵に合わせてお話しをしてくれるようになりました。
色鉛筆で描かれた絵は、全体的におひさまカラーで明るく元気が出るような雰囲気がとてもすてきなので、赤ちゃんには絵を見せてあげるだけでもよろこんでくれるかもしれないですね。

口コミをもっと見てみる


おすすめの絵本をご紹介しています。

0~2歳の子におすすめの絵本はたくさんあります。
当サイトに寄せられた口コミも掲載していますので、ぜひご参考にしてみてくださいね。
もっと他を見る!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




スポンサーリンク