スポンサーリンク

0~1歳におすすめの絵本です。
子供と、ママやパパの頬をくっつけたくなる、笑顔になる絵本です。

『くっついた』の口コミと評価

読み終わったあとかならず顔をほっぺにくっつけてくれるよ

あひるとあひる、ぞうとぞう、さるとさるなどはじめは同じ種類の動物がくっつく様子をえがいており、最後はお母さんと私、そこにお父さんもくっついてきて家族の絆、仲の良さを教えることができる本だと思います。
1ヶ月のころから、1歳になった現在もよんでいます。くっつくことの楽しさをおぼえたらしく、ページをめくるごとに大興奮しています!
動物同士がくっついていく様子から、最後は家族がほっぺをくっつける様子が描かれており、それをいつも読みながらしてあげていると、愛情たっぷり与えながら本を読んでいけている気がします!
この本をよみはじめてからは、くっつくのが大好きになっている気がします。引っ付いて、ギューっとこの本を覚えてからしてくれるようになりました。

くっついた!のくりかえしで、楽しく幸せになれる絵本

きんぎょさんと きんぎょさんが・・・くっついた!
という風な、シンプルでリズミカルな文章の繰り返しで、いろんなものがくっついた!という内容です。最後は親子でスキンシップができて、親子でニコニコ笑顔で幸せ気分になれる絵本です。
次男が2歳になる前、表紙の可愛らしさに惹かれて購入しました。ちょうどいろんな単語を覚え始めた頃で、この絵本を読んでからしばらくは、ブロックとブロックが・・・くっついた!とか、いろんなものをくっつけて遊ぶのが彼のブームになっていました。
この時期の子供って「かんぱーい!」が好きだったりしますよね。それもコップとコップがくっつくことが楽しいわけで、まさしくその楽しみがこの絵本に集約されているような気がします。

丸みのある優しい絵の,自然にスキンシップができる絵本

ぞうさんやおさるさんといった,おなじみの動物たちが仲良く「くっついた」場面がたくさん描かれています。
まだ、文字や話の内容は理解できない1歳の子供も、「○○さんと○○さんが…くっついた!」の繰り返しに笑ってくれます。登場する動物たちを「これ知ってる!」といわんばかりに指差すので、動物の名前を教えるためにも適した絵本だと思います。
最後は、まんまるお顔のパパとママと私(赤ちゃん)のほっぺが、ぴたっ!とくっつくのでそのタイミングで子供の顔に頬ずり。スキンシップを図るのにも一役買ってくれる絵本です。児童館の読み聞かせでも登場する定番の絵本ですが,意外と最近の作品(2005年発行)であることに驚きました。自然な読み聞かせやスキンシップの仕方に戸惑う新米パパママさんに、ぜひおすすめしたい一冊です。

口コミをもっと見てみる


おすすめの絵本をご紹介しています。

0~2歳の子におすすめの絵本はたくさんあります。
当サイトに寄せられた口コミも掲載していますので、ぜひご参考にしてみてくださいね。
もっと他を見る!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




スポンサーリンク