スポンサーリンク

0~2歳におすすめの絵本です。
おばけを題材にした絵本です。

『おまつりおばけ』せなけいこ の口コミと評価

子どもも大好き。とってもとってもかわいいおばけの絵本

子どもが1歳の時に読んでいた絵本です。2歳の時も、3歳の時もかなり気に入っていました。
おばけの家族がみんなでおまつりにでかける準備をしていると、窓に怪しい影。キャー
子どもたちが捕まって、おばけ風船にされてしまいます。おとうさんとおかあさんが助けに来てくれるかな~。
普段はおばけを怖がる息子も大好きなおばけ、なぜならもうおばけ風船がとってもかわいいんだ!おかあさんはこれにしよーっと、というとぼくはこれーっ!と慌てて選ぶ息子もかわいい。
怪しい影はどこだ、悪い人は誰だ、と筋をおっていくのも楽しく、次はどうなるかなとじらしながらページをめくると子どもの興味もひきつけられます。
おとうさんとおかあさん、おまつり、風船、たのしいもの、うれしいきもち、やさしいきもちがたくさんつまった素敵な絵本です。[/char]

おばけシリーズ好きな娘に読んだ「おまつりおばけ」とは

娘は一歳前から絵本が大好きになり、中でも『ねないこだれだ』などのおばけシリーズがお気に入りでした。
この『おまつりおばけ』は、おばけの家族がお祭りへ出かけようとしたその時、怪しい男におばけの子供たちが連れ去られ、お祭りでおばけ風船として売り出されてしまうお話です。
連れ去られる場面で娘は「えーんえーん」と泣き真似をしていました。風船にするため、きれいな色を塗られる場面では、ひとつひとつ指で触り、色の違いを楽しんでいました。
最後にはおばけの両親が怪しい男をやっつけて、子供たちを連れて帰るのですが、怪しい男が「もうしません」と謝るところが娘のツボでした。ここを何度も何度も読まされましたよ。
カラフルな色使いと、話の展開の早さが一歳前後の子供にはピッタリです。絵を眺めているだけでも楽しめる素敵な絵本でした。

子どもも私も、ずっと大好き!せなさんのおばけ絵本!

『ねないこだあれ』『おばけのてんぷら』などで、おなじみのせなけいこさんの絵本。素朴な切り絵の絵と、落語を聞いているようなひょうひょうとした言葉がたまらない世界です。
おまつりに行った、おばけの子どもたちが、泥棒につかまってしまって、ペンキで塗られてしまった!さてさて、どうするの?あまり教訓や教育的な視点がないところが、とってもおすすめです。
我が子には、1歳頃から4歳頃まで、よく読んであげました。他にも、この「おなじみのおばけさん」が登場する絵本シリーズはたくさんあるので、子どもにとっては、もはや仲良しな友だち気分です。
実は、私も子どもの頃、このせなさんのおばけ絵本が大好きで、何度も何度も母に読んでもらいました。そんな絵本をまた、我が子に読んであげて、一緒に笑えるって、しあわせだなと思います。

口コミをもっと見てみる

他にもおすすめの『おばけ』シリーズ


口コミを見てみる

口コミを見てみる

口コミを見てみる

口コミを見てみる

口コミを見てみる

口コミを見てみる


おすすめの絵本をご紹介しています。

0~2歳の子におすすめの絵本はたくさんあります。
当サイトに寄せられた口コミも掲載していますので、ぜひご参考にしてみてくださいね。
もっと他を見る!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




スポンサーリンク