スポンサーリンク


野球部にしようか陸上部にしようか迷いましたが、陸上は個人で賞状がもらえるからと入部しました。

野球は小学校で経験していないとレギュラーになれないと言うことも分かったというのもあるようです。
目立ちたがりなので絶対補欠は嫌だったのかもしれません

入賞目指して頑張った陸上部。目標、県大会入賞だぞ。

陸上部に入ってはじめは百メートルなど短距離をしていましたが、はじめての大会後に限界を早くも感じハードルに変更しました。
こんなの飛べるのって思えるほどのハードルの高さにびっくりしました。

家でも練習ができるようにと祖父が木を使ってお手製のハードルを作ってくれました。
家の庭でそれを使って何度かは練習していましたが、やはり飛びにくいらしく家での練習ではつかわなくなりました。

体がとても堅かったので柔軟体操をするのを手伝いました。
気休めですが風呂上りには毎日リンゴ酢やブルーベリー酢を飲ませました。

目標通り地区大会で入賞し県大会にも進むことができました。 
ちょっとは足も速かったようでリレーメンバーにも選ばれました。

ハードルと違ってリレーは団体競技のようなものでバトンを落としたら・・転んだら・・などなど団体競技ならではの応援する側の緊張感も味わわせてもらいました。
一度だけバトンパスを失敗してみんなに迷惑をかけてしまったことがありました。

私もなんと声をかけたらいいかと思うほど落ち込んで泣いてしまっていました。
でも先生やほかのメンバーか慰め励ましてくれたので乗り越えることができたようでした。
個人種目しかやっていなければできない経験でしたので今となっては良い思い出です。

中学校の部活、親の関わりはどう?

陸上は個人種目ですので特に親の会などはありませんでした。なので楽でした。
ただ大会は朝がすんごく早いです。
どんなに近いところでも朝六時集合で、帰りは五時は過ぎてました。
それにお伴することもありました。

陸上部のおすすめポイント

陸上は個人種目ですので他の親御さんと全くかかわらずにいても全然おかしくないので、ママ友づきあいが苦手な方にお勧めです。

リレーにさえでなければほかの子供の足を引っ張ってしまう心配もありません。
スパイクを一足購入するだけでお金もかからずおすすめです。

中学生の部活:陸上
開始時期:1年生

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう