スポンサーリンク


小さい時から野球が大好きで、小学校4年生から野球のスポーツ少年団に入っていて、中学生になっても野球を続けていきたいという本人の希望だったので入部しました。

また、高校生になっても野球を続けていきたいという気持ちがあるので、野球を頑張りたいということで始めました。

毎日の部活は泥だらけで汗だくになるほど頑張っています

毎日の部活は、泥だらけになって汗だくになって帰ってくるほど頑張っているようです。
先生に対する挨拶や礼儀、上級生や下級生に対する態度など陰日向なく日常を過ごしているように見えます。

また、野球の道具は高価ですので度々買うことが出来ないと言ってあるので、帰ってから道具の手入れは自分で積極的に行うなど、野球に取り組む姿勢は上の学年になるほど自分から進んでしています。

疲れて宿題をする時に眠くなるようですが、文武両道の言葉のごとく、毎日の宿題は欠かさずしないと野球は出来ないのが野球部のモットーでもあるので、頑張っています。
その頑張りを見ていると、親としては特別なことは出来ませんが、食事の面や健康面を気遣いながら、子供がのびのびと部活ができるようにサポートすることが役目かなと思っています。

また、試合の日には必ず時間がある時には見に行くようにして、頑張っている姿を見て應援しようと思っています。
子供の頑張っている姿に親の方も元気をもらうことができるので、これからもできることは親子で話をしながら子供の負担にならないように続けていこうと思います。

そして、部活で学んだ礼儀や挨拶や思いやり、仲間と培った和の心をいつまでもずっと持ち続けていって、大きくなって役に立てて欲しいと思いっています。

中学校の部活、親の関わりはどう?

公式戦の試合の時は学校からバスが出ますが、練習試合の時は親の中で都合のいい人が車を出して子どもたちを試合会場まで連れて行きます。当番制ではないので少し気が楽です。

野球部のおすすめポイント

野球は一人で行うスポーツではないので、協調性とチームワークが必要になってきますので、相手を思いやる心が育ちます。

また監督や指導者、上級生や下級生に対する挨拶は基本なので、元気のいいきちんとした挨拶が誰にでも出来るようになります。

中学生の部活:野球
開始時期:1年生

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう