二人目不妊 原因

二人目不妊って?原因を探す日々から私が生活の中で変えた事

二人目不妊,生理不順,妊娠,原因

私は一人目を授かるまで結婚から4年かかったので、なんとなく二人目も時間がかかるだろうなと感じていました。

 

元々が生理不順なのと生理が来ても排卵のある生理が来なかったので、二人目を考えるのなら早め早めに体の調子は整えておくべきだと思っていました。

 

そんな経験から、二人目不妊を意識したきっかけなどお話したいと思います。

 

最初の準備は授乳期が終わってから

二人目不妊,生理不順,妊娠,原因

授乳中は、排卵を抑制するホルモンから生理が止まりやすいそうです。(※人によっては授乳中でも産後すぐに生理がくることもあります)
私はかかりつけの婦人科の先生からそのように説明を受けていて、「卒乳してから半年くらい経っても生理が来なかったら、病院に来てください」と言われていたので、その時期が来たところで通院を開始しました。

 

最初は生理を起こす薬を飲む事から始まりました。これは、すぐに効果があり生理はすぐに来ました。

 

そして、基礎体温も見ると体温がきちんと排卵のあるグラフになっていたので、一人目妊娠前の排卵がなかなか来ない苦労の時に比べれば気持ち的に楽でした。意外とすぐに妊娠できるかも、なんて期待もしていましたね。

 

ところが、排卵があってもそう上手く妊娠する事はなかったんですよね。

 

でもこの時、上の娘は2歳で「魔の2歳児」真っ只中。育児でドタバタ奮闘していて目の前の事で精一杯の毎日だったので、この頃は一人で十分、二人目はまだ先で良いかなぁと感じていました。二人目妊娠にそれほど焦りを感じていなかったのです。

 

二人目意識をきっかけに知った言葉「●●●●●」

二人目不妊,生理不順,妊娠,原因

私が二人目を本格的に意識し始めたのは娘が幼稚園に入ってからの事です。お友達で赤ちゃんが生まれてお兄ちゃんお姉ちゃんになる子が増え始めたので、「私もお姉ちゃんになりたい」と娘が言った事から考え始めました。また、ママ友や両家の親からも「そろそろ二人目は?」と聞かれる機会もこの頃から増え始めたので、二人目をまったく考えないという方が難しかったです。

 

そして、一人目の妊活中の時から生理日を予測してくれるサイトを登録していて、そこで妊娠できない悩みを投稿したり、同じ悩みを持つ人同志で気持ちを分かち合ったりしていたので、今回も同じように利用しようとサイトを見た時の事です。

 

「二人目」「妊娠」などキーワードを入れて掲示板のスレッドを検索した時に「二人目不妊」という言葉を沢山見かけたのです。

 

(ふたりめふにん…!?)

 

どうやら、専門的にそういう言葉があるのだと知りました。

 

この時初めて、この「二人目不妊」という言葉を知ったのです。調べてみると色々と情報が出てきました。

 

「二人目不妊」を調べて分かった事

二人目不妊,生理不順,妊娠,原因

「二人目不妊」という言葉を知らべてみて分かったことがいろいろとありました。

 

「二人目不妊」の原因は人それぞれに違い、排卵の状態、精子の状態、卵管の状態、性交渉のタイミング、年齢によるものなどで、明確な原因を特定するのは時間がかかる事もあり難しいそうです。

 

そして、色々読んでいて自分の場合しっくり来たのが「もともと妊娠しにくい体質だったが一人目は偶然に授かった」という事。また、排卵の状態、夫婦の年齢も関係あるのではと思いました。

 

実際に長女は授かるまで妊娠を意識してから3年程かかりましたし、もともと排卵も上手くできない体質でした。二人目を考えた時、私は30歳でしたが主人は40歳手前だったので年齢の問題も全く無いとは言えないのではと感じました。

 

それから、不妊の定義は、妊娠を意識し始めてから避妊を行わずに夫婦生活を行っているにも関わらず1年以上授かる事ができない状態とされているそうです。1年という定義になったのは2015年8月からで、私が知った当時の定義は2年ではあったのですが、この定義にしっかりとあてはまり自分は不妊を経ての妊娠だったのだなと知る事ができました。

 

基礎体温を見直すと…?

二人目不妊,生理不順,妊娠,原因

二人目を意識してからなかなか妊娠できないので、婦人科で妊娠の兆候が無い事を相談しました。
そして基礎体温表を改めて見てもらう事にしました。

 

グラフを見ると低温期と高温期で二層に分かれてはいるものの、私の場合基礎体温が全体的に低いとの事。もしかしたら黄体ホルモンが少ないかもしれないとの事でした。黄体ホルモンが少ないと生理不順や妊娠しづらい体質など様々な原因に繋がるそうです。

 

確かに低温期が35度台、高温期が36度台という時が多く素人目に見てもとても妊娠しやすい体質とは思えませんでした。

 

その時、医師からは「運動や食事などで体を温める事をしてみましょう。様子を見て排卵誘発剤を使う事も視野に入れていきましょう」と言われました。

 

さっそく体質改善!私が行った事

食事はテレビなどでも大豆イソフラボン、ビタミン、鉄分などが良いという事は聞いていたので体質改善に良いと言われるものは調べて積極的に取っていました。

 

運動は、元々日課で毎日ストレッチと骨盤体操をしてはいたのですが、そこに加え一人目妊娠前にも通っていたよさこいソーランを復活させる事にしました。一人目を授かる前も妊娠できない事に悩んでいたのですが、そういえばよさこいソーランを始めてから体の調子が良くなる事が増え、その後妊娠する事ができたなと思い出したのです。もしかしたら今回もこれで妊娠しやすい体になるかもしれないと思いました。結果論として、それから約1年活動していたのですが、よさこいソーランが良かったのかははっきりと言えませんが、二人目を授かる事ができました。

 

妊娠に気づいた時の基礎体温は低温期でも36度台、高温期は37度台でした。食べ物やそれ以外の生活改善からも効果があったのだと思いますが、運動をしっかりと始めた事で相乗効果が出たのではと感じています。

 

まとめ…二人目不妊かもと思ったら

 

1. まずは婦人科で相談を!
2. 生理日予測サイトなどで見えてくる事もあるかも
3. 妊娠を意識して一年以上妊娠が無いなら不妊の可能性も
4. 基礎体温を見直すことで原因が見えてくる事も
5. 体を温めて妊娠しやすい体作り

 

焦らずにまずは分かっている事から見直してみましょう。
専門の人の意見を聞く事も忘れずに!

 

二人目不妊は一人目不妊と悩みの種類が異なり「贅沢な悩みなのかな」と思いやすいですが、どうか一人で抱え込まず一緒に解決してくれる人を探しましょう。