二人目不妊 贅沢

二人目不妊は贅沢な悩み?悩んではいけないの?悶々と悩むあなたへ…

二人目不妊,生理不順,妊娠,贅沢
なかなか周りには言えない二人目不妊の悩み。いざ、悩みを打ち明けてみたら「既に一人いるのに贅沢だよ!」と言われてしまった人もいると聞きます。

 

今回は、私の体験も交えながら二人目不妊の悩みを持つ事はどうなのか私なりの考えをお話したいと思います。

 

二人目不妊って贅沢な悩み?

二人目不妊,生理不順,妊娠,贅沢

二人目不妊は贅沢なのか…?はっきり言ってしまうと贅沢な悩み…ではあると思います。目の前に愛する我が子がいるのですから…。

 

ただ、この事に関しては実は考えたらきりが無いのですよね。

 

二人目不妊の悩みは一人目不妊の人からしたら「子ども一人いるだけでも良いじゃない」一人目不妊の人は未婚の人から見たら「結婚しているだけでも良いじゃない」さらには「子宮があるだけで良いじゃない」と羨み羨まれるのって世の常なのかなぁと感じます。贅沢な悩みと感じているのであれば、ママ友と話す時に言葉を選ぶ事さえ気をつけていればそれで良いのでは無いかな?と私は思います。

 

子どもが欲しい理由は家庭によって様々で、誰彼が産む産まないを決める事ではありません。もしも、きつい言葉を言ってくる人がいても右から左に聞き流してやり過ごしましょう。きっとその人も心に余裕が無くて、ついあなたに発してしまっているのだと思います。

 

一人目不妊とどちらが辛い?

二人目不妊,生理不順,妊娠,贅沢

一人目不妊は夫婦の為、二人目不妊は子どもの為という考えの人が多いと聞きます。

 

一人目を欲しがる多くの理由は、夫婦の子どもを見てみたい、親に孫の顔を見せてあげたい。二人目を欲しがる多くの理由は、一人目に妹か弟を作ってあげたい、一人目と違う性別の子が欲しいもしくは周りに希望されているなどではないでしょうか?

 

私は一人目も二人目も不妊を経ての妊娠だったので、どちらの気持ちも体験しています。自分の場合ですが、一人目不妊の方がまだ辛さの程度としては軽かったかなと今になっては思います。一人目不妊の当時は「これ以上辛い事はあるのだろうか」と思っていましたが、仕事や趣味で気分転換しやすかったので「このまま夫婦二人だけの生活も良いのかな」と思う時もありました。二人目不妊の時は流産を経験したり、周りからの言葉のプレッシャーが格段に多かったり、一人になれる時間も少なかったので常に二人目不妊と向き合う毎日で悩みの種類が違うなと思いました。そう!悩みの種類が違うのです。

 

ですから、本当は比べられる事では無いのです。
どちらが辛いのでは無く、それぞれに辛く苦しい事なのです。
どうか自分を責めないで下さいね。

 

一人目不妊とは分かり合えないの?

二人目不妊,生理不順,妊娠,贅沢

私には、一人目不妊で悩んでいる友達と二人目不妊で悩んでいる友達どちらもいました。二人目不妊で悩んでいる友達は、お互い子どもが既にいる上での悩みなので子連れ同士で会って何でも相談したり愚痴をこぼしていましたが、一人目不妊で悩んでいる友達に会う時には主人や母に子守りをお願いして預けたり、話をする時も自分からはなるべく子どもや不妊の話題は触れないようにしました。友達から話を振られて「食事改善ってどういうのした?」と相談があった時に具体的な話をしたり「二人目は考えているの?」と聞かれた時に「実は今回も不妊みたいで…」と話をしたりしました。

 

そして、友人は子どもを預けている理由を察したようである時「今度は娘ちゃんも一緒にランチしよう!おすすめのカフェがあるんだよ♪」と言ってくれて次からは子どもも交えて会うようになりました。一人目不妊とは分かり合えないのか?で言うと、それはお互いの心配りによるのかなと思います。

 

また、一人目不妊の人と不妊の話題になったとしても「同じ不妊症同士がんばろう」などと言うのは禁句です。確かに不妊の問題としては同じですが、二人目不妊は一人目がいての悩み。子どもがいない人に子どもがいる立場から「同士」と言われたら一人目不妊の人は言葉に違和感を持ったり、傷ついたり、腹を立てると思います。

 

悩んでも良い…だけど忘れないで!

二人目不妊,生理不順,妊娠,贅沢

二人目不妊に対して自分をどうか卑下しすぎて悩まないで下さい。お子さんの事を考えて、夫婦の事を考えて、実家の事を考えて一生懸命毎日頑張っているのですから悩んで当然なのです。

 

ただ一つ、忘れないで欲しいのは目の前に大切な我が子がいるという事です。今、二人目を考えられているのは一人目がいてこそ。奇跡が重なって生まれてきてくれたのです。頭では分かっていても意外と盲目になりやすいです。私もそんな時がありました。

 

私は、改めて「生まれてきてくれてありがとう」と思う事で二人目不妊に対して冷静に考え直す事ができました。思いつめている時こそできればお子さんに声に出して伝えてみて下さい。お子さんも喜びますし、自分自身も気持ちがポッと温かくなり心にゆとりができます。

 

まとめ…二人目不妊は悩んではいけないのか?

1. 二人目不妊は贅沢な悩みと落ち込まないで!辛い言葉はスルー!
2. 一人目不妊と二人目不妊は悩みの種類が違い、それぞれに辛く苦しい事
3. 一人目不妊の人と話す時は心配りを忘れずに!気持ちが伝われば分かり合える事も
4. 一生懸命考えているのですから悩んで当然、だけど目の前の我が子への感謝の気持ちを忘れずに

 

心配りある人は素敵ですし尊敬します。配慮ある優しさを受け止めたら次は自分が誰かに優しさを繋げていく…その優しさの連鎖がいつか赤ちゃんを連れてきてくれる気がします。