二人目不妊 生理不順 原因

生理不順が二人目不妊に繋がる?生理不順ってそもそも何が原因?

二人目不妊,生理不順,妊娠,原因
一人目育児に慣れてくると「そろそろ二人目欲しいなぁ」と考える方も多いのではないでしょうか?

 

でも、妊活に入る前にちょっと待ってください!
子宮は妊娠できる準備が整っているか、今一度見直してみましょう。

 

生理不順が起こる理由とは?

二人目不妊,生理不順,妊娠,原因

私の場合、婦人科で薬を処方されるまで産後2年、生理が止まっていました。母乳育児中だったので、生理を抑制するホルモンが働いていたのもありますが、卒乳後も半年以上止まり続けていたのは体温が低かったのが大きな原因だと思います。

 

生理とホルモンは密接な関係で、ホルモンバランスが乱れる事で生理不順に繋がったり、不妊体質に繋がったりするのでバランスを乱さない体作りを目指す事が必要なのです。

 

母乳育児中の場合に考える事とは

二人目不妊,生理不順,妊娠,原因

まず、二人目を考える前に一人目のお子さんの事で考えなければならない事があります。

 

現在母乳育児中の場合、生理を復活させたとしても母乳育児を継続している限りホルモンの関係で再び生理が止まる可能性があるのです。なので、お子さんが卒乳するまで妊活を待つか、妊活の為に卒乳するか、生理が止まるのを覚悟で妊活をしていくかの選択になるのではと思います。

 

そして、妊活の為に卒乳する場合、一人目のお子さんの月齢や理解力、アフターフォローなど考慮して慎重に卒乳をするかどうか考える必要があると思います。月齢によっては母乳がまだまだ必要な時期もありますので、悩む時には自己判断せずに、産婦人科や小児科で必ず相談をした方が良いです。

 

私の場合ですが、娘との母乳ライフがとても大切で、妊活よりも優先順位が上だったので卒乳してからという選択をしました。

 

高齢に差し掛かっていたり、色んなご事情で早めに二人目をと考えていたりする方もいると思うので、周りに翻弄されず「我が家の場合はどうするか」で産婦人科と相談しながら進めていくのが良いと思います。

 

子宮が回復してない可能性が高い?

二人目不妊,生理不順,妊娠,原因

出産後の生理再開は、子宮が回復したサインとも言われています。

 

ミルク育児は産後2〜4ヶ月頃に再開、母乳育児は産後6〜10ヶ月頃に再開する場合が多いようです。しかし個人差がありますので、ミルク育児でも1年後に再開したり、母乳育児でも2カ月後に再開したりさまざまなので、気になる場合は婦人科に相談しましょう。

 

生理が再開していない場合、子宮が回復していない可能性が高く無理に再開させたとしても、子宮を守る為に妊娠できないように守る機能が働き無排卵という場合もあります。その場合は、子宮の訴えに正直に答えて体を十分休ませてあげる必要があります。

 

一人目の子との時間を大切に過ごして子宮の回復を待ちましょう。

 

心当たりは無い?こんな症状にご注意!

二人目不妊,生理不順,妊娠,原因

生理不順はホルモンバランスの乱れが大きな原因になりやすいと話しました。
では、ホルモンバランスの乱れは何が原因で起こりやすいのでしょうか?

 

冷え、血行不良

私自身も冷え性なのですが、冷えは一番の大敵だと思います。

 

私は二人目妊活の際、基礎体温が全体的に低く黄体ホルモンが少ない可能性があるとも言われました。体を温める格好や食事、運動を心がける事で冷えを克服できると思います。

 

私は冷え取り対策で靴下重ね履きを日常的にしていました。

 

過度な体重増減

産後すぐに妊娠前の体重に戻さなきゃ!と焦って過度なダイエットをしていませんか?
また、暴飲暴食や運動不足で太ってしまったりしていませんか?

 

運動のしすぎしなさすぎも生理不順の原因に繋がるようなので適度を心がけましょう。でも、適度って意外と難しいですよね…程よく汗をかくくらいがちょうど良いと思います。

 

食生活の乱れ

産後は子どもの夜泣きなどで生活リズムが狂いやすいですよね。
私も食事の時間がずれる事が多かったです。

 

まとめてご飯を食べたり食べられなかったり…今思えばこれも生理不順の原因だったのかなと感じています。

 

睡眠不足・ストレス

子どもの睡眠がまとまらず不規則な時期だと親も睡眠時間がずれる事が多いですよね。
また、育児や夫婦間の問題でストレスを抱える事も多いのではないでしょうか?

 

私は寝不足の時は主人に正直に体が限界な事を伝えて子守外出を半日お願いして家でゆっくり寝たり、ストレスが溜まったら友達に愚痴ったり、それさえできない時はトイレの中や布団の中で大声で叫んだりしていました(笑)

 

要因となる疾患がある

もともと何か持病を持っていませんか?

 

その持病が生理不順を引き起こしている可能性もあるので、かかりつけの医院に相談してみましょう。

 

まとめ…生理不順を改善するには

1. 生理不順の原因はホルモンバランスの乱れから
2. 母乳育児中の場合、生理を抑制するホルモンで止まっている
3. 生理復活していないのは子宮が回復していないサイン
4. ホルモンバランスを乱す原因を探そう

 

子宮はとても正直です。
知らず知らずのうちに我慢している事を子宮が受け止めてくれているので、生理不順に気づいたら原因を探してみましょう。