生理不順 妊娠したい 生理不順改善

生理不順だけど妊娠したい!それならまずはこの3つから始めてみよう

二人目不妊,生理不順,妊娠したい
生理不順だと妊娠しづらいと聞くと不安になりますよね。でも、その不安を解消できるかもしれない方法があります。

 

今回は私が生理不順を改善する為に実践した事をお話したいと思います。大きく分けて以下の3つを実践してみました。

 

 

まずは基礎体温を測ろう

二人目不妊,生理不順,妊娠したい

妊娠しやすい体質に改善する為にも、日頃から基礎体温を測る癖はつけておきましょう。

 

体温のリズムから担当医師も治療の方針を決めやすくなります。
「生理不順です」と受診しても「基礎体温のリズムが分からないと治療法を決められない」と言われる事が多いので予め基礎体温表を作っておいた方が無駄足を踏まずに済みます。基礎体温の測り方は以下の通りです。

 

【毎朝同じ時間に目覚め、そのまま動かずに寝たまま測ります】

なるべく同じ時間に測ることで、ブレの少ない基礎体温表を作る事ができます。また、検温中に動くと体温のブレが生じやすくなるので、必ず起き上がったり動いたりしないようにしましょう。
トイレなどでどうしても動いてしまう場合は、約30分安静にしてから測ればOKです。また、朝は体の不調などからどうしても測れない場合は毎晩同じ時間帯に30分安静にしてから測るようにしましょう。

 

【体温計の先端部を舌下(舌の裏側)の正しい位置に入れ、口を軽く閉じて測ります】

体温を測る場所は舌の下です。舌の上では無いので注意して下さい。いつも同じ位置にあてるようにします。舌の裏側の一番奥にある舌小帯という筋の両側が正しい検温位置になります。

 

【毎日、4時間以上の睡眠をとりましょう】

睡眠時間が短いと、体がしっかり休まっていないので体温が低くなりやすく基礎体温表のグラフも乱れが生じやすくなります。どうしても睡眠時間が短くなってしまった日は、その旨を基礎体温表に備考として記述して、基礎体温を測るようにしましょう。決して、慢性的な睡眠不足にならないよう注意しましょう。

 

【体調なども記入しよう】

前日やその日の朝の体調の事、生理や不正出血が起きた日などを記入する事で、より具体的に診断してもらいやすくなります。また、妊娠を希望している場合、性交をした日も記入しておくと妊娠判定日の目安や、適切な次回受診の日などを教えてもらえます。

 

最近は、スマホのアプリやサイトなどで基礎体温表を作れるものがいくつかあります。毎日きちんと記入しておくと次回の生理予定日や妊娠しやすい日、痩せやすい日なども教えてくれたので、色々な疑問や不安が解消されやすかったです。ただあくまでもアプリが言う事は目安なので、最終的には専門の人の意見を聞くのが一番です。

 

 

かかりつけの婦人科を見つけよう

二人目不妊,生理不順,妊娠したい

生理不順を改善していく為に重要なのが、かかりつけ医を見つけておく事です。

 

私の場合は、中学生の頃から生理不順で、母が心配してレディースクリニックを探してくれました。その頃から生理の不調を感じたら通っていたので、かかりつけの医院を見つけて通う事は女性としてマストと感じていたのですが、社会人になってから世間ではどうやらそこまで重要視してない女性が多いという事を知りました。

 

不妊で悩む女性が年々増え続けているのは、ここにも原因があるのではないかと感じています。生理が始まる年齢くらいから婦人科を身近な存在にしておく事が、子宮トラブルの早期発見や自己管理に繋がるのではないかと私は思います。

 

そして、かかりつけ医の見つけ方として、医院の場所や診療受付時間などと一緒に、家もしくは勤務地の近くかなどアクセスの便利さをチェックしておくと良いでしょう。また、院内の設備、清潔感などはホームページや、口コミサイトなどで確認しておきましょう。

 

また、産婦人科と一緒になっている婦人科ですと、妊婦さんや赤ちゃんをどうしても見る場面は増えてしまいます。気になる場合は、婦人科だけの医院や、不妊治療を専門としているレディースクリニックですと、同じような悩みで通院している方が多いので気持ちの負担も少なく通えると思います。ストレスも不妊の原因になりがちですから、気持ち良く通えるところを探しましょうね。

 

 

生活リズムを見直そう

二人目不妊,生理不順,妊娠したい

生理不順を改善する為には生活リズムの見直しをする事が大切です。

 

適切な睡眠時間を確保する事や、適度な運動を行う事は基礎体温を正常に保ちやすくします。また、食事改善や冷え取りなども体を温めやすくし、ホルモンのバランスを整えていく働きがあります。そして、何よりストレスを溜めない事が一番です。

 

私は一人目も二人目も不妊を経ての妊娠・出産だったのですが、どちらの時もストレスが一番妊娠を遠ざけている原因だなと感じました。生理不順の改善も大きなポイントではありましたが、不思議な事にストレスが軽減されたタイミングの時に授かる事ができたのです。

 

 

まとめ…生理不順でも妊娠したい場合は?

1. 毎日決まった時間に基礎体温を測りましょう。測る時は体を動かさず、安静にしたまま舌の裏の正しい位置に入れて測ります。睡眠は4時間以上取り、体調の変化なども基礎体温表に記入しましょう。
2. かかりつけの婦人科を見つけておきましょう。通いやすさや設備や清潔感など、自分に合った場所を探してみましょう。口コミサイトで調べたり友人にオススメの医院を聞いたりするのも手です。
3. 生活リズムの見直しをしましょう。適切な睡眠時間の確保、適度な運動を行う事で基礎体温を正常に保ちやすくします。体を温める、ストレスを溜めないようにする事もとても大切です。

 

基礎体温を測るのは少し面倒に感じるかもしれませんが、顔を洗う事、服を着替える事と同じように日常での当たり前の事と捉えれば億劫に感じにくくなると思います。
まずはお気に入りの基礎体温計を探しに行ってみましょう♪