二人目 妊娠 プレッシャー

二人目をなかなか妊娠できない中のプレッシャー、回避方法はあるの?

二人目不妊,生理不順,妊娠,プレッシャー
二人目不妊で毎日色々と頑張っている中で、自分が一番望んでいるのに追い打ちをかけるように「二人目は?」と聞かれてしまう辛い時期。

 

今回は、その言葉の回避方法のお話をしたいと思います。

 

ママ友からの言葉、回避方法は?

二人目不妊,生理不順,妊娠,プレッシャー

ママ友からの「二人目は?」の言葉はその場から早く逃げたくなりますよね。私は幼稚園の送り迎えやランチ会で聞かれる事が多かったです。

 

私はお迎えの時間ギリギリに行ったり、子ども達と遊んだりする事でなるべく聞かれる場面を作らないようにしていましたが、そういかない事も多いですよね。

 

ここでは聞かれた時に返す言葉を紹介したいと思います。予め返す言葉を決めておくと事務的に対応できるので心が傷つく度合いも少なくできます。

 

「そろそろ考えているんですけどね〜(苦笑)」
これは、よく言っていました。
場の空気も重くなったりする事が無かったのでお決まり台詞でした。

 

ただ、ママ友によってはそこからさらに話題を広げてくる人もいたので、ママ友によって使う場面を決めた方が良いなと思いました。

 

「こればかりは授かりものですからね(苦笑)」
これは、やんわりと「不妊体質」を遠回しに伝えられたようで、一度言うとその後聞かれない事が多かったです。
あと、一つ目もそうですが苦笑を浮かべると効果倍増で察してくれました。
表情がポイントです。

 

「一人目の時に何度も切迫で大変だったので、欲しいけど怖いんですよね」
これは、同じく二人目不妊で悩むママ友が言ってかわしていた言葉なのですが、効果絶大でした。
「そっかぁ、そしたら体と見合わせてだね」と言って、その後聞かれている場面を見た事はありませんでした。

 

親からのプレッシャー

二人目不妊,生理不順,妊娠,プレッシャー

親からの「二人目は?」の言葉はママ友からの言葉とはまた違った気持ちになりますよね。祖父母の立場から考えている想いとしては、一人目の孫を見て「一人だと可哀そう」という想いや、同じ孫がいる友達から「二人目ができてのぉ」という孫自慢から気持ちが煽られているのもあると思います。

 

そこを理解し親の気持ちにも寄り添った上で自分の気持ちを伝える場面を作れば、分かって貰う事も出来るかもしれません。

 

私の義母は美容師なので、毎日孫がいるお客さんに会う事が多く、気持ちを煽られる事は多そうな印象でした。実際に帰省して美容室に顔を出すとお客さんから「そろそろ二人目も良いかもね」と言われる事が多かったです。こんな毎日では、私達夫婦に言いたくなってしまうのも仕方ありません。

 

かと言って、毎度帰省する度に言われるのは辛いです。特に「今月もダメだったか…」と思った翌日に言われた時はきつかったです。

 

ある日、私は意を決して実母と義母それぞれに伝える事にしました。実母は元々私が生理不順な体質だったのを知っているのですぐに察してくれたのですが、義母には伝えていなかったのでやんわり「なかなかできないんです」と言っても今一つ伝わりませんでした。これは、きちんとお話ししないといけないと感じ、皆が寝静まって二人だけ起きている時に「ちょっとよろしいですか?」と実情を話す事にしました。

 

元々生理不順な事、婦人科に通っている事、基礎体温が低く黄体ホルモンが少ない事、私も本気で二人目は考えている事を一つ一つ話しました。すると、義母は「そうだったのね、知らなかったとは言え辛い気持ちになったでしょう。今までごめんね」と言ってくれました。

 

母達も同じ女性。妊娠で何度か辛い事も経験していたので、私の気持ちを理解してくれました。

 

私の場合は、これで親からの「二人目は?」の質問攻撃を解決する事ができました。嫁・姑の関係は、家によって本当にさまざまなので、私のパターンで解決できないパターンもあると思いますが、親の気持ちに寄り添ってその上で回避する方法は?と考えていくと、解決策が見つかるのでは無いかな?、と思います。

 

少し距離を置く、というのも策だと思います。

 

二人目は?と聞かれるのにはワケがある?

二人目不妊,生理不順,妊娠,プレッシャー

ここで改めて「二人目は?」と聞かれる理由を考えてみましょう。

 

皆、悪気があって聞いているわけではありません。では一体なぜなのか?

 

一人目がこれだけ可愛いから二人目も見たい、一人目と違う性別が見たいという想いもあると思いますが、何よりあなたの子育てに安心している表れだからだと思います。「これだけしっかり子育てできているから二人目もそろそろ大丈夫だろう」「二人目ができてもしっかりできる人だ」と思って言ってくれているのだと思います。

 

私も実際、言われ始めたのは娘が2歳を過ぎて、子育てに慣れを感じ始めてからの事でした。そして子供が二人いる今は、二人目が6ヶ月になった頃から「三人目は?」と聞かれるようになりました(苦笑) 貫禄がついてきたのでしょうか?

 

一人目で勝手がある程度分かっているからか、二人目はとまどいが確かに少ないので聞かれるのかなと感じました。「二人目は?」と聞かれる理由をこうやって解釈すれば、幾分か楽になると思います。

 

まとめ…プレッシャーの回避は?

1. ママ友からの言葉は予め返し文句を決めておく
2. 親からの言葉があまりに辛い場合は実情を話したり距離を置こう
3. 「二人目は?」と聞かれるのはあなたの育児に安心しているから

 

二人目不妊と向き合う毎日は大変なのにそれに加えての言葉のプレッシャー
どうか上手く消化できる策が見つかりますように

スポンサーリンク