スポンサーリンク


生理不順だと妊娠できるのか不安な気持ちになりますよね。

今回は、少しでも妊娠する確率を上げる為のお話をしたいと思います。

排卵日を見つけよう


正常に生理が来ている女性であれば、生理周期や基礎体温などから排卵日を予測してその前後を狙って性交を行い妊娠の確率を高める方法がありますが、生理不順ですと排卵日の特定が難しい事も多いですよね。

そんな時、役立つアイテムが排卵検査薬です。私は、排卵検査薬がある事を知ったのは二人目を妊娠できた後だったので、もっと早く知っていれば…と思いました。

排卵検査薬は、排卵日の兆候を予測できるものです。尿中に含まれる成分から排卵の兆候を知る事ができます。陽性反応は排卵直前を表していて反応が見られた24~48時間後には排卵が起こると言われています。生理不順ですと排卵日の予測が難しいので多量に用意して毎日検査する必要がありますが、婦人科で相談してみるとなるべく少ない数での検査薬の使用で済むかもしれませんので一度相談してみましょう。

卵を育てよう!


妊娠の確率を高めるためには、まずは良質な卵子(卵)が必要です。

でも、良質な卵かどうかというのは事前には分かる事ができません。受精をして、順調に細胞分裂を繰り返し、きちんと孵化、着床して赤ちゃんにまで育つのが良質な卵となり、結果でしか知る事はできないのです。ですから、その結果へたどり着けるように、日頃から最適な環境を整えてあげる事が大切なのです。

卵子の質を高める食事を!


卵子の質を高めるには抗酸化作用の高い食べ物が効果あります。可能な限り、毎日の食事で取り入れるようにし、酸化のダメージを減らせるようにしましょう。

抗酸化作用のある栄養素は、ビタミンC(柑橘類、じゃがいも、ゴーヤ)、ビタミンE(かぼちゃ、木の実)、βカロチン(人参、かぼちゃ、ほうれん草)、リコピン(トマト)、アスタキサンチン(えび、カニ、鮭、イクラ)、フコキサンチン(海藻類)、コエンザイムQ10(牛肉、ブロッコリー、いわし)、aリポ酸(牛レバー)、ルチン(そば、柑橘類)、レスベラトロール(赤ワイン)、カテキン(緑茶)、リグナン(ごま)、イソフラボン(大豆)などがあります。

こうやって見てみると色んな食材に含まれているので、飽きずに毎日何かしら取り入れられそうですね!ポイントは一つの物ばかりに偏らず色んな食材を上手にバランスよく摂取する事です。
スポンサーリンク

シンデレラタイムには就寝!


実は、卵が育つのは寝ている間なのです。寝ている間はメラトニン(睡眠ホルモン)と成長ホルモンが分泌されるのですが、この2つのホルモンが良質な卵を育てる手助けをしてくれます。夜遅くまで起きていると卵はきちんと育ちません。

ホルモンの分泌は午前0時~午前2時がピークと言われていますから、午前0時までには就寝するようにしましょう。難しい場合でも照明を暗くするなど、入眠への準備はしましょう。明るい環境はホルモンの分泌を抑制してしまうので、しっかりと分泌させる為に部屋は暗くする事が大切なのです。

血流を良くしよう♪


血流が良くなると卵胞の発育が良くなったり、排卵がされやすくなったりする効果があります。血流をよくする為には体を温める事がとても大切です。

運動をしたり、体を温める食材を取り入れたりしましょう。体を温める食材は、玄米、豆類、根菜、しょうが、味噌や納豆などの発酵食品、ネギ、唐辛子やにんにくなどのスパイス、ほうじ茶などがあります。

また、エアコンのある環境などでは羽織を着るなど保温効果のある対策をする事も大切です。

男性側の協力も大切


生理不順でなかなか妊娠できないと女性側に問題があるように感じますが、実は男性にも同じだけ問題がある可能性もあります。

質の良い精子が作られるには、ストレスや睡眠不足、乱れた食生活、喫煙、飲酒、血行不良などは大敵です。

男性はなかなか生殖機能を診てもらう機会が無いので見落としがちですが、赤ちゃんを望んでいるのであれば男性側にも協力してもらうようにしましょう。お互いが一緒に改善していく事で妊娠の確率がグンとアップするかもしれません。

まとめ…妊娠の確率を上げるには?

1.排卵検査薬を使うと排卵日を事前に知る事ができる。しかし、生理不順の場合、特定が難しい為、多量の検査薬が必要となるので使用時期について婦人科に相談してみた方がよい。
2.妊娠の確率を上げる為には良質な卵子を育てる事が大切。日頃から卵子にとって最適な環境となるよう心掛けてみよう。
3.卵子の質を高めるには抗酸化作用の高い食べ物が効果ある。偏って食べず色んな食材を上手にバランスよく摂取する事が大切。
4.寝ている間は卵の成長を助ける2つのホルモンが分泌される為、睡眠がとても大切。遅くても午前0時までには就寝しよう。
5.血流をよくする事が卵の発育を促したりや排卵されやすくしたりする。血流をよくする為には体を温める事が大切なので食事や運動で上手く調節しよう。
6.男性側の協力も妊娠の確率を上げるにはとても重要。質の良い精子が作られるには、ストレスや睡眠不足、乱れた食生活、喫煙、飲酒、血行不良などは大敵なので見直してみよう。

妊娠の確率を上げる為の事柄を見直してみると、やはり健康的な生活を心がける事はとても大切な事なのだと気づかされます。
当たり前の事でも、これが現代社会ではなかなか難しいものです。一度に全てをやろうとはせず、自分ができそうな事から少しずつ始めてみましょう♪

「生理不順でも妊娠!一人目不妊・二人目不妊を克服」他の記事も読む

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



スポンサーリンク