スポンサーリンク


下痢は犬ではよく認められる症状の1つで、多くの病気の症状の1つとして発現する為に下痢は体調が良くないサインです。

なので、飼い主や家族としては愛犬が下痢をした際には原因を特定して治療を行う必要があります。

今回は、下痢の原因と対処法について紹介していきたいと思います。

犬の下痢の原因


下痢の原因としては、ストレス、食餌量や内容の急な変更、消化不良などがあり、その他にも細菌感染・寄生虫・食中毒・薬物中毒なども下痢の原因として考えられています。

また、下痢だけでなく、嘔吐や元気消失、発熱などの症状が伴っている場合には病気が原因となって引き起こされている可能性があります。

下痢を引き起こす病気としては、ジステンパー、パルボウイルス感染症、コロナウイルス性腸炎、ロタウイルス感染症、出血性胃腸炎、中毒、回虫や条虫などの寄生虫感染、コクシジウムやジアルジアなどの原虫感染、カンピロバクターやサルモネラなその細菌感染、食中毒があります。

あわせて読みたい

犬の下痢の症状


犬は消化不良などによってよく下痢を起こすといわれていますが、下痢以外に元気消失や食欲不振、トイレの回数が異常に多い、嘔吐、血便、数日下痢が続く、体重減少などが認められる場合には早急な処置が必要となります。

こういった症状が下痢と共に認められる場合にはすぐに動物病院で診察を受けるようにしましょう。

犬の下痢の診断

愛犬が下痢をして動物病院で診断をするためには、どのぐらい下痢が続いているのか、回数はどうか、食欲はどうか、元気はあるか、誤飲の可能性はあるか、環境に変化はあったかなどが重要となるので、動物病院に行く前に下痢の状態などをメモしてから行くと診断がしやすくなります。

また、同じ下痢でも大腸性の下痢か小腸性の下痢かで、使用する薬剤や治療が変わってくるので下痢の状態を把握する事が大切となります。

犬の下痢の対処法


愛犬が下痢をした際には、他の症状がない場合には1日様子を見るようにしましょう。1日で下痢が収まり、食欲もある場合にはそのままでも大丈夫ですが、下痢が2日以上続く場合には動物病院で治療を受けるにします。

また、下痢を引き起こした場合には胃や腸を休める為に食事を抜き、水だけを与えるようにします。

ただ、食餌を抜く事がストレスになる犬の場合には食餌を抜く事で大きなストレスがかかり、余計に下痢を悪化させてしまうので絶食をしないようにします。また、絶食によって胃液を穿吐いてしまう場合にも絶食をしないようにさせます。

下痢をしているという事は、体液が失われているという事なので脱水を引き起こす事があるので、新鮮な水を沢山飲ませる事も大切です。

あわせて読みたい

犬の下痢の予防


下痢の予防法としては、適切な健康管理と食餌管理を行う事が大切です。また、下痢の原因となり得るようなことを犬の生活から取り除く事が大切です。

犬の中には牛乳や乳製品を食べると下痢を起こすような犬もいるので、そういった場合には牛乳や乳製品を与えないようにします。また、そういったものを盗み食いや拾い食いをしないようにする事も大切です。

下痢の原因として食餌の急な変更もあります。これはいきなりドッグフードを変える事で犬の体がびっくりしてしまい消化不良を起こして下痢をするものです。

なので、ドッグフードを切り替える場合には1週間~2週間をめどにゆっくりと切り替える事で犬の体がびっくりしないように切り替えていく事で下痢を予防する事ができます。

犬パルボウイルス感染症、犬ジステンパーウイルス感染症、コロナウイルス感染症などはワクチンによって予防する事ができるので、ワクチン接種を定期的に行う事も下痢の予防となります。寄生虫についても駆虫薬による予防が効果的です。

まとめ

1. 原因は、ストレス、食餌量や内容の急な変更、消化不良などがあり、その他にも細菌感染・寄生虫・食中毒・薬物中毒なども下痢の原因として考えられます。

2. 症状は、下痢以外に元気消失や食欲不振、トイレの回数が異常に多い、嘔吐、血便、数日下痢が続く、体重減少などが認められる場合には早急な処置が必要です。

3. 診断は、どのぐらい下痢が続いているのか、回数はどうか、食欲はどうか、元気はあるか、誤飲の可能性はあるか、環境に変化はあったかなどが重要となるので、動物病院に行く前に下痢の状態をメモしておくようにします。

4. 対処法は、下痢をしたら1日絶食させて様子を見て、次の日も下痢をするような場合には動物病院で診察を受けます。また、新鮮な水を沢山飲ませるようにします。

5. 予防は、適切な健康管理と食餌管理を行う事感染症に感染しないようにワクチン接種や駆虫薬の投与が大切です。

下痢は犬が健康かどうかを図る大切なサインなので、下痢をした場合には何らかの異常があるという事なので、原因とを突き止めて、その原因を取り除く事が大切となります。

また、消化不良を起こして下痢をしている場合もあるので、下痢鹿症状が認められない場合には慌てずに1日様子を見る事が大切です。
その際に、絶食ができる場合には絶食をしていや腸を休める事も重要となります。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう