スポンサーリンク


犬の嘔吐は下痢と共によく認められる症状の1つで、病気が原因ではない場合には特に問題はないとされています。

また、嘔吐には吐瀉物によって3つに分類されています。

嘔吐はそれだけでは病気かどうかはわかりませんが、命に関わる病気の症状の場合もあるので注意が必要です。

今回は、嘔吐の原因や対処法について紹介していきたいと思います。

犬の嘔吐の種類


嘔吐には、吐瀉物が未消化なものと消化されたものがあります。一般的に嘔吐といった場合には消化されたものをいいます。未消化なものは「吐き出し」といわれ、未消化の吐瀉物を再び食べ始める事があります。

また、食べた物をうまく飲み込めない場合にはそのまま吐き出す嚥下困難と呼ばれるものもあります。

嘔吐をする場合には、その前兆として舌をぺろぺろとずっとしている・えずく行為をしているといったものがあり、こういった行為をしている場合には嘔吐をする可能性があるので注意しましょう。

あわせて読みたい

犬の嘔吐の原因


嘔吐の原因としては、空腹や食べ過ぎ、消化不良、草を食べた、ストレスや恐怖感を感じている、乗り物酔いなどがあります。これらの場合はそこまで注意が必要なものではなく、経過観察をして酷くない場合には動物病院へ連れていく必要はありません。

ただ、嘔吐の原因には中毒症状、ウイルス性腸炎、細菌性腸炎、寄生虫、胃腸疾患、肝臓疾患、膵炎、腹膜炎、腎不全、感染症などの病気が原因の場合があります

苦しみながら吐いてしまったり、吐こうとしても、なかなか吐くことができなかったりする場合は、胃捻転など胃に問題がある場合が多く、食べ物を飲み込めずに吐いてしまう場合は、食道やのどのあたりに異常がみられる場合があります。

また、血便や下痢を伴っている場合にはパルボウイルス感染症に感染している危険性があり、痙攣を引き起こしている場合には中毒症状の危険性があります。

また、仔犬の場合には胃腸がしっかりと成長してはいないので嘔吐が成犬よりもよく起こります。特に腹部が異常に膨れ、その後に吐いた吐瀉物の中に糸状の虫が確認された場合には回虫症の危険性があり、母犬も感染している危険性もあります。

嘔吐しやすい犬種

犬種としては、パグやブルドッグなどの短吻犬種、チワワ、トイ・プードル、ポメラニアンなどが多いとされています。これらの犬種は、気管が細いため喉につまりやすかったり、気管のトラブルや疾患にかかりやすい傾向にある為に注意が必要となります。

また、秋田犬、ドーベルマン、ジャーマン・シェパード、セント・バーナード、グレート・デーンなどの大型犬や超大型犬は胃捻転や胃拡張を引き起こしやすく、嘔吐はその初期症状なので注意が必要です。

犬の嘔吐の症状


嘔吐以外に下痢や発熱といった症状が伴っている場合や吐瀉物に血液が混じっている場合、何回も嘔吐してしまう場合、嘔吐後ぐったりとしている場合には病気の危険性があるので早急な処置が必要となります

また、その他にも嘔吐以外の症状が確認される場合には病気の危険性があるので動物病院で診察を受ける事が大切となります。

あわせて読みたい

犬の嘔吐の対処法

嘔吐を繰り返す場合には絶食と絶飲を行う事が大切ですが、全く水を飲ませないわけにはいかないのでがぶがぶ飲ませないように飲水量を調整するようにしましょう

また、嘔吐をしなくなった場合には徐々に食餌をさせていきます。いきなり多くの食餌量を食べさせると再び嘔吐をしてしまう為に食餌の量を徐々に増やしていきましょう。

犬の嘔吐の予防

食後によく嘔吐する場合には1回の食餌量を減らして、その分回数を増やす事で予防する事ができます。

また、空腹で吐いてしまう事もある為に食餌時間を調整したり、食餌の後に激しい運動をしないことも大切です。

病気が原因の場合には、そういった病気を予防する事で嘔吐を予防する事もできます。

あわせて読みたい

まとめ

1. 嘔吐の種類は、吐瀉物が未消化なものと消化されたものがあります。また、食べた物を飲み込めずに吐き出す事もあります。

2. 原因は、空腹や食べ過ぎ、消化不良、草を食べた、ストレスや恐怖感を感じている、乗り物酔いなどがあります。また、病気が原因となって嘔吐をする場合もあります。

3. 症状は、下痢や発熱といった症状が伴っている場合や吐瀉物に血液が混じっている場合、何回も嘔吐してしまう場合、嘔吐後ぐったりとしている場合には病気の危険性があるので早急な処置が必要となります。

4. 対処法は、嘔吐を繰り返す場合には絶食と絶飲を行う事が大切です。

5. 予防は、食餌量を減らして1日の食餌の回数を増やしたり、食餌時間を調節したりする事で予防する事ができます。

犬の嘔吐はよく認められる症状なので、慌てる事はなく、他の症状が認められない場合には安静にして経過を観察して、胃や腸を休める為に絶食や絶飲を行います。

また、他の症状が認められる場合には病気の危険性があるので動物病院で診察を受けるようにします。

また、嘔吐をする原因を特定して、その原因を取り除く事も嘔吐を予防する為には必要となります。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう