スポンサーリンク

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルはガンドッグ(鳥獣猟犬)として19世紀にイングランド(イギリス)で誕生しました。性格は明るく活発で飼い主や家族にはとても忠実です。
イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル
体高はオス、メスともに約51センチ前後。体重はオスが23キロ前後、メスが20キロ前後となっています。全体的に筋肉質で骨が太く頑丈な体をしています。

毛質はウェーブであったりストレート、カラーはブラック&ホワイトとレバー&ホワイトの二色です。

尻尾はパピー期に断尾していることが多いですが最近では断尾をせずに飼っている人もいるようです。断尾をしない場合は綺麗に長くコートが伸びます。

寿命は12歳~14歳。日頃のケア、食事、運動等によって変わってきます。

知識が必要な犬!相談に乗ってくれるブリーダーさんから!

基本的に外でも屋内でも飼えますが、暑い時期よだれが出やすい犬種です。

よだれによって胸元や前足など白い部分が茶色く変色してしまうことがあります。時間を決めるなどして、なるべく快適な温度の中で生活させてあげるようにしましょう。

運動能力の高い犬種であり、動くこと、遊ぶことが大好きなスプリンガー。
毎日30分~1時間運動をしたり、ドッグランで自由運動をさせるなどして運動不足にならないようにしましょう。

コートが長く綺麗に伸びるので、毎日のブラッシング、定期的なトリミングが必要です。

毎日のブラッシングをしていれば惚れ惚れするほど艶々なコートが維持できます!皮膚病にも気をつけたい犬種なのでその子に合ったシャンプーを使ってあげるのもいいですね。

パピー期に近所の人に触ってもらったり、外の世界に慣れさせることで人懐っこく、愛嬌のあふれる子に育ちます。

しかし、好き勝手に育ててしまうと、人や犬に噛み付くこともあります。

中には「激怒症候群」といって先天性の脳疾患の病気をもつ犬もいます。この場合、血統が重視されてくるので信頼できるブリーダーから譲ってもらうのが1番です。

長い耳、垂れた目元、たぷたぷの唇、癒し系ドッグNo1!


飼い主には忠実であるため、名前を呼べば喜んで飛んできます!愛情を注げば注ぐほど返してくれます。

猟犬ということもあり知能も高いので、訓練性能があります。フリスビードッグやアジリティーに挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

見た目は優雅ですが中身は甘えん坊で遊ぶことが大好きなかわいい犬種です。

大型犬をペットとして飼うおすすめポイント

家族の一員として人間同様の扱いをしていれば、犬自身も「家族」と認識すると考えています。

いつも身近にいて、言葉は話せないけれど信頼できる愛すべき存在になってくれると思います。

小さなお子様がいる家庭でも犬を飼うことをお勧めします。それは犬もお子様も「大事にする」、「愛する」ということを学ぶからです。

大型犬であれば、お子様の頼もしいボディーガードにもなってくれるかもしれませんね!

(テキスト:イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル飼い主)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう