スポンサーリンク

ワイマラナーは、私は学校で飼育担当として一年間お世話をしたことがありました。その学校にはワイマラナーはオスとメスの2匹兄弟がいたのですが、私が担当したのはメスの方でした。
ワイマラナー
まず、ワイマラナーの特徴ですが、なんといっても綺麗なグレーのような顔色のような綺麗な毛色とても神秘的で美しい感じが漂っています。見た目は少し迫力があって強面なのですが、とても飼い主に従順な犬達でした。

まず最初は中々慣れないのですが、愛情を持って日に日に接して行く度になついてくるのが分かります。私が学校へ来ない日は寂しそうにしていたという話も聞きました。飼育していると、どんどん愛情深い性格だということが分かりました。まず、私が上手くいかずに落ち込んでいるとそっと隣によってきてそばにいてくれ、そして遠くから私を見つけると「早く来て!」と呼んでくれるようになりました。

力は強いですが、噛むこともなく、とても穏やかな犬でした。もう一匹のワイマラナーはとても活発でしかし根本的には変わらず担当者のことをとても深く愛して、いつも楽しそうにしていました。見た目よりもずっと飼い易い犬だと思います。

ワイマラナーは珍しい!まずはブリーダーを探すこと!

まず、ワイマラナーですが、とても珍しい犬種になります。それゆえに値段はそこそこ高くなります。まず、相場としては25万~30万程度だと思っていただけると助かります。

そしてブリーダーがほとんどいないこと。他県まで行けばしっかりとホームページもあり、販売はしています。しかしそこで注意点があります。

ワイマラナーは割りと体が弱い犬種になります。耳垢がとても出やすかったりするのでコミュニケーションがてら耳掃除をこまめにすることが大切だと思います。また体があまり強くない犬種なので、健康チェックはもちろんのことしっかりとしたブリーダーから飼うことが大切だと思います。

過剰な繁殖はしていないか、アフターフォローはしてもらえるか、アドバイスはもらえるかなどブリーダーさんの信頼が厚い所で購入することをおすすめします。しかし、しっかりと運動をし、耳掃除や健康チェックをすればしっかりと飼うことができると思いますよ!

大きな身体に深い愛情を秘めた、心優しき海のような犬!

ワイマラナーは綺麗な毛色をしているのですが、その他にもとても可愛い部分があります。それは短い尻尾です!人間の親指程度の長さの尻尾はとても細かくゆらゆら揺れます。


そして人の言葉によく反応し、理解することができます。気持ちの表現がとても上手です。そして、長い尻尾も魅力的なのですが、尻尾を振っている姿を見ると「かわいい!」と叫びたくなるに違いありません。

大型犬をペットとして飼うおすすめポイント

大型犬をまず飼うことによって、生活の中にとても楽しみが生まれます。明日の休日はドッグランに行こう!とか、山へ登りに行こう!などアウトドアを楽しむことができとても楽しい生活を送ることもできます。

そして、大型犬はなんといってもしつけが大切になりますので、生活や態度にメリハリがつくこと間違いなしです。しつける時は厳しく遊ぶときは楽しくという小型犬ではおろそかになってしまいがちなことを大型犬では体験できることができます。

また、その大きな体でお子さんがいる家庭を温かく守ってくれることでしょう。

(テキスト:ワイマラナー飼育係)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう