スポンサーリンク

ミニチュア・シュナウザーはスタンダード・シュナウザーを改良してドイツで誕生したといわれる小型犬です。
ミニチュア・シュナウザー
私は1歳4ヶ月になるミニチュア・シュナウザーの男の子と暮らしています。体重は約8kg、体格は筋肉質で手足が長く、ミニチュア・シュナウザーとしては平均的な体格をしていると思いますが、お散歩などで見かける同じ種類の子と比べると比較的大きめに入るようです。

性格はまだ若いためか非常に遊び好きで、何かあればおもちゃを持ってきて「遊んで!遊んで!」とせがんできます。

ひげの生えたおじいちゃんのような見た目をしているのに、真剣な表情でそうせがまれると断りきれずつい遊んでしまいます。

家の中ではとてもワガママで、ときどき「あのボールを取れ!」と言わんばかりに要求吠えをすることがあります。

人前や外に出ると、人懐っこく愛嬌のあるトイプードルなどとは違い、飼い主に忠実で他人に愛嬌のないクールな性格に変わるのが面白いです。

テリア系だという認識は必要!頑固で繊細な性格をしています

私はペットショップではなく、実際に親兄弟を見ることができるブリーダーさんのところから購入しました。価格は15万円ほどでした。ペットショップでは20万円台からの子をよく見るように思います。

何度かブリーダーさんのところを訪ね、お父さんとお母さん、また3匹いた兄弟犬たちを知り、その中から選ばせてもらいました。

ブリーダーさんの場合、犬舎が清潔かどうか、また両親犬の性格、病気をしたことがあるかなどについてよく質問をした方がいいと思います。

また実際に子犬を見るとかわいさが勝り判断が鈍ってしまう場合もあるので、事前によくその犬種の問題点についても調べておく必要もあります。

ミニチュア・シュナウザーはテリア系に属するため、非常に賢い反面、強気で頑固な性格をしています。

また吠え癖があります。幼少期からしっかりしつけないと物音に興奮してすぐ吠える子になってしまいます。

飼い主との対等なコミュニケーションを育むことができる犬種


私が飼っている子は飼い主以外にはまったく懐きません。ですので外出先で見せる姿は常に猫をかぶっているように見えます(笑)

見た目がおじいちゃんのようなので友人に「全然かわいくない」と言われることがよくあります。人によって好みの差が激しい犬種です。

でも飼っている人にしか分からないかわいさ…例えば実は甘え上手だったり、たくさん遊んであげた時の嬉しそうな子どものような表情、うってかわって遊んで欲しいときの強気なまなざしなど、飼い主と絆や思い出をたくさん作ることができる犬種だと感じています。

基本的に賢い犬種のようで、トイレのしつけも根気強く褒めてあげたところ1ヶ月ほどでしっかり出来るようになりました。

型犬をペットとして飼うおすすめポイント

もともと私は猫しか飼ったことがありませんでしたが、ミニチュア・シュナウザーを家族に迎えたことによってお散歩の楽しさを知るようになり、それまで犬と猫はまったく別物と考えていたのですがどちらも似ていて、また違うかわいさもあると受け止められるようになりました。

犬はいい意味でストーカーのように飼い主の行動を見ていて、最初は慣れず戸惑いましたが、それがどんどん阿吽の呼吸のように飼い主と犬の絆になっていきます。気づくと常に犬のことを考えて暮らしています。

大型犬ですとしつけもより大変だと思うので、小型犬の方が抱きかかえられるこもあり狭い住宅でも飼いやすいと思います。

(テキスト:ミニチュア・シュナウザー飼い主)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう