スポンサーリンク


「犬康食(けんこうしょく)・ワン」はペット用のサプリメントで、犬にも良いものという信念から開発されたサプリメントです。
サプリメントであり、薬剤ではないので副作用の危険性はなく、長期的に使用する事ができ、元気で若々しい体作りの手助けをします。

また、犬康食・ワンにはいくつかのバリエーションがあり、それぞれ特徴があります。
今回は、犬康食・ワンの種類と特徴について紹介していきたいと思います。

犬康食・ワン「プレミアム」の公式サイト

犬康食・ワンの原材料

いくつかの種類分けがある犬康食・ワンですが、共通した原材料があります。

霊芝(れいし)


犬康食・ワンに共通する1つが主原料である霊芝です。霊芝はマンネンタケ科に属する一年生のキノコで、2000年前から飲み続けられているもので高麗人参と並ぶ伝統的なものです。霊芝は稀少性が高いので珍重されてきました。

霊芝は、β-D-グルカンなどの多糖類を豊富に含み、ガノデリン酸、テルペノイドなどの特有の苦味成分があります。

貴重なキノコであったために科学的な解明は1960年頃から始まり、1971年に京都大学食糧化学研究所によって初めて量産栽培に成功し、以降は霊芝については現在も様々な研究が行われています。

また、霊芝はそのまま使用しているのではなく、霊芝エキスを抽出して使用しています。その抽出方法を循環多段式加圧抽出法といいます。
従来は、熱水抽出法、またはアルコール抽出法という抽出法が使用されていましたが、これらの方法で抽出されるのは約8%程度で、それ以外の約90%は無駄になっていました。

そこで循環多段式加圧抽出法が行われるようになり、従来の方法の約5倍にあたる40%以上が活用できるようになりました。

田七人参(でんしちにんじん)


また、霊芝と共に共通した原材料として田七人参があります。

田七人参も霊芝と一緒で中国で生育する原材料です。

栄養としては、豊富なサポニン類、田七ケトンなどが含まれています。特にサポリン類は高麗人参を凌ぐといわれています。

田七人参の特徴としては、成長する過程で土壌の栄養分を吸い尽くしてしまうというものがあります。その結果、同じ土地での栽培はできずに、常に畑を移動する必要があります。また、収穫までに3年以上かかり、栽培に手間と技術が非常にかかる貴重な食材です。

エゾウコギ


原材料としては、シベリア人参とも呼ばれるエゾウコギも使用されています。

エゾウコギはウコギ科の中国北部やシベリア北東部、北海道の東部の限られた寒冷地に自生する植物で、エレウテロサイドなど、ストレスをサポートする成分が含まれています
犬康食・ワン「プレミアム」の詳細はコチラから

犬康食・ワンの種類


犬康食・ワンにはいくつかの種類があります。

プレミアムタイプ


その1つがプレミアムです。プレミアムは、チーズ味でおいしく食べる事ができるので初めて犬康食・ワンを使用する場合におすすめです。

原材料として霊芝、田七人参、エゾウコギの他には、麦芽糖・チーズパウダー・有胞子性乳酸菌・甘草エキス末・結晶セルロース・酸化ケイ素・甘味料(ステビア)・グリセリン脂肪酸エステル・シェラックが含まれています。

ジャーキータイプ


同じプレミアムで鶏ささみでできたジャーキータイプです。また、着色料や保存料・酸化防止量が含まれていない無添加のサプリメントです。

鶏ささみでできたサプリメントなので食いつきがいいのが特徴な犬康食・ワンです。

粉タイプ・顆粒タイプ


犬康食・ワンの種類としてチーズに対してアレルギーがある犬におすすめな犬康食・ワンの粉タイプがあります。また、顆粒タイプもあります
犬康食・ワン「プレミアム」の詳細はコチラから

犬康食・ワンの適量


犬康食・ワンはいくつかの種類がありますが、基本的に1日2回与えるようにします。ただ、与える適量は犬の大きさによって変わってきます

超小型犬や小型犬は1粒、中型犬が1~2粒、大型犬が2粒、超大型犬が3~4粒与えるようにします。また、与える場合にはその日の犬の体調もよく見てから与えるようにしましょう。

犬康食・ワンの口コミ

薄い毛が目立たなく

私の飼っている子はアレルギーで首から背中にかけて、毛が薄くて生えそろっていませんでした。犬康食・ワンは漢方なので副作用はないよ、と友人から薦められたので与えたところ、2か月ほどで薄さが目立たなくなりました。

チーズ風味

犬は苦いものを倦厭するそうですが、犬康食・ワンはチーズの良い香りがして、ちゃんと食べてくれますね。元気に走り回っています。

シニア犬以外にも与えています

犬康食・ワンは元々シニア犬のためのサプリメントと聞いていましたが、うちでは老犬以外に5歳のチワワにも与えています。体質に合う合わないがあると思いますが、うちの子たちにはちょうど良いようですね。

先生の薦めで

我が家のわんこは皮膚病にかかってしまって動物病院に通って薬を出してもらっています。病院の先生から犬康食・ワンを薦められたので一緒に与えています。今はほとんど治ったに近い状態です。

犬康食・ワン「プレミアム」の口コミをもっと見る

犬康食・ワンを与える際の注意点


犬康食・ワンの主原料である霊芝を摂取すると極稀に軟便になる事があります。また、便秘・湿疹・目脂といった症状が出る場合もあります。特に与え初めに発現する場合があります。

ただ、早ければ1週間、遅くても2~3週間以内で改善していくのであまり気にする必要はあります。
ですが、こういった症状が1か月以上持続するようなとき、犬に合っていない事も考えられます。そういった場合には使用をやめる判断も必要になってきます。

また、霊芝や田七人参に対して非常に少ないですが、アレルギー症状を発症する場合もあるので、与える際には犬の様子をよく観察しましょう。

犬によって体質的に合わない場合もあるでしょう。もし症状に改善が見られなかったり、上記のような状態が心配になったなら、専門家である獣医の診察を受けて下さい。

犬康食・ワンのおすすめポイント

1. 原材料は、共通した原材料としては霊芝・田七人参・エゾウコギが含まれています。

2. 犬康食・ワンの種類は、プレミアムやジャーキータイプ、粉タイプ、顆粒タイプがあり、犬の体質などに合わせて選ぶ事ができます。

3. 犬康食・ワンの適量は、犬の大きさや体調によって変わってきますが、1日2回1~4粒を与えるようにします。

4. 犬康食・ワンを与える際の注意点は、薬剤ではないので副作用があるわけではありませんが軟便や便秘などの症状が出る場合もあります。

犬康食・ワンは犬の免疫力や元気などをサポートするサプリメントで、老化が気になるシニア期に入った犬などにおすすめなサプリメントです。

ただ、副作用ではないですが、いくつかの症状が発現する場合もあるので与える際、特に与え初めは注意しましょう。

価格 単品購入 3,888円(税込)
定期コース(お届け期間と個数は自由設定) 最大25%オフ
送料 120円(1袋)
140円(2袋)
3袋以上で送料無料
内容量 300mg×30粒(約1ヵ月分)
対象犬 小型犬・中型犬・大型犬。子犬から老犬。どんな犬種にもOK
(代表的な対象犬種 プードル/チワワ/ダックスフンド/ポメラニアン/ヨークシャー・テリア/柴犬/シー・ズー/マルチーズ/ニミチュア・シュナウザー/フレンチ・ブルドッグ/ゴールデン・レトリーバー/パピヨン/ウェルシュ・コーギー/ラブラドール・レトリーバー/ジャック・ラッセル・テリア)
原材料 田七人参末、霊芝エキス末、麦芽糖、チーズパウダー(デキストリン、チーズ、バター)、エゾウコギエキス末、有胞子性乳酸菌、甘草エキス末、結晶セルロース、酸化ケイ素、甘味料(ステビア)、グリセリン脂肪酸エステル、シェラック(原材料の一部に乳を含む)
原産国 日本


犬康食・ワン「プレミアム」の詳細はコチラから

わんわん倶楽部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう