スポンサーリンク


不妊治療はお金がかかるというイメージがありますよね。

高度な治療費を毎月つぎ込んでいるうちに、「金銭感覚がまひしてきた」という夫婦もいるそうです。実際に治療をすることになった場合、どんな治療をしてどれくらいの費用がかかるんでしょうか?

不妊治療費について知っておきたいことをまとめました!

不妊治療にかかる費用とは…
ある調査によると、不妊治療を受ける夫婦が支払う合計金額はなんと、平均で140万円以上というデータがあるそうです!
では、具体的にはどんな治療にお金がかかるのでしょうか?

不妊治療にかかる費用は大きく分けると
・不妊の検査費用
・不妊治療の費用
の2つ
があります。

不妊の検査費用


かかる費用:8,000円~12,000円ぐらい【健康保険適用項目が多い】
「不妊の原因を調べる検査」と「排卵時期を調べる検査」があります。
「女性側の検査」は初診時の基礎検査や超音波検査、ホルモン検査、子宮卵管造影検査など。
「男性側の検査」は初診時の基礎検査、精液検査、精巣検査、ヒューナーテストなど
です。

不妊治療の費用


不妊原因を調べる検査で治療方針を決めてから、実際に不妊治療へと進みます。
ステップは一般的に下記の①~⑤の段階を踏みます。

1 タイミング法

かかる費用:数千円~数万円【健康保険適用項目が多い】
不妊治療の第1段階として行われる療法で、「最も妊娠しやすいタイミングを指導する」方法のこと。
問診、超音波検査、血液検査、排卵チェック、カウンセリングなど。

2 人工受精

かかる費用:10,000円~30,000円程度【自己負担項目が多い】
排卵予測日に、男性精液をより分けて子宮に注入する治療法です。
人工授精までが「一般不妊治療」として区別されていますが、健康保険適用ではなく、自己負担となる場合がほとんどです。

3 体外受精

かかる費用:200,000円~800,000円程度【自己負担項目が多い】
女性は体外受精で卵子を採取する時に内視鏡による採卵という、身体的な負担がかかります。そして、治療法が高度になることから、費用負担も大きくなります。
体外受精に関しては、病院によって金額にかなり差があります

4 顕微授精

かかる費用:250,000円~500,000円程度【自己負担項目が多い】
体外受精より精子と卵子が受精しない場合や精子の数が極端に少ない場合などに、顕微鏡下で細い吸引ピペットを利用し、卵子に精子を注入する方法です。
医療機関によって費用は異なります。この差は医療機関の立地や設備、スタッフの数などによって変わるようです。都市部では価格設定が高く、地方の場合は安くなるようです。

知らなきゃ損する!不妊治療費のやりくり

初期段階で妊娠しなかった場合には、不妊治療のステップアップに比例するように、費用も高額になります。早く妊娠できればそれだけかかる費用は少ないですが、金銭的負担が大きいとはいえ、可能性がある限り諦めずに取り組んでいる夫婦はたくさんいます。

手続きさえすれば、少しでも家計の負担が軽減する方法もあるので紹介します。

不妊治療の助成金


体外受精と顕微授精は、非常に高額となり家庭の負担が大きいため、助成金の適用があります。

助成金の適用は自治体によって違うので、住んでいる地域の自治体で事前に調べておくといいです。「不妊治療」の助成金には、対象として年間助成回数や通算助成回数など制限があります。治療にかかる対象だけではなく、夫婦合算の所得額対象も決まっているので事前によく調べましょう。また、2016年度から対象年齢が「43歳未満」となりました。

不妊治療の医療費控除


医療費を一定額以上払った際に適用される医療費控除の対象に、不妊治療はなります!1年の期間に医療費が10万円を越える場合や、所得の5%を超える場合は、上限200万円までが控除の対象になります。

医療費控除の手続きの際は、病院の領収書が必要になるのでしっかりと保管しておきましょう。

不妊治療で決めておくべきこと


血の繋がった子供の命には、お金には変えられない価値がありますよね。

ですが、不妊治療で高額な費用をかけてしまい、貯金が底を尽いたという夫婦もいるそうです。しかも、これだけのお金をかけても確実に妊娠・出産ができるというわけではないのが不妊治療です。

身体的な負担も踏まえて
・不妊治療にいくらまでかけるか
・どの段階までのステップアップをするか
・できなかった場合、不妊治療をいつやめるか
こういった「不妊治療のやめ時」を決めておくことは大切
だと思います。

やめ時を決めておくことで、子供ができなかった場合は夫婦としてどうなっていきたいのかが、きっと見えてくると思います。お金が続かなくなって治療を断念することは辛いですが、子供を持たなくとも夫婦の人生にも、一人の人間の価値にも全く関係ないんです。

二人だけで、素敵な人生を歩んでいる夫婦はたくさんいます。
それに、不妊治療をやめた途端に「妊娠した」という私のような体験談もありますよ。

まとめ

・不妊治療で医療機関にかかる費用は主に「不妊の検査にかかる費用」と「不妊治療にかかる費用」
・不妊治療はステップに応じて費用が異なり、ステップアップに比例するように費用も高額になる
・体外受精と顕微授精には助成金の適用がある
・不妊治療にいくらまでかけるか、やめ時を決めることも大切

不妊治療が必要になったら費用についてもよく調べ、夫婦でよく話し合いましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう