スポンサーリンク


「赤ちゃんを授かりたい」という願いは、いつの時代も同じです。そんな思いからくる「子宝ジンクス」は昔から言い伝えられていて、現代も多くのブームが起こっています。

私も不妊治療中は、子宝祈願のスポットに出かけたりしていました。

そこで、3年の不妊治療を経て、今では一児の母をしている私が、おすすめの子宝ジンクスを紹介します!

評判の良い子宝ジンクスはこの6つ!

ジンクスについて調べてみると、たくさんの妊活中の女性が藁にもすがる思いで子宝ジンクスを実行して、嬉しい結果になっていることが分かりました。

そんな子宝ジンクスの中でも、おすすめの6つをご紹介します!

1 子宝の神様、木村さんの待ち受け


近年、「携帯の待ち受け画面を木村さんにすると妊娠する」というジンクスが突如として急速に広まりました。「木村さん」とは2000年頃から信じられている、子宝の神様です。

そもそもは、この画像のような中国の置物を、「木村さん」という方からプレゼントされたことで妊娠した、という友人の女性が情報を発信。それがきっかけで「子宝の神様木村さん」と呼ばれるようになったそうです。

ネットには、「1年間出来なかったが、木村さんを待ち受けにした途端に一ヶ月で妊娠した。」という方も!今では毎日たくさんの人が、子宝に恵まれたい願いを「木村さん」に込めています。

2 子宝草を育てる


昔から子宝の象徴と言われている「子宝草」。

妊活をしている女性が育てると縁起が良い植物として有名です。育てるためには、窓辺やベランダなどの日当りの良い場所が最適。

子だくさんの「子宝草」から、妊活のパワーをもらいましょう!
口コミを見てみる

3 こうのとりキティを身に着ける


こうのとりキティは、兵庫県但馬の限定商品のストラップです。

妊活中に身につけると「赤ちゃんがやってくる」と口コミが広がって以来、爆発的な人気となりました。こうのとりの部分の「くちばしが取れたら」妊娠することができる、というジンクスがあります。

全国から妊娠出来たという報告が続出しているそうです。
口コミを見てみる

4 マトリョーシカを飾る


マトリョーシカという人形を見たことはありますか?
胴体の部分で二つに分かれて、中から次々に小さいマトリョーシカが出てくる入れ子人形です。

もともと、ロシアの民芸品のマトリョーシカ。その歴史は大変古く、子孫繁栄や招福の象徴として贈られていました。子宝グッツとして人気があるマトリョーシカですが、私は妊活を始める以前から実家で飾っていました。すごくかわいいので、置物としても気持ちが和みますよ。

そんな、癒しの妊活効果も期待できるのでオススメです。

5 ざくろの絵を飾る


ざくろの絵を寝室に飾ると妊娠するというジンクスがあります。

しかし、なぜざくろの絵なのでしょうか?

実は、昔からざくろは風水としても縁起物で知られているんです。邪気を取り除き、たくさんの実をつけるところから子孫が繁栄するといわれています。また、ざくろは女性ホルモンの作用をする成分が豊富に含まれていることが分かっており、摂取することで不妊への効果も期待されています。

6 妊婦さんによる赤富士の絵


陣痛中の妊婦さんに、「富士山の絵を描いてもらうと妊娠する」というジンクスは有名ですよね。

絵は、赤色で太陽が入っているものがいいと言われています。携帯の待受画面に設定するか、家に飾る場合は北方向に飾るそうです。これは本当に効果があるようで、妊娠の報告が後を絶ちません。私の友人も、妊娠中の友達に陣痛中に赤富士を描いてもらい、実際に妊娠したという人が2人います。

最近では森三中の大島美幸さんなど、芸能人がブログで陣痛富士山を公開している人もいます。不妊治療中は「芸能人の出産のニュースを見るのも辛い」という気持ちになる人も多いといいますが、「あやかっておこう!」というくらいの気持ちでブログを覗いてみると、案外ジンクスのご利益があるかもしれませんよ。

子宝ジンクスの効果って?


子宝ジンクスや言い伝えの効果は、ある・なしを科学的には証明できません。しかし、多くの人の不妊治療中に気持ちの支えになっていることは確かだと思います。

不妊治療中や妊活中は、先の見えない不安から気持ちが暗くなりがち。
妊活には確かに食事や生活習慣が大切ですが、もっと大切なことは、ストレスを溜めずにリラックスして取り組むこと。

時には、ジンクスなどの神頼みも必要です。ジンクスがあることで前向きになれることが、体にいい効果を与えているのかもしれません。また、たくさんの人が「ジンクスで妊娠できた」という声は励みになります。「子宝に恵まれますように」という気持ちをこめて、是非試してみて下さい。

まとめ

妊活ジンクスは
1.木村さんの待ち受け
2. 子宝草を育てる
3. こうのとりキティを身に着ける
4. マトリョーシカを飾る
5. ざくろの絵を飾る
6. 妊婦さんによる赤富士の絵

「子宝に恵まれる」といわれる神社やお寺も全国各地にあり、多くの人が祈願に訪れています。是非、夫婦で旅行がてら行ってみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう