スポンサーリンク


様々な妊娠に関する情報で、「冷えが不妊になる」という事を見かけますよね。

これは本当なのでしょうか?

3年間不妊に悩んでいた私は、身体がとても冷えやすく、血流が悪い自覚がありました。

妊娠しやすい身体づくりのために、冷え性の対策にはどのようなことをすべきか紹介します!

冷え性になりやすい人って?

特に手足や足先など、からだの一部持続的に冷えてくる冷え性。実は、冷え症になりやすい人には傾向があるんです!

【冷え性になりやすい人】

●運動不足
●食べ過ぎなどにより肥満のある人
●精神的ストレスが溜まっている人
●過労や睡眠不足の人
●温度差の激しいところで仕事をしている人

皆さんはいくつ当てはまりましたか?
このような傾向は自律神経の不調の元となり、それによって血液循環が悪くなることが冷えの原因になります。

不妊と冷えの関係

不妊症のなかでも、これといって原因がない夫婦は、全体の30%です。そういう場合、「冷え」が生殖機能を低下させて、不妊の原因になっている可能性があるそうです。

「冷え」は人間の持っている体の本来の機能を低下させます。子宮・卵巣が冷えるとさらに機能が低下していくのです。子宮筋腫などの「着床障害による不妊症」、無月経などの「排卵障害による不妊症」も、その原因をたどると冷え性の問題に行きつくといいます。

逆にいうと、身体を温めて血液の循環が良くなると、臓器への血流が増えます。ホルモンの刺激に正常に対応できるようになるんです!このような理由から、からだが冷えていると妊娠しにくくなり、身体を温めれば、不妊症が解消できる可能性が大きいといえます。

4つの冷え性対策

ここでは、日常のちょっとした工夫でできる冷え性改善策をまとめました。

1. 食生活を見直そう


●鉄分の多い食品を食べる
貧血は冷え性の原因になり、鉄分などの不足が主な原因でおこります。
レバーなどをとるようにしましょう。
●タンパク質を摂る
たんぱく質の不足は低体温を引き起こし、冷えの原因に。
身体を温めるホットミルクは、タンパク質を多く含みおすすめです。
●ビタミンEを摂る
ビタミンEは血行をよくする働きがあるので冷え性には効果的な栄養素です。
食物には、ニラやサバ、サンマなどの青魚に多く含まれています。

2. 服装を見直そう


冷え性対策のポイントは、まず下半身から温めることです。靴下をはき、腹巻きをするなど、身体を温めるためには、いつもの服装にひとつ加えるだけでも効果的です。

女性のファッションは基本的に下半身を冷やすものがほとんどです。夏でも「冷え」を感じる人は、服装を見直してみてください。

3. 足湯で全身を温める


足湯は足だけでなく、全身が温まります。熱めのお湯(41~42℃)とぬるめのお湯(約25℃)を2種類用意して、交互に入浴する温冷交代浴が効果的です。足首までつけて10~15秒ずつくらい交互に繰り返します。

4. 体を動かす

運動が冷えに効く理由はいくつかあります。

●運動することで血行が促進され、新陳代謝が上昇することで冷えにくい体質に変化する
●汗をかくことで汗腺が活発になり、皮膚の働きが改善される
●筋肉を刺激することで自律神経の機能を高められる

無理をせず、自分が続けられる運動を習慣づけることが大切です。

通勤手段を徒歩に変えてみたり、お風呂上がりにストレッチを行うのもおすすめですよ。

冷え対策はできる範囲で!

ここで紹介したように、身体を冷やさないことは、不妊治療にとってとても大切です。ほんの少し身体をいたわるだけで冷えは軽減でき、妊娠力はアップします。

ただ、ストレスをためないことも大切です。冷え対策や体質改善は、続かないと意味がありません

私は以前、同じく冷え性に悩んでいた友人に布ナプキンを勧められ、試したことがありました。紙ナプキンの分子吸収体ポリマーは体温を奪い、冷えをまねきます。布ナプキンに変えることで冷え性が改善されることがあるそうなんです。しかし、私の場合布ナプキンは続けられませんでした。使用方法が難しく、さまざまな工程がある洗浄が…面倒!逆にストレスを感じて、何も実感する前にやめてしまいました。

情報に翻弄されすぎて、ストレスを感じては本末転倒。大切なのは、自分で手足が温かくなった、と感じるような状態をみつけることです。精神的にも安定していると、不妊治療の効果も上がりますよ。

ぜひ、できることから始めてくださいね。

まとめ

1. 自律神経の不調がある人が冷え性になりやすい。
2. 不妊と冷えには関係があり、身体を温めれば、不妊症が解消できる可能性がある。
3. 4つの冷え性対策は「食生活の見直し」「服装の見直し」「足湯」「運動」
4. 冷え対策はストレスをためない範囲で続けましょう!

呼吸方法ひとつでも、冷えは改善できるといいます。
可愛い赤ちゃんに会えるリラックスしたイメージを持って、ポカポカした身体を手に入れましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう