スポンサーリンク


産まれてきたぷにぷに肌の赤ちゃんに、どんなおもちゃを与えたらよいか悩んでしまうママも多いことでしょう。

お祝いでおもちゃをもらう機会も多く、ベビーショップに行けばカラフルで可愛いおもちゃや知育に良いと書かれたおもちゃなどが溢れています。

私も「最初の赤ちゃんだし、奮発してもいいんじゃないかな」と思い、ショップに行っては「これ好きかな?」と赤ちゃんに見せ、興味を引いたようなら「買う」ということを数回繰り返しました。しかし、自宅に帰って遊ばせようとしても思っていたほど遊んでくれず「あれ?遊ばないな」ということが多々ありました。

きっと同じようなママも多いと思います。まずは「高いけど、可愛いし気に入ったみたいだし…」とついつい買ってあげたくなる衝動は少し抑えてください。高いおもちゃを買うよりも日用品を活用することで、飽きることなく遊んでくれ、なおかつ上手な節約に繋げることができます。

そして、その節約したお金で、もっと赤ちゃんのために必要なことができるかもしれませんよ。

赤ちゃんは、なぜすぐに飽きてしまうの?


お店で「これいいかも」なんて思い、高いおもちゃを買って与えると楽しそうに遊んでくれていて「買って良かったなぁ」なんて遊ぶ姿を見ながらママも嬉しくなります。

しかし、1週間もしないうちに飽きてしまう赤ちゃんは多くいます。「うちの子、飽き性なのかしら?」と思うこともあります。なぜ、こんなにも早く飽きてしまうのでしょうか。

これは、赤ちゃんが「学習をする」からです。市販のおもちゃはパターンが決まっていることが多く、このボタンを押せばこんな音がなるというパターンが理解できてしまうと赤ちゃんにとってはつまらない物になってしまいます。決まった遊び方になるおもちゃではなく、積木のような想像力を働かせる遊びの方が飽きずに遊んでくれる場合が多いです。

新生児のおもちゃ


産まれたての赤ちゃんは、まだ回りがよく見えていません。ぼんやりとした視界の中でもコントラストのはっきりした絵柄や赤色や黒色といった色などは理解できます。


また、触った感触やシャカシャカといった音によく反応を示してくれます。ラトルなど低月齢の赤ちゃん向けのおもちゃがおすすめです。五感を刺激することで赤ちゃんは喜んで手を伸ばし、掴めるようになると口に入れたり、ギュッとつかんでみたり、振ってみたりと色々な遊び方を自分から見つけ出してくれます。

おもちゃじゃない物で遊ぶ赤ちゃん


子育て中の家庭で「あっ!それはダメ!!」という声は何度も聞かれることでしょう。赤ちゃんがハイハイや伝い歩きができるようになると、行動範囲も広がり、目を離した隙に触ってほしくない物ほどよく触りたがり、嬉しそうに遊んでいます。

ティッシュを箱から全部引き出したり、引き出しにしまったケースを全部取り出したりと、ママにとってはイタズラでも赤ちゃんにとっては最高に楽しい遊びとなります。せっかく買ってあげたおもちゃがあるのに、見向きもせずに他の物を使って遊んでいる姿は子育て中の家庭の「あるある」ですね。

ママやパパが普段の生活で触っているものは赤ちゃんにとっては好奇心を刺激し魅力的な物に映ります。ママにとってはイタズラでも赤ちゃんにとっては興味を持って観察、実験を行っているのです。見ていただけの物に触れることで「こんな感触なんだ!」「こうしたらどうなるんだろう」と情報収集をして学習の真っ最中です。

単純なおもちゃよりも楽しく感じているのでしょう。できる範囲で心行くまで遊ばせてあげることも赤ちゃんの心の成長には大切です。

大人のゴミが赤ちゃんの宝物に


簡単な手作りでも赤ちゃんは夢中になって遊んでくれます。捨ててしまうはずのペットボトルやペットボトルの蓋、布の切れ端やビニール袋だって赤ちゃんにとっては楽しくて仕方のない物になります。

そんな素材を上手に活用し無駄なおもちゃを買わないようにしましょう。

<ペットボトル>

ペットボトルの中に何かを入れるだけでも赤ちゃんは喜びます。

水を入れたり、ビーズを入れたりすると振ってみたり、転がしてみたりして遊びます。中に入れるものを色水にしたり、入れる素材を変えたり、組み合わせたりすることで遊び方は無限大に広がります。

<紙皿>

紙皿に絵をかいたりするだけでも喜びます。

真ん中を丸く切り抜き、2つに折って、両端にシールをつけるだけでゆらゆらと揺れるシーソーになります。両端におもりをつけるとさらによく揺れてくれます。

<布>

薄い布と布を何枚も繋げてティッシュの箱の中に入れ、引っ張ると出てくるおもちゃも赤ちゃんは大好きです。

透ける素材にしてママが透けて見えると、それを見て喜ぶので素材違いで揃えても楽しいですね。

無駄なおもちゃを買わずに、ぷにぷに肌の赤ちゃんに


2歳になる子を育てながら思うのは、思わぬところに意外とお金がかかるということです。

予防接種や医療費は、基本的なことであれば、保険が適用されたり補助で実質支払いがなかったりします。とても助かりますよね。

でも、赤ちゃんのぷにぷに肌を守るためには、しっかりと保湿をすることが非常に大切になります。肌荒れや湿疹で小児科を受診した時に、ステロイド剤を処方された、というママさんは少なくありません。ひどい肌荒れであればステロイド剤に一時頼ることが良いと言われていますが、ずっと長い期間使い続けることは避けたいですよね。

そうすると、質の高い、自然由来の成分で、無添加のベビーローションなどでしっかりと保湿してあげることが必要となります。こだわりを持って良いものを選ぼうとすれば、必然的に割高となります。これが意外とお金がかかるんですよね。

でも、ガサガサ・ザラザラのお肌のまま、赤ちゃんが不快感を感じているのに放っておくことはできません。やっぱり、赤ちゃんにはぷにぷに肌が似合います。私は、余計なおもちゃなどを買わないようにして、その分を赤ちゃんのぷにぷに肌へまわしています。

私が特に愛用しているのは、アロベビーのミルクローション肌潤糖です。

赤ちゃんのスキンケアは意外とお金がかかります!


赤ちゃんのお肌は大人の肌の半分の薄さで、非常に敏感でデリケート。赤ちゃんは無条件で、ぷにぷにのつやつや肌だと思っていたら大きな間違い!!とっても荒れやすく、毎日のスキンケアが欠かせないのです。

正直言って、赤ちゃん用のものは、ドラッグストアに売っている大人用の一般商品に比べたら、割高なアイテムが多いです。しかも、【赤ちゃん用】と書かれていても実は刺激が強いものや添加物がたくさんのものもあるので、本当に赤ちゃんの肌にやさしくて良いものを選ぼうとすると、結構な出費になったりもします。

私が特に愛用しているのは、アロベビーのミルクローション肌潤糖ですが、お風呂ではドルチボーレナチュラルシースポンジも使っていますし、洗濯にはドルチボーレナチュラルウォッシュ、お出かけにはアロベビーUV&アウトドアミストを使っています。

肌荒れを起こした赤ちゃんは本当に見ているだけでもかわいそうです。それに、肌荒れを悪化させてしまっては、治療に時間もお金もかかりますし、何と言っても赤ちゃんへの負担が大きいです。だから、私の場合は、節約できるところは節約して、厳選したスキンケアアイテムを使うようにしています。
おすすめのスキンケアアイテムはコチラから

まとめ

赤ちゃんの好奇心を刺激する遊びを見つけてあげ、色々な物に触れさせることで赤ちゃんの成長へと繋がります。

目に入る物が気になり手を伸ばして取り、口に入れて確認をしたがるので、危険な物や触れてほしくない物は赤ちゃんの視界に入らないように工夫をすることが大切です。安全を確保したら、簡単でいいので身の回りにあるものでおもちゃを作ってあげて下さい。きっと喜んで遊んでくれます。

また、不要品を利用したおもちゃを作って遊ばせることで、赤ちゃんも楽しめる上に、節約も可能となります。そして、その節約した分で、赤ちゃんのスキンケアなどもできるようになります。赤ちゃんの肌トラブルは意外と多く、肌荒れや湿疹に悩むママも結構多いです。

赤ちゃんのスキンケア 必須アイテム一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



スポンサーリンク