スポンサーリンク


赤ちゃんが生後5ヶ月頃になると「離乳食を食べさせる時期」と育児書には書かれています。周りからも「離乳食そろそろ食べさせている?」なんて話題にも上がってきます。

私は初めての育児で「時期だからもう始めなくちゃ」と思いながらも「やっと授乳に慣れてきたのに今度は離乳かぁ」と「離乳」という言葉に寂しさを感じながらスタートしました。赤ちゃんの成長は嬉しいようで少し寂しいですね。

そして、いざ食べさせようとすると、母乳や粉ミルクから栄養を取っていた赤ちゃんが初めて食べるものなので、安全に食べさせたいと考えるママも多いことでしょう。何をどう食べさせるのかも不安ですよね。

今回は、離乳食を始める時期と食べさせるものなど進め方を紹介します。そして、ぷにぷに肌の肌荒れを防ぐために、食事後の肌ケアについても説明します。

赤ちゃんの離乳食の目的


離乳食は「食事」ですが、まだしっかりとした「食事」ではありません。

母乳やミルクを卒業した時に栄養となる食事をきちんと食べられるようにするための導入であり、「噛む」「飲み込む」などの動作をする練習と規則的な食事のリズムを摂ることで生活リズムを整える訓練です。つまり「食べることに慣れるための食事」です。

なので「絶対食べさせなくちゃ!」と頑張り過ぎなくても実はいいのです。頑張り過ぎて「食事が嫌い」となる方が辛いですよね。赤ちゃんには「食事って楽しいな」と思ってもらうことが大切です。

離乳食を始める時期

以前は生後4カ月になったら始めるという流れでしたが、近年では「生後5か月を過ぎて赤ちゃんが食事に興味を示すようになったら」と言われています。
月齢はあくまで目安で赤ちゃんの様子を見ながら始めることを見極めることが大切です。

① ママ達が食事をする姿をじっと見つめる
② 食事する姿を見ながらよだれを垂らす、口をもぐもぐする
③ 椅子に一人で座れる
④ スプーンなどを入れても舌で押し出すことが減った(哺乳反射の減少)

この4つが全て整えば離乳食をスタートしても良いでしょう。

赤ちゃんの機嫌と体調の良いタイミングを見計らって、離乳食を試してみましょう。

離乳食の段階

徐々に離乳食を勧めていきます。あくまで月齢は目安になりますので、赤ちゃんの食べる様子や成長に合わせて決めていきましょう。完食できたら量を増やすなど調整をして進めます。

<ゴックン期>


離乳食を始めた最初のステップになります。

10倍がゆを1さじからスタートして、赤ちゃんが喜んで食べてくれるようであれば徐々に量を増やし、野菜や豆腐など味付けをしていない食材をあげましょう。

最初は好奇心で食べてくれても翌日には嫌がって口から出してしまうこともあります。無理やり毎日食べさせる必要はありません。1日おきや数日辞めて再チャレンジするなど様子を見ながら進めていきましょう。

赤ちゃんによっては嫌がっているのではなく、哺乳反射によるものかもしれません。スプーンで下唇を軽くツンツンとすると赤ちゃんが自分で上唇を閉じて、舌を使って食材を喉に運び、ゴックンとしてくれます。根気よく食べさせてあげ、口をしっかり閉じてゴックンできているか見守りましょう。

<モグモグ期>


体調を崩すことなく、喜んで食べてくれるようであれば、生後7ヶ月から8ヶ月を目安にステップアップをしてみましょう。

赤ちゃんの体としては舌が前後だけでなく、上下にも動かせるようになります。舌をモグモグと動かして食材をすりつぶして飲み込む練習ができる食事をあげましょう。7倍がゆなどゴックン期よりも水分を減らし、上あごと舌でつぶせるふわふわした状態の食事にします。硬さの目安は絹ごし豆腐です。

食材の大きさも細かいみじん切りから少しずつ太いみじん切りにして、1日1回から様子を見ながら2回に増やしましょう。

<カミカミ期>


生後9ヶ月頃の赤ちゃんは舌を左右にも動かせるようになります。

舌でつぶせない食材を歯茎で噛んで食べられるようになります。歯も生えて、離乳食に慣れてきますが、「動きたい」欲求の強い時期でもあります。

そのため、遊び食べも盛んになり、食べ物を手でつかんで感触を確かめようとする行動も見られます。手づかみでも食べられる食事を工夫すると食べる欲求が強くなります。硬さの目安はバナナです。
噛む事を始めますが、上手には噛めないので固すぎないように注意をしましょう。

食事の回数も1日3回に増やし、カミカミしながら食べているか確認しながら進めましょう。

<パクパク期>


生後12ヶ月頃から最終段階にステップアップします。

舌は自由に動かせるようになり、歯で噛みきることができる様になります。食事は歯茎でつぶせる程度の硬さと1㎝角くらいの大きさにします。ご飯は柔らかめに炊いた軟飯から普通のご飯へと進めていきましょう。

食材によっては食べづらい物もあるので様子を見てフォローしながら食べさせ、スプーンなどを使いたがるようであれば持たせてあげましょう。

この頃はママやパパの真似をしたがるので、無理強いにならないようにしながら自由にさせてあげましょう。

離乳食を始める注意点

「食べさせなくちゃ!」とついつい、無理やりになってしまったり口元ばかりに集中して無言になってしまったりしまいます。

「美味しいね」「上手に食べられたね」「アーン」「ほうれん草、きれいな色してるね」など話しかけながら笑顔でコミュニケーションをとるようにすると赤ちゃんも食事が楽しいと感じてくれるでしょう。食べてくれなくても叱らないようにしましょう。

まだ「食べることが大切」だと理解していないので、投げてしまう事や遊んでグチャグチャにしてしまうこともあります。「食べてくれたらラッキーだな」くらいの気軽な気持ちで進めましょう。

離乳食はベビーフードも上手に活用

離乳食を一から作ることはママにとって大きな負担となります。

ただでさえ慣れない育児にクタクタなのに「今日の献立を考えて、赤ちゃんが食べられるように裏ごしをして…」と手間も時間もかかる調理中でも、ママを求めて赤ちゃんは泣き、追いかけてきてしまい「キッチンに立つのが危険」だと感じることがあります。月齢が進むと赤ちゃんに自我が芽生えてきて、食べさせようとしても嫌がったり、食事よりも遊びたがったりします。

そんな時は料理が好きな人だって「作れない」「作りたくない」と考えることもあります。そう考えてしまうことは決して悪いことではありません。そんな時は上手にベビーフードを活用してゆったりとした気持ちで食べさせてあげましょう。

離乳食を始めたら肌荒れし始めた!


離乳食を始めた途端に、肌荒れを起こす赤ちゃんがいます。

原因は大きく2つです。

一つは、何かしらのアレルギーがある場合です。離乳食として食べたものがアレルゲンとなり、湿疹を起こすことがあります。あまりにもひどい湿疹や肌荒れの場合は、早急に医師の診断を受けるようにしましょう。

もう一つは、食べこぼしによる肌荒れです。上手にこぼさずに、また肌を汚さずに食事ができようになるまでにはまだまだ時間がかかります。食事が終わった時に、口周りやあごなどに、食べたものがついていることがありますので、よくふき取ってあげましょう。

また、食べこぼしたものが洋服の中に入ってしまっていることもあります。長時間、肌が食べ物と触れていることで、肌荒れの原因となることがあります。

離乳食を始めてから肌荒れがひどくなったと悩むママも多くいます。アレルギーと食べこぼしに気をつけましょう。肌荒れがひどくなってしまうと、赤ちゃんはもちろんですが、見ているママも大変つらいです。日頃からスキンケアをしてあげましょう!

おすすめは、肌潤糖での沐浴アロベビーのミルクローションでの保湿です!

口周りやあご、頬、洋服の中、食べこぼしに要注意!


離乳食が始まってくると、食べこぼしが原因で肌荒れを起こすようになります。特に、自分で食べるようになってくると、口の周りや頬、あごは食べ物でいっぱい、そして、洋服の中にも食べこぼしが入ってしまっていることも多いです。

食後にきちんと拭きとってあげていないと、それらの食べ物が刺激となって肌荒れを引き起こしてしまいます。お顔もそうですが、気づきづらいところで、あご下に入り込んでしまっていたり、洋服が濡れたまま肌についてしまったりすると、たちまち肌荒れを起してしまいますので要注意です。

あまりにも派手に食べ散らかした時には、洋服を全部着替えさせてしまうことも多々あります。一旦裸にしてしまって、濡れたタオルで拭いてあげたり、シャワーを浴びさせてしまうのも良いかもしれません。清潔にしてあげて、ベビーローションで保湿をしっかりとしてあげるのが基本で、とっても重要です。

私の場合は、沐浴・入浴の最後に肌潤糖でしっとりさせて、軽く流した後に水分をふき取り、肌が湿っているうちにアロベビーミルクローションで保湿と肌の保護をしてあげます。離乳食による肌荒れがひどいところ、特に顔には、養麗潤を塗ってあげることもあります。

肌荒れがひどくなって、食べ物が染みるようになってしまうと、離乳食もスムーズに進まなくなってしまうので、食べこぼしによる肌荒れは要注意です!!
肌潤糖(はだじゅんとう)の詳細はコチラから
アロベビーミルクローションの詳細はコチラから
養麗潤の詳細はコチラから

まとめ

離乳食はあくまでも練習なので、赤ちゃんの成長は1人1人異なります。無理やり食べさせてもママも赤ちゃんも辛くなるので「今日は思ったより食べたね!良かったね!」くらいの気軽な気持ちで食べさせ、ステップアップも赤ちゃんのペースで進めましょう。食材やサイズなど細かく考えるよりもまずは「食事って楽しいね」を気持ちよく伝えてあげましょう。

また、離乳食を始めてから肌荒れや湿疹に悩むようになる赤ちゃんも少なくありません。アレルギーと食べこぼしに気を付けて、アレルギー症状の場合は早急に医師の診断を仰ぐようにしましょう。

赤ちゃんのスキンケア 必須アイテム一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう