スポンサーリンク


結婚して夫がいない間に買い物やママ友と食事に出かけるにも自動車が必要になったので運転する機会も増えました。

丁度自動車保険の更新になって、生まれて初めて自分で自動車保険を選んでみたら、とっても節約幅の広い保険だと知りました!

それでもこれだけは削らないことにしてみた項目とその理由を挙げてみました。

1. 自賠責保険に加入していても限度額があります!


自賠責保険に加入していれば、加害者になっても大丈夫!と安心してはいけません。

自賠責保険は被害者1人当たりの保障額に上限があります!それも最高額でも3120万円です。この金額には被害者の方の治療費や慰謝料、ケガで働けない場合の収入の補てんなども含まれます。

自動車で事故を起こすと大けがになることも珍しくありません。事故の責任が100%あなたにあり、運悪く被害者が死亡してしまった場合には、その補償には自賠責保険の上限額3120万円では到底足りないのです。

2. 是非選択したいのは自賠責保険で足りない分を補う対人賠償


自動車保険の対人補償は是非とも加入しておきたい補償です。せめて、相手にケガをさせてしまった場合の補償は加入しておきましょう。ケガの治療費や病院への交通費、慰謝料、ケガが原因で仕事を休んだ場合の休業補償などの足しになります。万が一自分の過失で歩行者を死亡させてしまったら、慰謝料など含めると1億では済まない額の補償が必要になります。是非とも対人補償は最低限加入しておきましょう。

3. 対物賠償保険にも加入しておいた方が無難


自動車同士の事故の場合は事故の責任の割合によって、賠償額が異なってきます。「自分は慎重派で安全運転だから大丈夫!」
と思い込みは禁物です。絶対ミスをしない人がいないように、安全運転を心がけても注意散漫になることが無いとも限りません。そんな心の隙が事故の元です。

しかも、相手の車がとても高級な車の場合は事故の責任が半分ずつであったとしても、数百万の修理代が半分になるだけです。自動車事故は人がケガをしなくても大きな出費になることがあるので加入しておいた方が無難です。

まとめ

1. 自賠責保険には限度額があり最高でも3120万円しか補償出来ない
2. 対人賠償保険には是非とも加入しておこう
3. 対物賠償保険にも加入しておくと安心

自動車保険は事故の責任比率とか、等級がどうなるとか、いろいろ面倒な用語やルールがあって、とっつきにくいものです。一番確実に保険料を浮かせるのは安全運転で事故を起こさないでゴールド免許を取るように努力してコツコツと毎年1つずつ階級を上げていくことに尽きます。安全運転だから得られる保険会社からの信用が大切ですね。

(ライター:ファイナンシャルプランナー OMさん)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



スポンサーリンク