スポンサーリンク


妊娠前は便秘とは無縁だった方も、妊娠すると便秘になる可能性が出てきます。少し汚い話ですが、そんな私も妊娠前は便秘とは無縁で毎日快便でした。ですが妊娠中期以降からでしょうか三日出ないこともしばしば。

「便秘になるってこんなに辛いの?」と便秘の辛さを実感しました。なんとかしたいと思いながらも、赤ちゃんのことを考えると出来るだけ便秘薬は使用したくはないですよね。

なぜ妊娠すると便秘になりやすくなるのか。その原因と解消法について紹介したいと思います。

妊婦の誰もが通る「便秘」!?


お腹の赤ちゃんの成長と共に増えてくるトラブルとして多いのが「便秘」です。今まで便秘になったことがない私がまさか便秘になるとは思いませんでした。

特に妊娠中期以降から酷くなり、三日出ないなんてこともしょっちゅうありました。出たとしてもカチカチの便しか出ず、なかなかスッキリしませんでした。便秘が続くとお腹がすごく膨らみます。お腹もカチカチになり、苦しさを感じます。

また、妊娠中期以降になるとお腹の張りにも気を使うようになってきますよね。便秘のときはお腹がすごく痛くなることがあり、この痛みがお腹の張りによるものか、便秘によるものか分からなくなります。「長時間お腹が痛く、お腹もカチカチになって心配していたら、便を出すとスッキリ」なんてこともありました。

便秘だからと言って無理やりトイレにこもり、いきむのは「赤ちゃんが出てきてしまうのではないか」と心配性な私は考えていました。そのため自然に便意がくるのを待っていました。病院の先生に聞くと「いきんでも産まれないから大丈夫だよ」と言われました。

ですが「長時間いきんだり、強くいきみすぎると子宮が収縮してしまうから程度を考えてね」と続けて言われました。そんなことを言われると心配性の私は「いきんでもいいの?ダメなの?どっちよ!」と混乱状態。結局「いきまないに越したことはないか」という結論に至りました。

これは個人的な意見なので先生の言うとおり無理しない程度ならいきんでも大丈夫だと思います。

便秘になる原因とは


便秘になる原因はいくつかあり、その一つが「直腸性便秘」といいます。これは子宮の中で赤ちゃんが大きくなるにつれて、その子宮が大腸を圧迫してしまうことで起きます。大きくなった子宮の影響で、妊娠後期になると小腸や大腸は背中のほうに移動します。そのためいつもより大腸で便が進みにくくなり、便の水分が必要以上に吸収されてしまうことで便秘になりやすくなってしまうのです。

また妊娠中のホルモンの影響によって便秘になってしまうこともあります。
妊娠をすると、その妊娠を継続するためにプロゲステロンというホルモンが分泌されます。このプロゲステロンには、胃や腸にある筋肉を緩める作用があります。この筋肉が緩まると、消化器官の収縮運動が低下します。消化器官の収縮運動が低下すると、便を下に押し出す力が弱まり便秘になってしまうということです。

その他にもつわりで食事があまり食べられなくなったり、食事の好みが変化することで消化の力が弱まることも原因として考えられています。

便秘とおさらば


妊娠中期以降の便秘に悩まされていました。「どうにかして便秘を改善したい」と思い便秘改善に努めました。

まず最初に始めたのは食事の改善です。「便秘には食物繊維」というイメージだと思いますが、便秘中に食物繊維を取り過ぎると便が硬くなってしまい便秘を悪化させてしまうことがあるそうです。

そのためまず行ったのが「温かい飲み物を飲むこと」です。冷たい飲み物はお腹を壊してしまう恐れがあるので、温かい飲み物をとにかく飲みまくりました。水分を取ると便が柔らかくなるので、排便しやすくなります。

そして適度な運動をすることです。私は体調と天気を見て、散歩に出かけています。ウォーキングほどしっかり歩くわけでなく、ゆっくりと30分ほど歩いています。すると腸が活性化されて便意を催すことが多いです。

妊娠中の体重増加を緩やかにするためにも、散歩は良いですね。ただ散歩をするときに気をつけているのが、散歩のルートにトイレがあるかどうかです。私の場合、歩いているとすぐに尿意を感じてしまいます。それを我慢すると歩くたびにお腹が痛くなるので、トイレの有無はとても大切になってきます。ご自分に合った散歩の仕方で無理ない程度に散歩を楽しみましょう。

またどうしても便秘が改善されないという方は病院に相談したら薬を処方してもらえます。我慢せずに薬に頼ることも悪いことではないので、便秘解消の一つであると考えてくださいね。

まとめ


妊娠中、多くの人が悩む「便秘」はお腹が痛く、苦しくなってしまいます。

ですが、それは赤ちゃんが大きくなっている証拠でもありますし、ホルモンバランスが崩れてしまい仕方がないことだとも言えます。

でも、食事を変えたり、適度な運動をすることによって便秘が改善されることも確かです。私はこの食事の改善と運動で便秘は解消することが出来ましたが、なかなか難しいという方もいると思います。

病院で処方してもらえる薬は赤ちゃんに影響ないものなので薬を飲むことも一つの手段です。便秘を改善して快適なマタニティ生活を送りましょう。

ももぶろぐ 記事一覧

早産・中絶という過去を乗り越え妊活スタート!
三回目の妊娠だから知った思い。初めての妊娠28週、これからどうなる?
第一子での経験。妊娠から出産までの忘れられない記憶
第一子の経験。594gでの出産から現在まで
第二子の経験 君の事は忘れない~妊娠20週で水頭症による中絶
辛い経験の末、三回目の妊活を決意
三回目の妊娠発覚 その瞬間の思い、主人の思い
ハイリスク妊娠 重要な病院選び
妊娠して最初に通る道「つわり」、徐々に経験する方法が分かってきた
ハイリスク妊娠の妊婦健診とは?どんな違いがあるの?
生活が変わっていく妊娠初期。大切な時期をどう乗り越えていく?
妊娠初期、これまでとは仕事の仕方が変わってくる
ハイリスク妊娠、安定期に入る妊娠中期の過ごし方
早産と中絶後の3回目の妊娠、妊娠中の不安や悩みは?
便秘は多くの妊婦が悩む、妊娠中のトラブルの一つ
妊娠中の辛い頭痛、その原因と対処法を考えてみる
突然強烈な眠気が襲う妊娠トラブル、その原因と対処法を考える
妊娠中期切迫流産、妊娠トラブルを診断されてから過ごし方は?
妊娠中のカンジダ膣炎、かゆいくて辛い!原因と対処法、予防法は?
妊娠中、上の子のお世話も大変。どう切り抜ける!?
妊娠中の食事、お腹の赤ちゃんの為に気をつけたこと
妊娠中のイライラや不安な気持ち、気分転換する方法は?
妊娠中こそ良好な夫婦関係を築いていこう
妊娠20週を何事もなく経過するということ
妊娠24週で出産してしまった過去があるからこそ
ハイリスク妊娠の妊娠後期の過ごし方、時間を有効に!
出産までわずか!妊娠中に準備するもの
ハイリスク妊娠、出産まで残り数日!出産間際の思い

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう