スポンサーリンク


妊娠中のトラブルに良く見られるものの一つに「頭痛」があります。

妊娠中に頭痛に悩まされる女性は多いですが、妊娠中は赤ちゃんに影響があるかもしれないとむやみに痛み止めを飲むことは出来ませんよね。痛み止めを飲めないということは、ただ痛みを我慢するしかないと諦めがちになりますが、痛みを和らげる対処法を試すことで頭痛が和らぐかも知れません。

妊娠中でも出来る対処法と妊娠中に頭痛になりやすくなる原因をご紹介します。

頭痛には二種類ある!?


「頭痛」と言っても、実は二つのタイプに分けられます。その頭痛の種類によってそれぞれ症状や対処法が異なるため、妊娠中に御頭痛に対処する場合も、自分がどちらのタイプの頭痛であるかを理解することが大切になってきます。

まず頭痛のタイプの一つとして「偏頭痛」があります。偏頭痛は、脳内の血管が広がって血液量が増えることで起こります。目の周りがズキズキと痛んだり、体を動かしたときに痛んだりするのが特徴です。

私も昔から偏頭痛持ちで、困っていました。私の場合は毎日同じ時間になると目の奥のほうが締め付けられるような痛みが走っていました。時間が過ぎると共に頭痛は収まっていくのですが、時には顔が真っ青になってしまうほどの痛みでした。

そしてもう一つの頭痛のタイプが「緊張型頭痛」です。緊張型頭痛は、脳への血液量が減少して酸素不足になり、脳周辺の筋肉が強張ることで現れます。後頭部から首筋にかけて頭全体が締め付けられるように痛み、偏頭痛に比べて吐き気などを伴いやすいのが特徴です。

妊娠してからは緊張型頭痛が起こりやすくなりました。特に妊娠初期から妊娠中期が一番酷く、頭痛と共に吐き気があり、立ってられないほどフラフラになっていました。

2つの頭痛の原因とは?

妊娠中は偏頭痛と緊張型頭痛のどちらも起こる可能性があります。それぞれ原因は異なります。

まず偏頭痛の原因として考えられるのは、妊娠すると体内のホルモンバランスが変化します。このホルモンバランスの変化が頭痛の引き金となります。「プロゲステロン」と呼ばれる女性ホルモンの分泌量が増えてホルモンバランスが乱れることで、脳の血管が広がりやすくなります。これによって偏頭痛が起こります。

そして緊張型頭痛の原因として考えられるのは、妊娠するとどうしても妊娠前のように体を動かすことが出来ず、運動不足気味になってしまい体の血行が悪くなってしまうことから頭痛が起こってきます。血行不足で腰や肩、首が凝ってしまい、頭痛を引き起こします。

妊娠中期を過ぎてお腹が大きくなってくると、疲れやすくなったり、寝不足気味になったりして、頭痛がさらに悪化してしまう場合もあります。

妊娠中でも出来る頭痛対策


偏頭痛と緊張型頭痛は上記で述べたとおり、原因がまったく違います。そのため対処法もそれぞれ異なります。対処法を間違えるとかえって痛みが酷くなるので注意が必要です。

偏頭痛の対処法としては、脳の血管が広がっていることが原因で頭痛が起こっているので、脳の活動を安静にしてあげることが大切です。妊娠中は家にいることが多くテレビやスマホを見ている時間が増えていませんか?

頭痛が起きたら光や音などの刺激を避けて、暗く静かな部屋で横になりましょう。
そして、頭や首筋など痛む場所に冷たいタオルを当てて冷やすと、広がった血管が収縮して痛みが和らぎます。温めると痛みが増してしまいますので、お風呂は湯船に浸からずシャワーで済ませましょう。

緊張型頭痛の原因は血行不良によるものです。血行をよくするために、痛むところを温めてあげましょう。痛みを感じたら偏頭痛と同じように安静にして、後頭部や首、肩など痛みを感じる部分に蒸しタオルを当ててください。直接温めるだけでなく、首や肩、腕の筋肉を動かすだけでも血行が良くなりますのでお勧めです。

妊娠の頭痛は危険な可能性もある

妊娠中にだけ高血圧を起こす「妊娠高血圧症候群」を発病すると、症状の一つとして頭痛が上げられます。血圧の上昇で脳の血管が広がることによって偏頭痛を引き起こすからです。頭痛以外にめまいや倦怠感なども現れます。自覚症状ではむくみが出やすいので、頭痛と共にむくみがないか確認してください。

妊娠高血圧症候群による頭痛は、冷やすことである程度の痛みは抑えることが出来ます。ですが根本的には高血圧を改善する必要があります。検診で「血圧が高い」と言われたら、高血圧予防のために食事や生活習慣を見直しましょう。

まとめ


頭痛にはまったく異なる2つのタイプがあり、そのタイプによって頭痛を和らげる対処法も変わってきます。その対処法を間違えると頭痛が悪化してしまう可能性もあるので、しっかりと頭痛のタイプを理解することが大切になってきます。

また、妊娠中の頭痛には危険な病気の可能性があるのでむくみなどもしっかりと確認しましょう。妊娠中の頭痛を防ぐには、普段から健康的な体を維持することが重要です。普段から体を動かし、適度にストレス解消をしてリラックスできる時間を作りましょう。

ぜひ健康的な生活を過ごして、頭痛に悩まされない妊娠生活を送ってください。

ももぶろぐ 記事一覧

早産・中絶という過去を乗り越え妊活スタート!
三回目の妊娠だから知った思い。初めての妊娠28週、これからどうなる?
第一子での経験。妊娠から出産までの忘れられない記憶
第一子の経験。594gでの出産から現在まで
第二子の経験 君の事は忘れない~妊娠20週で水頭症による中絶
辛い経験の末、三回目の妊活を決意
三回目の妊娠発覚 その瞬間の思い、主人の思い
ハイリスク妊娠 重要な病院選び
妊娠して最初に通る道「つわり」、徐々に経験する方法が分かってきた
ハイリスク妊娠の妊婦健診とは?どんな違いがあるの?
生活が変わっていく妊娠初期。大切な時期をどう乗り越えていく?
妊娠初期、これまでとは仕事の仕方が変わってくる
ハイリスク妊娠、安定期に入る妊娠中期の過ごし方
早産と中絶後の3回目の妊娠、妊娠中の不安や悩みは?
便秘は多くの妊婦が悩む、妊娠中のトラブルの一つ
妊娠中の辛い頭痛、その原因と対処法を考えてみる
突然強烈な眠気が襲う妊娠トラブル、その原因と対処法を考える
妊娠中期切迫流産、妊娠トラブルを診断されてから過ごし方は?
妊娠中のカンジダ膣炎、かゆいくて辛い!原因と対処法、予防法は?
妊娠中、上の子のお世話も大変。どう切り抜ける!?
妊娠中の食事、お腹の赤ちゃんの為に気をつけたこと
妊娠中のイライラや不安な気持ち、気分転換する方法は?
妊娠中こそ良好な夫婦関係を築いていこう
妊娠20週を何事もなく経過するということ
妊娠24週で出産してしまった過去があるからこそ
ハイリスク妊娠の妊娠後期の過ごし方、時間を有効に!
出産までわずか!妊娠中に準備するもの
ハイリスク妊娠、出産まで残り数日!出産間際の思い

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう