スポンサーリンク

妊娠中のストレスを上手に解消して、便秘も解消してしまおう


不安になったり、イライラしたり、ちょっとしたことで涙が出てしまったり、マタニティライフに心理的なストレスはつきものです。

でも、自分を責めないで!

妊娠中の女性の体は日々変化していて、心も不安定になりがちなのです。つわりや、不眠、むくみや、だるさなど身体的なストレスもたくさんです。

でも、強いストレスは、体の不調を引き起こす原因になります。妊婦に便秘が多いのも、ストレスが関係している場合があります。

そこで、今回は妊婦がストレスから便秘になる原因や、その解消方法を探っていきたいと思います。

妊婦なら誰でも経験している、不安な気持ち

大きくなったお腹をさすりながら、微笑むひととき…そんな風に心穏やかにマタニティライフを過ごすことができたらどんなにステキでしょう。でも、現実は、いつも健やかというわけにはいきません。

辛いつわり、浅い眠り、足のむくみ、倦怠感、不安感、イライラなど、妊婦の周りにはストレス要因がたくさんなのです。妊娠がわかった時はあんなに嬉しかったのに、小さなことにイライラして周りの人に八つ当たりしたりして、そんな自分に自己嫌悪を感じるという女性も多いようです。

でも、それはあなただけはありません。妊娠経験のある女性なら、誰しも多かれ少なかれ、気持ちが不安定になった経験はあるはずです。
そして、妊婦がストレスを感じやすいのには、それなりの理由があるのです。

ホルモンバランスや体調の急激な変化

妊娠すると女性の体は急激に変化します。

特に、女性ホルモンであるプロゲステロンとエストロゲンの分泌が増えるため、ホルモンバランスが乱れます。
それが自律神経に影響を与えたり、自分自身でコントロールできない不安やイライラとなって現れます。体調を崩しやすくなったり、体がだるくなる人もいます。

また、妊娠初期のつわりや、後期の腰痛、足のだるさ、こむら返りなどのつらい症状も、妊婦にとって、大きなストレスです。それと、お酒やタバコなどの嗜好品をとる習慣があった場合はそれを我慢しなくてはならないことがストレスになるという人もいます。

精神的なプレッシャーや不安

特に、初めての妊娠の場合、妊娠の喜び以上に、不安やプレッシャーを抱えてしまう女性も多くいます。経済的な問題や、仕事を退職あるいは休職しなければならない不安、育児への不安と、妊婦の心配はつきることがありません。

臨月に近くになれば、出産の陣痛に耐えられるだろうかなどと出産自体に対する不安感も高まります。元気な赤ちゃんを生まなくてはという思いが、プレッシャーになってしまう人も多いでしょう。

それから、出産後の生活について、具体的な想像ができずに思い悩み、ストレスとなってしまうこともあります。赤ちゃんのお世話なんてできるのだろうか、おむつやミルクはどうすればよいのか、また漠然と大丈夫なんだろうか、と不安になってしまうこともあるようです。

みんなは、どんなことで妊娠中にストレスを感じているの?

では、妊娠中の女性がどんなストレスを抱えているのか、妊娠経験者の声を集めてみました。

妊娠がわかって嬉しくないわけじゃないけど、本当は、不安の方が大きいんです。子育てなんて何をしたら良いのか全くわからないし。妊娠中にも何かトラブルが起きたら嫌だなって思うし。でも、そんなこと、大喜びの夫にもいえず、昼間一人でくよくよ泣くこともよくあります。(29歳 Kさん)

妊娠中期で落ち着いているとはいえ、やはり仕事との両立はしんどいです。でも、出産しても仕事は続けたいので、つい意地はって、大丈夫ですなんて言ってしまって後悔。時々お腹が張るのも感じるし、妊娠してからは便秘もさらに悪化しているし、最近ちょっとした伝達ミスで自信喪失しちゃうし。仕事辞めた方がいいのかなあなんて、実はすごく弱気になっています。(32歳 Tさん)

妊娠してから、夫の些細な言動がいちいち気に障ります。「仕事休めていいなあ~」って、別に悪気とかないのかもしれないけど、ただ遊んでいる訳ではないのでそんなこと言われたくない。「もうちょっと動いた方がいいんじゃない」とか、じゃあ、あんた変わってよって感じ。最近口論することも多くて、そのことにも疲れています。(26歳 Hさん)

つわりがひどい時期に、お義母さんが家事を手伝いに来てくださったんです。それはありがたいのですが、まな板の干し方がだめだとか、私が妊娠中の時はああだった、こうだったとか、いろんなダメだしをされて、そうでなくてもつわりでムカムカしていたし、思わず切れそうでした。(33歳 Fさん)

お酒が大好きだった私。毎晩夫婦で晩酌するのが楽しみだったのに、妊娠中は、我慢、我慢の日々。つわりの最中は気持ち悪くてお酒どころじゃなかったけど、中期に入って、つわりが落ち着くと、お酒を我慢するのが辛くて。夫は目の前の飲むのを遠慮してくれていますが、時々飲み会とかで遅く帰ってくると、自分ばっかり!とつい責めたくなってしまいます。(25歳 Mさん)

妊娠初期にお腹が張った感覚があって、病院に行ったら、安静にしておくようにとのこと。なるべく家事もしないように言われたので、家でぼーっとすごす日々。外出もままならず、ただ横になっているだけって、逆にしんどいですよね。同期の子たちがバリバリ働いているのに、なんだか、自分だけ社会から取り残されているみたいで気持ちばかりが焦ります。(27歳 Nさん)

出産まであと一ヶ月。でも、最近急にマタニティブルー気味です。体がいつもだるく眠りも浅くてちゃんと寝た気がしません。腰痛もひどいし、便秘も続いています。前は、出産日が来るのが待ち遠しかったのに、今は、どうでもいいっていうか、私には無理みたいな気持ちになっちゃって。どうして急にこんなに無気力なのか、自分でもどうしてもいいかわからなくて混乱しています。(36歳 Aさん)

こうしてみると、妊娠中の女性のストレスには様々なものがあることがわかります。涙もろくなる、出産するのが怖くなる、無気力なる、些細なことで怒鳴り声をあげてしまう、眠れなくなってしまうなど症状は人それぞれ。
中には便秘がひどくなったと感じている人もいるようですね。実は、ストレスは便秘を引き起こしたり、悪化させたりする原因の一つなんです。

妊婦のストレスが便秘を引き起こす理由

妊娠すると様々な理由から便秘になる女性が増えると言われていますが、妊婦の便秘の原因の一つに、ストレスがあげられます。
でも、どうしてストレスが便秘の原因になるのでしょう?

心の問題であると考えられているストレスが、何故、便秘を引き起こしてしまうのか、それは、心と体が密接につながっていることに関係しています。

*心は体とつながっています!

気持ちと体は密接に関係しています。
緊張すると手に汗をかいたり、くよくよ心配ばかりしていると胃が痛くなったり、悲しいと涙が出る等々。
実は、心の動きは体にも影響を及ぼします!

ストレスによる自律神経の乱れ

私たちは、自分の意思で腸の働きをコントロールすることはできません。腸の働きは、自律神経によってコントロールされています。

しかし、強いストレス下に置かれると自律神経のバランスが崩れ、腸の働きをうまくコントロールできなくなります。そうすると、腸の大事な機能である蠕動運動が低下したり、消化に必要なホルモンの分泌が不十分になったりして、それが便秘を引き起こす原因になります。
ストレスが便秘の原因と言われるのは、こういう理由があるからです。

*自律神経って何?

自律神経という言葉はよく聞かれますが、その意味を問われるとなかなか正確に答えられる人は少ないかもしれません。

自律神経とは、呼吸器官、循環器官、消化器官など生命の維持に関わる体のあらゆる働きをコントロールしている神経です。私たちが寝ている間も、呼吸がなされ、心臓が血を全身に送り出しているのは、自律神経のおかげです。

胃腸の消化吸収活動も自律神経が司っています。

自律神経が乱れるってどういう意味?

自律神経は、交感神経と副交感神経のふたつの神経から構成されています。このふたつの神経は、まったく逆の働きをするのですが、これらが交互に切り替わることで、体は緊張状態と弛緩状態のバランスをとり、様々な器官をうまく機能させています。

活動モードの交感神経と、休息モードの副交感神経、どちらも、人間の体が正常に機能するためには必要です。しかし、自律神経が乱れると、交感神経と副交感神経も切り替えがスムーズに行われなくなってしまいます。ストレスを抱えた状態というのは、緊張状態にあり、交感神経が優位になりすぎる傾向にあります。つまり、副交感神経が十分に機能していない状態と言えます。

腸の活動には副交感神経が重要

運動や勉強、仕事などをしている時には、活動モードの交感神経が優位に働いています。活動モードの交感神経が優位であれば、腸の活動も活発になるように思われるかもしれませんが、実は、そうではありません。

腸の活動が一番活発になるのは、実は、眠っている間です。人は眠っている間、休息モードに入り、副交感神経が優位になります。そして、この副交感神経こそが、腸の活動を活発にしてくれるのです。ですので、ストレスによって交感神経が優位になると、腸の活動は逆に停滞してしまいます。そうなると、腸の蠕動運動が不十分になり、弛緩性便秘をおこしてしまうことになります。

また、交感神経が優位になりすぎた場合には、大腸が優位に働かないだけでなく、過剰なストレスから腸が収縮したり、痙攣をおこしてしまったりすることすらあります。このような腸の痙攣が原因で起こる便秘は、痙攣性便秘と言われます。

交感神経  活動モード

活発になる時:主に昼間。仕事や、勉強、運動、家事などの活動をしている時。緊張している時。ストレスを感じている時。
体の状態:筋肉は緊張している。血管は収縮。心拍数は増える。素早い反応ができる状態。
胃腸との関係:食欲や腸の動きは抑えられる。

副交感神経  休息モード

活発になる時: 主に夜。眠っている時がピーク。それ以外では、入浴中や、食事中、マッサージを受けている時。ゆったりとリラックスしている時。
体の状態: 疲労の回復が施され、新陳代謝も活発になる。筋肉は緩む。血管は広がる。心拍数は落ち着いている。
胃腸との関係:胃腸の活動が活発になる。食欲がわき、腸の活動も活発になる。消化・吸収の作業が行われる。

先輩ママに聞きました!妊娠中のストレス解消法!

妊娠のイライラや、不安感などは誰もが感じるものですが、ストレスを溜め込むと健康によくありません。ストレスを上手に解消していきたいものですね。そこで、悩み多き妊娠中の女性のために、妊娠~出産経験者の先輩ママたちに、妊娠中のストレスの乗り越え方を聞きました。

やっぱり、一番のストレス発散は、友達とのおしゃべりです。妊娠仲間だと、同じような思いをシェアできるし、 出産経験者の友達は共感できるアドバイスをしてくれたり、うんうんって愚痴を聞いたりしてくれる。自分で抱えていると、どんどん不安って大きくなるから、共感してくれて話をきいてくれる友達って本当にありがたかったですよ。(Mさん 31歳 1歳児と4歳児の母)

お医者さんに安静にしてくださいと言われて、ほとんど外に出られない期間があったんですが、家でじっとしていても、不安になるばっかだし、でも外出できないし。で、どうしかたかっていうと、映画やドラマが大好きな私は、明るいラブコメを中心に映画&ドラマ三昧の日々を送りました。思わず吹き出しちゃうくらい面白いものがおすすめ。ストーリーに集中していると、気分も切り替わりやすいですよ?。ほんと、おすすめ。(Rさん 25歳 8ヶ月児の母)

つわりの時は、ほーんとに大変。うちは、夫と普段から結構ガンガン口論することが多かったんですが、あの時期は特にひどかったかも。でも、思ったこと言っちゃったほうが後々根に持たなくて済むし。大声出すと、私、すっきりするタイプなもので。(Kさん 37歳 2歳児、5歳児、9歳児の母)

妊娠してから始めたのですが、マタニティヨガ、最高です。妊娠友達もできて、ヨガでちょっと体がすっきりした後、みんなでお茶しながらおしゃべりの時間も楽しかったよ。家でじっとしていた時より、すごく気持ちが軽くなりましたよ。出産後もママとベビーと一緒に参加するヨガで、リフレッシュしています。(Yさん 28歳 3ヶ月児の母)

妊娠していると、あれだめ、これだめって言われるでしょ。でも、それでストレスためるぐらいなら、我慢することないと思うんですよね。体重はちょっと気になったけど、ストレスたまりそうになったら、近くのお気に入りの美味しいケーキを食べていました。頑張っている私とお腹の中の赤ちゃんへのごほうびにって。毎日はよくないと思うけど、たまにだったら、好きなもの食べてもいいと思うな。(Mさん 34歳 2歳児の母)

私の場合は、よく泣いてましたね。なんだろう、なんとなく急に悲しくなっちゃうんですよね。そういう時は、もう、我慢しない。とことん泣きます。声出してわ~んって泣きます。泣いて、泣いて、さんざん泣くと不思議なもので、気持ちが自然に切り替わっているんですよね。号泣してすっきり。それもありだと思いませんか。(Fさん 26歳 1歳児の母)

妊娠中は便秘がひどくなってしまって、出ないことがすごくストレスとなっていました!もともと便秘気味で、辛い時には下剤飲んで出していたのですが、妊娠中は下剤を飲むのも良くないと思って、我慢して、どうにか自然に…でも出ない。どうやらそういうストレスも便秘の原因になっていたようで、悪循環に陥っていました。妊婦検診の時に医師に相談して、妊婦でも飲める下剤を出してもらってスッキリ。気持ちも軽やかになりました!!(Aさん 33歳 6ヶ月児の母)

妊娠のストレスを乗り切った先輩ママのストレス解消法は、いかがでしたか?

みんな、同じように悩んでいたんです。でも、過ぎてしまえば、笑い話やいい思い出になっちゃうもの。妊娠のストレスを完璧に解消することは難しいけれども、先輩の声を参考に、ストレスを少しでも軽減していきましょう。

まとめ

妊娠中のストレスは、多かれ少なかれ、ほとんどの妊婦が体験していること。妊娠中の女性の体の変化や、精神的プレッシャーは、なくそうと思ってなくせるものではありません。

けれども、強いストレスを抱えたままでは、自律神経が乱れ、その結果、便秘を引き起こすなど、新たな体調不良をおこすことになるので、要注意。完全に妊婦のストレスを排除することは不可能でも、少しでもストレスを軽減していくように、自分なりに工夫することは大切です。

また、普段から、腸内環境を整えることは、妊婦の便秘の予防、解消に役立ちます。少々のストレスでは便秘にならない、健康な腸を維持していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.