スポンサーリンク

妊娠すると体臭・口臭はきつくなる? その原因は実は便秘!?


妊娠してから体臭や口臭がきつくなって困ってはいませんか?

もしかしたら、その体臭や口臭の悪化は、便秘が原因かもしれません。妊娠すると便秘に悩まされる女性が多いのですが、便秘は腹痛やお腹の張り以外にも様々な弊害をもたらします。その一つが、体臭や口臭がきつくなること。

そこで、今回は、便秘が原因の妊婦の体臭・口臭の原因や対処法についてまとめてみました。

妊婦の体臭や口臭が臭くなるのは、便秘のせい?

妊娠してから体臭がきつくなった、口臭が気になるという方、その原因は、もしかしたら便秘かもしれません。

妊娠すると、様々な理由から、便秘になりやすくなります。妊娠中は、便秘が慢性化しやすく、便秘を悪化させる女性が多く、便秘による様々な弊害が出てきます。口臭や体臭がひどくなるのも、実は便秘が深く関わっている可能性があるのです。

体験談1 子どもに「ママ、お口、くさい」と言われて愕然


28歳 Jさん今、二人目を妊娠中。4歳になる娘がいます。

最近、私と娘の間で流行っている遊びは、内緒遊びごっこ。たわいのないことを、耳もとでただ、こしょこしょ話すだけなんですが、この間、娘に「ママ、お口、くさいよ」と、言われてしまいました。自分では気づいてなかったので、ショックでした。

ただ、妊娠中は虫歯になりやすく、口臭が悪化するという話も聞いたことがあったので、歯磨きをこまめにするようにしました。しっかり歯磨きしたので、娘に、「ほら、歯磨きしてすっきりだよ?」とハーしました。ところが、「ママ、オナラくさいよ?」と言われてしまう始末。

ハッとしました。そういえば、最近、1週間以上も便秘気味でした。便秘で口臭が悪化するとは、驚きでしたが、たかが便秘と放置していたことを反省しました。

体験談2 会社で自分の体臭が気になってしまう

25歳 Hさん

会社で事務員をしています。妊娠4ヶ月ですが、出産後も仕事は続けたいので、産休までぎりぎり働くつもりです。ただ、最近、同僚の仲のよい子に「言いにくいんだけど、最近、体臭がきつくなってない?」と言われてしまって、それ以来、すごく気になってしまって。
毎日、お風呂に入って、服も取り替えているのにと悩みました。

妊娠すると体臭が変わるのかなと思って、ネットで調べたら、便秘が悪化すると、体臭が便のような臭いになると出ていて、衝撃が大きかったです。

そういえば、妊娠してから便秘気味でした。私の場合、ガスがすごくたまるタイプの便秘なのか、お腹が常に張った感じがします。そういえば、時々お通じの時にでるオナラも便もすごく臭いがきつくなっているのは感じていました。なので、会社のトイレでは、臭いが残るのがいやで、便意があっても我慢していましたが、それがかえって便秘を悪化させてしまったのかもしれません。

体験談3 主人に体臭を指摘された私

32歳 Rさん

初めての妊娠ですが、つわりも1ヶ月半ほどで収まり、順調なマタニティライフを送っています。ただ、一つ、便秘なのを除いてですが。

妊娠前は、毎日快適に便通があったので、3日出ないだけでも、私にとってはかなり不快です。便秘のせいか最近は吹き出物も出てきて、最悪と思っていたら、それ以上に落ち込むことがありました。

それは、主人に布団がなんだか臭うと言われたことです。妊娠してから汗をよくかくようになって、そのせいかもしれないと、ベッドシーツをこまめに洗うようにしました。でも、それでも、やっぱり臭いというのです。実家の母がたまたま遊びに来てたので、そのことを話したら、「それ、あんたの臭いじゃない?」と言われて愕然。

「便秘がひどくなると、体臭がきつくなるんだよ。オリゴ糖をとりなさい」とのこと。母は年齢とともに便秘体質になってしまってオリゴ糖をとることで便秘解消をしていたのです。そのおかげで私の便秘も解消、その後、主人も臭いについては何も言わなかったので、やっぱり、あれは、便秘のせいだったのかなあと思っています。

最近は、スメルハラスメントと言われ、社会的にも口臭や体臭は問題となっています。

スメルハラスメントも様々で、足の臭いや、ワキガ、加齢臭や、ニンニク臭などがすぐに思い浮かびますが、便秘による口臭や体臭の悪化もその一つ。

妊娠すると、便秘に悩む女性が多いこともあり、妊婦にとっては他人事ではない問題ですね。

便秘が体臭や口臭を悪化させる理由

慢性化した便秘は体臭や口臭を悪化させる原因になっているといいます。でも、なぜ、便秘になると、体臭や口臭が臭くなるのでしょうか?

便秘になると、腸内に悪臭ガスが発生する

便秘になると、おならが臭くなるという体験をしたことがある人は多いことと思います。
おならは腸内の空気が肛門から排出されるものですが、腸内環境が整っている状態のおならは、ほとんど無臭です。
しかし、便秘の時には、おならも臭くなってしまいます。

おならの成分

1. 食べ物を食べた時に口から一緒に入る空気  70%
2. 体内を循環する血液の中のガスが腸内に出たもの 20%
3. 腸内の食べ物を消化・吸収する時に発生するガス 10%

おならを構成するのは、上記の3つになります。

悪臭の原因になるのは、3つめの腸内の食べ物を消化・吸収する時に発生するガスです。善玉菌が優勢で正常に機能している腸では、食べ物から発生するガスはほとんど無臭です。それが悪臭を放つようになるのは、腸内で悪玉菌が優勢になっていることを示しています。

暴飲暴食した翌日に臭いおならが出ることはよくあることです。これは、腸内で十分に消化しきれなかった食べ物が悪玉菌によって悪臭のガスを発生させるからです。このように腸内環境のバランスが崩れ、悪玉菌が優勢になると、腸内のガスは悪臭を放つようになるのです。

便秘が慢性化している腸内では、腸内に必要以上の長い時間にわたって、便が停滞しています。腸内に留まった便は、腐敗し、悪玉菌を増やし、有害物質や悪臭ガスを発生させる原因になります。

便秘が体臭を悪化させるわけ

腸内に溜まったガスは、普通、おならとして、肛門から外へ排出されます。しかし、便秘で腸内に便がつまった状態にあると、本来排出されるべき有害物質や悪臭ガスは出口を失ってしまいます。

そのように腸内に停滞してしまった有害物質や悪臭ガスは、どうなるのでしょうか?

それらは、腸壁から吸収され、血液と一緒に、体全体に送られることになります。その一部は、肝臓で解毒されますが、残りは、汗や皮脂と一緒に皮膚を通して体外に排出されることになります。この時に悪臭ガスも一緒に外に排出されることになり、それが体臭が臭くなる原因となっているのです。そして、便の腐敗で発生したこの悪臭ガスのにおいは、おならや便に近いものがあり、うんち臭い体臭となり、周りに知らず知らずのうちに不快感を与えてしまうことになるのです。

においつわりで敏感になりすぎている可能性も

以上みてきたように、妊婦の便秘は体臭の悪化を招きますが、常に、体臭=便秘というわけでもありません。妊娠中は普段以上に、汗をかきやすくなるという女性も多くいます。大量の汗は体臭の悪化を招きます。

また、妊娠初期はつわりに苦しむ女性が多いのですが、中には、においに敏感になりすぎるにおいつわりになる妊婦もいます。においつわりになると、以前はなんでもないにおいが臭く感じられることもあるのです。その場合は、つわりがおさまると同時に、においに対してもきにならなくなるものです。

便秘が口臭を悪化させるわけ

体臭の悪化と同じようなことが、口臭の悪化にも言えます。便秘によって腸内に発生した有毒物質や、悪臭ガスは、血流に乗って、肺にも運ばれていきます。それが、肺の呼気とともに、排出されるために、口臭が臭くなるのです。

この時も便臭のような臭いが口から排出されることになります。口からうんちのような臭いが出ているなんて、ぞっとしますが、不思議と、口臭は、本人には気づきにくいものなのです。

妊婦の口臭がきつくなる別の原因

慢性的な便秘は妊婦の口臭をきつくする原因の一つですが、口臭=便秘とは限りません。

妊婦の場合は、口内環境の悪化が原因であることもあり得ます。というのも、妊娠すると、唾液はアルカリ性から酸性へと変化するからです。酸性となった口内では、虫歯になりやすく、細菌が繁殖しやすい環境となります。また、初期によくおこるつわりのせいで、歯磨きが気持ち悪くてできないという女性もいます。そのために、虫歯や口内細菌の繁殖をおこし、口臭が悪化することもあります。

ただ、このような原因の口臭の悪化は、便臭とは違った独特の腐敗臭がするものです。また、こまめなうがいや、歯磨きである程度の改善が可能になります。

口臭予防ガムやボディスプレーは効果ある?

女性にとって、匂いは非常に気になるものです。なんとか口臭や体臭を予防したいという気持ちはわかります。そして、世の中には、様々なデオドラント商品や、口臭予防の商品があふれかえっています。

消臭効果の上、よい香りをつけてくれる洗剤、 ボディーコロンに、香水など。けれども、安易にこのような香りに頼るのは危険です。悪臭を放置したままこのような香りをつけると、両者が混じって、さらに凄まじいものになる可能性もあるのです。また、そうでなくても匂いに敏感な妊婦さんにとって、さらなる香りをつけることは、気分の悪さを悪化させることにもなりかねません。

口臭予防にしても、どんなに歯磨きしても、口臭予防ガムを噛んでも、悪臭のもとを立たない限り、意味がありません。口内の衛生が問題で口臭を引き起こしているわけではないので、根本にある便秘を放置したままでは、いずれにしてもその場しのぎにすぎません。

便秘以外にも体臭や口臭を悪化させる原因はある

妊婦すると、便秘に悩む女性が多いことから、妊婦の体臭や口臭の原因が、便秘である可能性は高くなります。でも、便秘以外にも体臭や口臭を悪化させる病気もあります。

便秘の場合の体臭や口臭の特徴は、便臭がするということ。それ以外の匂いの場合は、別の病気の可能性もあります。妊娠中は、免疫が低下しやすく、細菌性の病気にかかりやすくなります。妊娠の継続のためにも、おかしいなと思ったら、すぐに産婦人科に相談しましょう。

便秘以外で体臭を悪化する代表的な病気

体臭を悪化させる病気には様々なものがありますが、ここでは、よく見られる疾患をご紹介します。

糖尿病

糖尿某になると、ケトン体という物質が体内で発生します。その物質のせいで、甘酸っぱい体臭がするようになります。

腎機能の低下

腎機能が低下する腎臓系の疾患にかかると尿が出にくくなります。そのために、本来排出されるべき毒度が体内に残り、体臭がおしっこ臭くなります。

肝機能の低下

肝臓は、本来、体の毒素を分解する働きを持ちます。その肝臓が弱り、肝機能が低下すると、体内の毒素を十分に分解しきれず、それが血液とともに体内を巡るために、体臭がカビのような匂いになります。

胃炎、十二指腸炎

胃腸の疾患にかかると、消化機能が十分に作用せず、食べ物が体内において発酵し、卵の腐ったような匂いの物質が発生します。それが血液に乗って、全身をめぐることで、卵の腐敗臭のような体臭となります。

便秘以外で口臭を悪化する代表的な病気

口臭を悪化させるのは、何も便秘だけではありません。便臭以外の口臭がしたら、何か別の疾患の可能性もありますので、注意が必要です。

舌苔

舌苔とは、舌の上についている苔状の付着物で、白や黄色、黒色をしていることもあります。健康な人でもある程度の舌苔はついているものですが、免疫が低下したりすると過剰になり、それが悪臭を放つようになります。

膿栓

喉の扁桃腺の穴に詰まった白い米粒大の物質のことです。膿栓は、細菌の死骸などが固まってできるのですが、それが臭いの原因です。
喉に違和感があり、残飯のような口臭がしたら、膿栓の可能性が高いです。

蓄膿症

副鼻空に炎症がおきて、膿がたまってしまう疾患のことです。その膿から臭いが発生して悪臭を感じやすくなります。また、鼻がつまっていることが多くなるために、呼吸は自然と口呼吸となります。そのため、口内が慢性的に乾燥し、口臭をひきおこしやすくなります。

上記以外にも体臭、口臭が悪化する疾患は数多くあります。

便秘による体臭、口臭は便の臭いに近いものですが、それ以外で悪臭を感じる場合は、別の疾患の可能性が高いですので、早めに産婦人科に相談するようにしましょう。

妊婦の便秘が原因の体臭・口臭の解消法

便秘が原因の妊婦の体臭・口臭の解消方法については、まずは便秘を解消することです。便秘を解消しないまま、防臭対策をしても、一時的なものにすぎず、根本的解決にはなりません。

ただ、便秘にはいろいろな種類があり、その原因も解消方法も様々です。妊婦の便秘の原因としては、下記のようなものが考えられますので、まずはご自分の便秘の原因を探ってみましょう。

ご自分の便秘の原因はわかりましたか?
妊娠中は対処可能なこと、不可能なこともあるとは、思いますが、できるだけ生活習慣を整えて、便秘の改善に努めましょう。

まとめ

妊婦の体臭や口臭がきつくなる原因のひとつに便秘が考えられます。

妊娠すると、様々な条件が重なって便秘が悪化したり、便秘に無縁だった女性も便秘になりやすくなるものです。便秘の状態の腸内は、悪玉菌が優勢となり、有害物質や悪臭のガスが発生しやすくなります。便秘により出口を失ったそれらの物質が、血液に乗って、体中をめぐり、汗や呼気とともに体外に排出されることで、体臭や口臭が臭くなるのです。

便秘が原因の体臭・口臭の悪化の改善には何よりも便秘の解消が必要です。ただ、妊娠中の女性は、ホルモンの変化や、つわり、子宮による腸への圧迫など、妊娠を継続する限り改善しようのない問題もあります。

また、妊娠中は、便秘薬などの刺激を控えたいと考える女性も多くいます。それゆえに、普段から腸内環境を整え、便秘になりにくい体質づくりが大切といえます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.