スポンサーリンク

妊娠中の器質性便秘には、早急な対処が必要


便秘になる原因で最も多いのは、生活習慣の乱れです。でも、中には別の病気が原因となって起こる器質性便秘の場合もありえます。

妊娠中の女性の場合、別の病気にかかることは、妊娠の継続にも関係する深刻な問題です。ですから、器質性便秘の可能性がある場合には、すぐに医師に相談することが大切です。

今回は、様々な便秘の中でも、妊婦にとって危険な器質性便秘について、詳しくみていきましょう。

妊婦の便秘の種類 器質性便秘(きべんせいべんぴ)

便秘には、様々な種類があります。大きくは、器質性便秘と機能性便秘の二つに分けられます。機能性便秘とは、主に生活習慣の乱れが原因で腸の機能が低下して起こる便秘です。一方の器質性便秘とは、別の疾患が腸に影響を与えることで起こる便秘です。

機能性便秘とは

普通、便秘と言われるのは、機能性便秘と呼ばれるものです。機能性便秘は一過性便秘と習慣性便秘の大きく2種類あります。さらに、習慣性便秘は、弛緩性便秘痙攣性便秘直腸性便秘の3つに分けられます。

機能性便秘の原因は、環境の変化や、生活習慣や食習慣の乱れによって、腸の機能が低下したり、異常を起こしたりすることにあります。そのため、日常生活の改善が、便秘の解消につながることが多くあります。

器質性便秘とは

器質性便秘は、大腸や小腸、肛門や腸のまわりの臓器に病気があり、それが影響して、腸に物理的な障害を起こすことから発症する便秘です。その原因には、別の疾患が関係しており、便秘の解消には、そのおおもとの疾患の治療が必要です。生活習慣の乱れが原因ではないので、生活を改善するだけでは、対処できません。

便秘を引き起こす原因となっている病気の治療をすることが必要ですが、妊娠中の女性の場合、妊娠を優先させるか、治療を優先させるか、病気の種類や、病気の進行具合によって判断する必要が出てくる場合もあります。また、疾患によっては、流産や早産のリスクが高まる場合もあります。

そのため、器質性便秘が疑われる場合は、すぐに病院で診察を受け、医師に相談する必要が出てきます。

器質性便秘の症状

器質性便秘は、生活習慣が原因の機能性便秘と違って、便秘以外の症状が一緒にあらわれることがよくあります。
以下のような症状が便秘とともにあらわれた場合は、器質性便秘である可能性が高いと言われます。

  • 激しい腹痛
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 発熱
  • 便に血が混じる
  • 便に粘液が混じる
  • 下腹部のしこり
  • 腹部の異常なふくらみ
  • 便秘と下痢を繰り返す

上記のような症状を伴う便秘の場合、器質性便秘の疑いがあります。器質性便秘の解消には、その原因となっている疾患の特定とその治療が必要となってきます。

妊娠中の女性の場合は、少しでも気になったら、すぐに担当医に相談することをおすすめします。

妊婦によく見られる器質性便秘の原因となる疾患とその症状

生活習慣の乱れから起こる機能性便秘と違い、器質性便秘は放っておくと命にもかかわる危険な病気がその背景にあるケースもあります。器質性便秘を引き起こす病気はたくさんあるのですが、ここでは、妊婦によく見られる疾患とその症状をご紹介していきます。

思い当たる症状がある場合には、すぐに医師の診断を受けてましょう。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は、腸の知覚過敏とも言われます。

内視鏡、レントゲンや、便の検査をしても、異常が発見できないにもかかわらず、便秘や下痢を繰り返すという症状が続く病気です。
検査しても腸の形状的な異常が何も発見されないのにもかかわらず、症状が継続するのが特徴で、はっきりとした原因が特定されていません。

ただ、ストレスが強くかかった場合に、症状が悪化することから、ストレスが大きな原因になっているのではないかという意見もあります。
そして、下痢型、便秘型、下痢と便秘を繰り返す混合型の3つのタイプがあります。過敏性腸症候群には、3タイプありますが、妊婦に多いのは、便秘型と言われています。便秘型の場合は、排便が週に3回以下、排便するためには、強くいきむ必要があります。

妊娠中の女性の場合、おもいっきりいきむことができず、さらに便秘を悪化させる可能性もあります。排便には、腹痛を伴い、便はコロコロとした便で、残便感があります。

症状

  • 数ヶ月にわたって下痢を繰り返している
  • 数ヶ月にわたって便秘が続いている
  • 下痢と便秘が交互におこる
  • トイレに駆け込むような急な下痢になることがある
  • お腹が張る
  • 腹痛がたびたび起こる
  • 排便すると腹痛が収まる
  • 排便後に残便感を感じる
  • 就寝中は腹痛が起こらない
  • ガスが出やすい
  • お腹がぐるぐると鳴る
  • 吐き気や嘔吐
  • 食欲不振

対策

検査では何の異常も見られない疾患で、原因がはっきりと特定されていないために、絶対的な対処法はみつかっていません。ただ、ストレスが原因のひとつであることは、多くの医師も認めていますので、ストレスを軽減していくよう気をつけることは大切です。妊娠中の女性の場合は、体の変化、ホルモンの変化や、精神的なプレッシャーで強いストレスを感じることも多いとは思います。でも、ストレスは、過敏性腸症候群をはじめ、様々な病気の原因になります。

便秘がひどいようなら担当の産婦人科の医師に相談してみましょう。また、出産経験のある友人や、妊娠中の友人に相談したり、たまには気晴らしにおでかけしたりして、上手に気分転換をはかっていきたいものです。

自律神経失調症

体の機能をコントロールしている自律神経が乱れることで、様々な器官の機能が正常に働かなくなる病気です。自律神経は、強いストレスによって、バランスを崩しやすいのですが、その状態が慢性化すると、自律神経失調症になってしまいます。

胃腸の活動も自律神経によってコントロールされているために、自律神経失調症にかかると、胃腸が正常に働かなくなり、便秘になる女性も多く見られます。妊婦の場合は、妊娠による、体の変化や、ホルモンのバランスの変化、出産に対するプレッシャーなどストレス要因をたくさん抱えているために、自律神経のバランスを崩しやすくなっています。

症状

  • 全身の倦怠感
  • 不眠
  • 便秘
  • 下痢
  • 頭痛
  • めまい
  • 手足がしびれる
  • 無気力
  • 外に出るのが怖い
  • 憂鬱になる
  • 不安
  • イライラ

対策

妊娠初期のつわりの時期にも、自律神経失調症ににた症状を起こしますので、自律神経失調症に気づかないまま、辛い時間を過ごしてしまう妊婦さんも見られます。また、自律神経失調症は、悪化すると、便秘以外にも様々な症状を引き起こしますし、うつなどの精神的な疾患のひきがねにもなりかねません。上記の症状に心あたりがある場合は、早めに担当医に相談してみましょう。妊娠中でも服用可能な薬もあります。
また、ストレスが大きな原因ですので、過敏性腸症候群の対策でも触れたように、妊婦さん自身が、自分にあったストレス解消の方法を見つけていくことも大切です。

大腸ポリープ

大腸ポリープとは、大腸の粘膜の一部がこぶのような形に隆起したもののことを言います。腸内にポリープができることで、便がスムーズに腸内を移動することが困難になるために、便秘が引き起こされます。

大腸ポリープには、腫瘍性ポリープと、非腫瘍性ポリープの2種類があります。腫瘍性ポリープは良性と悪性の場合があるのですが、約8割は良性と言われています。ただし、良性のものでも、放っておくとがん化する可能性がありますので、切除することがほとんどです。また、大腸ポリープは、初期症状がほとんどないために、気が付かないうちに悪化させてしまうことがよくあります。

症状

  • 血便
  • 便秘
  • 下痢
  • 腹痛

対策

初期にはほとんど症状が見られません。血便が出てから、病院で検査をして気づくという方がほとんどです。妊娠中の場合は、大腸ポリープの疑いがあっても、悪性の可能性が低い場合は、内視鏡検査は出産後になることも多いようです。ですので、あまり神経神経にならずに、血便が見られた場合は、すみやかに担当の医師に相談してみましょう。

大腸がん

大腸がんは、男女ともに罹患率の高いがんです。女性においては、乳がんや子宮がんよりも多く、がんの死亡原因のトップとなっているほどです。大腸とは、盲腸からはじまり、結腸、直腸、肛門までの腸管のことですが、その中の結腸と直腸にできる悪性の腫瘍を大腸がんと言います。大腸ポリープ同様に初期の段階では、自覚症状がほとんどありません。

症状

  • 血便
  • 肛門からの出血
  • 便秘
  • 便秘と下痢を繰り返す
  • 便が細くなる
  • 腹痛
  • 残便感がある
  • お腹が張る

対策

大腸がんの症状で最も多いのは、排便時の出血です。血便が出る場合、血だけが出る場合、排便後にトイレットペーパーで拭いた時に血がついているなどの場合があります。とにかく、出血に気がついたら、すぐに医師に相談しましょう。大腸がんの進行状況次第では、妊娠の継続が難しい場合もあります。

子宮筋腫

女性特有の病気の中でも、特に罹患率が高いのが子宮筋腫です。子宮に良性の腫瘍ができる病気です。昔は、40代以上の女性に多かったのですが、最近では、20代、30代の女性のでも子宮筋腫になる人が増えています。

中には、 妊娠時の検査で初めて子宮筋腫があることがわかったという女性もいます。筋腫が小さい時には、自覚症状がほとんどないので気がつかない人も多いのです。子宮筋腫は小さいうちは、特に大きな問題は起こしませんが、大きくなると、まわりの臓器を圧迫し、頻尿になったり、便秘を引き起こしたりします。

症状

  • 月経痛
  • 月経時の出血量が極端に増える
  • 月経期間が1週間以上ある
  • 月経の周期が短くなる
  • 不正出血
  • 貧血
  • 頻尿
  • 便秘
  • 腰痛
  • 妊娠しにくい
  • 流産しやすい

対処

妊娠時に子宮筋腫が発見されても、よほど、大きな筋腫でない限り、経過を見ながらの妊娠継続になることがほとんどです。ただ、子宮筋腫の場所や、大きさなどによっては、手術が必要な場合も出てきますので、治療方法については、医師とよく相談する必要があります。また、手術が必要でない場合でも、子宮筋腫を抱えたままの妊娠は、そうでない場合に比べて、流産、早産などの確率が多少高くなりますので、安静に過ごした方がよいでしょう。

子宮筋腫があると妊娠しにくいと言われていますので、次の妊娠を考えている場合は、出産後、子宮筋腫をしっかりと治療することが必要になってくるでしょう。

卵巣のう腫

卵巣にできる腫瘍のことを卵巣のう腫と言います。腫瘍には、良性のもの、悪性のものがありますが、妊娠中に発見される場合は、ほとんどが良性と言われます。ただ、のう腫が大きくなると、卵巣管が回転して激痛を引き起こす場合もあります。これは、茎捻転と呼ばれており、最悪の場合、卵巣が壊死する可能性もあります。また、大きくなりすぎたのう腫が破裂することもあります。そして、のう腫が大きくなりすぎると他の臓器を圧迫するため、腸も圧迫されて、便秘になることもあるようです。

症状

  • 不正出血
  • 頻尿
  • 便秘
  • 下腹部痛
  • お腹の張り

対処

初期の段階では、自覚症状はほとんどありません。そのために、妊娠してから気づいたという女性も多くいます。小さいのう腫の場合は、経過観察になることがほとんどで、妊娠の継続、出産は可能です。ただ、のう腫の大きさや症状によっては、妊娠中でも手術を行う場合があります。その場合でも、手術は、胎児に影響が少ない時期を選んで行われます。

子宮内膜症

子宮内膜症とは、子宮内膜組織が子宮内腔以外の場所で、増殖を起こす病気です。月経の回数が増える度に進行し、月経時に強い痛みを引き起こします。また、ひどくなると、卵巣や、卵管、腸、腹膜と癒着することもあります。腸と癒着を起こした場合は、それが原因で便秘を引き起こすこともあります。子宮内膜症の原因は、現在でも、はっきりとはわかっていませんが、近年に入って急激に増えたことから、女性のライフスタイルの変化が影響していると考えられています。

症状

  • 月経時の腹痛
  • 月経時以外の時の下腹部痛
  • 出血量が増える
  • 腰痛
  • 便秘
  • 排便痛
  • 排尿痛
  • 性行痛

対処

妊娠時の検診で、子宮内膜症と言われる女性もいます。子宮内膜症になると妊娠にしにくいと言われていますが、全ての人が妊娠できないわけではありません。ですから、子宮内膜症があっても妊娠する女性もいるのです。

妊娠中は、子宮内膜症の進行は止まると言われています。そのため、妊娠中に子宮内膜症が見つかった場合でも、普通、赤ちゃんへの影響はほとんどないといっていいでしょう。ただ、症状がかなり悪化していて、下腹部や骨盤に癒着が起きている場合など、治療が必要になることもありますので、医師と十分に相談することが必要になります。

また、妊娠中は、進行が止まったとしても、子宮内膜症が治ったわけではありません。出産後、再び月経が始まると、再び症状が出てくるので、産後にしっかり治療を行うことが必要です。

まとめ

器質性便秘は、生活習慣の乱れが原因の器質性便秘と違って、原因となっている疾患の治療をしない限り、便秘が解消されません。また、妊娠中の女性の器質性便秘は、妊娠の継続や出産に多少なりとも影響を及ぼす疾患が隠れている場合も多くあります。

流産や早産のリスクが高まることも多いため、医師と相談しながら、こまめに経過を観察する必要が出てきます。便秘とともに、出血や、血便、激しい腹痛が見られる場合は、器質性便秘の可能性がありますので、早めに医師の診察を受けることが重要です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.