スポンサーリンク


妊娠初期から中期頃までは喜びでいっぱいで、出産後の赤ちゃんの準備などが楽しくて楽しくて、シミが出来ていることになんてまったく気が付きませんでした。

妊娠後期に入り少し落ち着いて太ったなぁとか、まだ妊娠線は出てないなぁと自分の身体をチェックをしていたら、シミに気がついてしまいました。

妊娠前よりも、顔のシミが完璧に濃くなり数も増えてました。よーく見ると顔だけではなく、二の腕などにもぼんやりした黒ずみまでも発見してしまいました。妊娠によるホルモンバランスのみだれで、シミが濃くなるのは知っていましたが、やはりショックでした。

学生の時から日焼けを放置していましたがこんなにもはっきりシミを確認したことはありません。しかも腕にも。

体型は産後なんとかなるにしろ、このシミは長い付き合いになりそうだ、と悪い予感が頭をよぎったのを思い出します。

妊娠中のトラブル:シミ
週数:38週

シミを解消するのに有効なこと


とりあえず、普段のメイクはコンシーラーでチョンチョンとごまかして、問題は二の腕の黒ずみでした。

お風呂に入る時などに糠をガーゼに包み洗うと薄くなると聞いてやってみましたが、効果は微妙。ビタミンを意識して取るようにしましたがこれも微妙。やっぱり美白化粧品だ!と思い、数種類試してみた結果、あっなんとなく薄くなってる様な気がする…と思ったのは産後半年過ぎたくらいの時期でした。

なんのことはないホルモンバランスが少し落ち着いて、それと同時にシミも薄くなってきたようです。たしか体重も減ってきて、食事も睡眠も規則正しく取れるようになってきたときでしたので納得です。

ただシミは、妊娠前よりは残ってしまいました。

妊娠期間を振り返って

妊娠初期はなにかと心配ばかりしていました。赤ちゃんが元気に生まれてくるか、目も耳も大丈夫かなと勝手にいろいろと想像して悲しくなることもありました。

落ち着いてくると今度は期待でワクワクすることばかり。小さな赤ちゃんサイズのものはすべて買い占めたいくらいの勢いでした。

双子じゃないのに双子のバギーカーまでほしくなったくらいです。

※当サイトに寄せられた個人の経験談を掲載しています。


妊娠すると、あらゆるトラブルが発症しがちです。
そこで、妊娠中に先輩ママが経験したトラブルについてまとめました。

つわりや腰痛など多くの妊婦さんが経験する妊娠中のマイナートラブルから、甲状腺機能亢進症や臍帯巻絡、キプラズマ感染などの治療が必要なトラブルまで86症例集めました。
☆他の妊娠トラブル経験談も見てみる☆

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



スポンサーリンク