応援ナースとして必要な資格は何でしょうか?

沖縄で応援ナースとして働いた経験談と思い出
応援ナースになるための必要な資格についてです。

・看護師資格
・1年以上の病院勤務経験

この2つは絶対に必要な条件でした。
ただし、基本的に人手が足りない施設に応援に行くわけですから、即戦力ということになります。
そのために、看護師として1年以上の病院勤務経験があっても、即戦力で動けない方は非常に難しいと思います。

例え採用されたとしても、実際に赴任してから辛い現実が待ち受けていると思います。
応援ナースが高収入であることの理由も、即戦力で働けるから、ということを忘れてはいけませんね。

そのため、即戦力で働けること以外にも、
「看護師として職業意識が高く協調性がある方」
「当初の応募期間を厳守できる方」

という条件もプラスされています。

見知らぬ土地・施設に行き、即戦力で期間限定で働く訳ですから、一日でも早くその環境に慣れ、現地スタッフや先輩の応援ナースと一緒に働かなければいけません。

そのためには、看護師としての職業意識を高く持ち、チームワークで働くための協調性が必要となりますね。
それから、期間限限定の訳ですから、応募期間の厳守は当たり前ですね。
赴任先の施設が気に入らないから、と1,2ヶ月で辞めてしまうなんて絶対にできません。
無責任すぎますよね。
と厳しいことを並べてしまい、結構プレッシャーに感じてしまうかもしれませんが、きちんとした職務経験があれば、きっと大丈夫だと思います!

沖縄で応援ナースとして短期間働く、と聞くと、仕事半分で遊び重視!のような勘違いをされる方もいるんですよね。
私が看護師仲間や友達に話した時に、「えー、沖縄って遊びに行くの?」と笑いながら言われたり、「わざわざ沖縄で看護師をやる理由って何?」と強い口調で言われたり、きちんと理由を話しても、「でも結局は、半分遊びだよね?」と言いたそうでした。

確かに、マリンスポーツなどのレジャーを存分に楽しむ目的で沖縄に応援ナースとして行く方はたくさんいます。

でもみなさん、看護師としての仕事をしっかりとこなすことは基本で、終業後や休日にレジャーを楽しんでいるんです。
そこは絶対に勘違いしてはいけないところですね。
もちろん、私も終業後や休日は楽しく遊びましたよ!

沖縄で応援ナース 記事一覧

応援ナース 沖縄の求人案件はどんなもの?
応援ナースの給与はどれくらい? 高収入?
応援ナースとして沖縄で働くメリット
応援ナースとして沖縄で働くデメリット
応援ナースで働く看護師、沖縄での休日の過ごし方
応援ナースとして赴任する時の準備は簡単!?
応援ナースとして働きながら貯金を増やせる?
応援ナースから正社員に転身する看護師もいます
応援ナースとして沖縄で働くには、転職サイトに登録から
応援ナースとして応募から赴任までの流れ
応援ナースとして必要な資格は何でしょうか?
応援ナースとはどんな働き方の看護師でしょうか?
応援ナースの契約期間後の選択は?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう