スポンサーリンク


乳児湿疹とは、生後まもなくから1歳になるくらいの間にあらわれる、乳児期の湿疹のことです。

湿疹の種類はいろいろとありますが、原因を明確に特定することが難しい場合もあるため、総称して、乳児湿疹と呼ばれています。乳児湿疹の中でも、新生児ニキビや乳児脂漏性湿疹は、多くの赤ちゃんが一度は経験するよくある症状です。

では主な乳児湿疹について、その症状、解消法について見ていきたいと思います。

新生児ニキビ


生後まもなくから1ヶ月くらいの間にあらわれる湿疹、新生児ニキビ。思春期のニキビのような赤いプツプツが、頬やおでこなどから顔全体にあらわれます。産まれたばかりの赤ちゃんは、皮脂分泌が盛んな上安定しないために、肌表面や毛穴に皮脂が詰まってしまうことが起こります。

また、外的刺激により肌荒れが起きることもあります。

肌を清潔に保ってあげることで、生後1~2ヶ月で症状は治まります。沐浴の際には、たっぷりのベビーソープの泡でやさしく包むように洗ってあげましょう。汚れを落とそうとゴシゴシと洗うことは、より肌荒れを悪化させてしまいます。

また、大人用のボディシャンプーは、赤ちゃん肌には刺激が強すぎ、必要な脂分までも洗い流してしまいます。

そのため、汚れは落としつつも、潤いを保ち、しっかりと保湿効果のあるドルチボーレリセラベビーがおすすめです。

ドルチボーレの詳細はコチラから
リセラベビーの詳細はコチラから

乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)


乳児脂漏性湿疹は、新生児ニキビと同じくらいよくあらわれる症状で、生後まもなくから4ヶ月くらいまでの間にみられます。頭部や顔に、フケのようなものや黄色いかさぶたのようなものが出ますが、かゆみはないようです。

ふさがれた皮膚やかさぶたを無理に剥がさず、赤みで腫れたりジュクジュクとした場合は、医師の診察を受けましょう。

原因としては、赤ちゃんはママのお腹の中にいた頃の影響もあって、皮脂の分泌が活発になっていて、その過剰分泌された皮脂が肌表面や毛穴に詰まることで起きるようです。


乳児脂漏性湿疹のケア方法としては、毎日の沐浴や入浴で、皮脂をしっかりと洗い流してあげることが大切です。刺激の少ないドルチボーレなどのベビーソープで、たっぷりの泡で包むようにやさしく洗ってあげましょう。
ドルチボーレの詳細はコチラから


また、タオルなどでゴシゴシと洗うのは禁物で、ナチュラルシースポンジのようなものでやさしく肌をなでるように洗ってあげるのがポイントです。

ナチュラルシースポンジは、イタリア製の高級海綿スポンジで、乳児湿疹やアトピー肌、敏感肌にもおすすめのアイテムです。
ナチュラルシースポンジの詳細はコチラから

あせも


赤ちゃんは、非常に新陳代謝が良く、汗腺の機能が未熟なために、よく汗をかきます。寝ているだけでも大量に汗をかいていますし、母乳を飲む時には滝のような汗をかいていることもあります。

また、寝返りやおすわりなど動きが出てくると、より汗をかきやすくなります。その汗によって、あせもができやすくなります。

あせもを防ぐには、マメに着替えをしたり、汗を洗い流してあげたりしましょう。そして、赤ちゃんは体温も高めなので、大人よりも1枚少ないくらいの洋服で大丈夫です。厚着をさせてしまうと、それもまたあせもの原因となってしまいます。


それから、赤ちゃんの肌に直接触れる肌着やベビー服、バスタオルなどは、洗濯洗剤にも気をつけましょう。洗濯洗剤の洗い残しで肌荒れを起してしまうこともあります。

赤ちゃんにやさしい天然由来成分でできているものがおすすめです。ドルチボーレナチュラルウォッシュは、トウモロコシやヤシを原料とした洗濯洗剤ですので、赤ちゃんの衣類も安心して洗うことができます。
ドルチボーレナチュラルウォッシュの詳細はコチラから

乾燥による乳児湿疹


生後3ヶ月を過ぎた頃から、赤ちゃんの皮膚は、皮脂の過剰分泌が落ち着いてきて、乾燥するようになります。

また、赤ちゃんの肌は大人の半分くらいの薄さで非常にデリケートなため、ちょっとした刺激で傷付き肌の水分が蒸発しやすいです。このような乾燥から起きる乳児湿疹もあります。

この場合、しっかりと保湿してあげることが重要です。沐浴や入浴後の湿った肌に、たっぷりとベビーローションを塗ってあげることで保湿効果が高まります。


その際、天然由来成分でできた、赤ちゃんの肌にやさしいベビーローションを使うことが大切です。アロベビーミルクローションは、オリーブオイルやシアバター、ヒマワリオイルなどの自然素材が原料となっていて、赤ちゃんにも安心して使うことができます。
アロベビーミルクローションの詳細はコチラから


また、乾燥が激しい時には、沐浴や入浴の最後に、肌潤糖でケアしてあげることがおすすめです。肌潤糖はビート糖を原料にした自然素材100%のスキンケア商品で、肌の保湿に非常に優れています。

お湯に溶いた肌潤糖で肌を包むように塗ってあげて、軽く洗い流してあげます。顔や頭にも浸かますので、全身の保湿に有効です。
肌潤糖の詳細はコチラから

アトピー性皮膚炎や食物アレルギーによる肌荒れ


アトピー性皮膚炎や食物アレルギーによる肌荒れの場合、また原因は特定できずとも一般的なスキンケアで改善されない湿疹の場合は、小児科や皮膚科の専門医の受診がおすすめです。

症状を悪化させてしまったり、受診が遅れることで重症化してしまったりすることもありますので、心配な時にはすぐに医師の診断を受けるようにしましょう。専門医の適切な処置を受けることが、症状の改善に早道です。

まとめ

・乳児湿疹とは生後まもなくから1歳くらいまでに起きる湿疹の総称です
・新生児ニキビや乳児脂漏性湿疹は、多くの人が一度は経験する乳児湿疹です
・新陳代謝が良い赤ちゃんは汗っかきで、あせもになりやすいです
・乳児湿疹は、皮膚を清潔に保ち、保湿をしてあげることが大切です
・アトピー性皮膚炎や食物アレルギーなどによる湿疹の場合は、小児科や皮膚科などの専門医の診断を受けることがおすすめです

赤ちゃんの肌は、基本的に清潔にし、保湿をしっかりとすることが大切です。デリケートな赤ちゃん肌にやさしいベビーソープやベビーローションなどを選んで、きちんとスキンケアをしてあげるようにしましょう。

ぷにぷにの赤ちゃんにおすすめのベビーアイテムはコチラから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう