スポンサーリンク


出産後どれくらいで生理が再開するのでしょうか?

2人目、3人目を考えているママはより気になるところでしょうか。

その出産後の生理再開時期について調べてみました。

産後、生理はいつ頃再開するの?


生理再開は、人それぞれ個人差があるもののようです。出産翌月に再開する人もいれば、2年経っても再開しない人も

ではなぜそのような違いが出てくるのでしょうか?

出産後の生理再開に影響する個々の違い

出産後の生理再開時期は個々により大きく変わりますが、その原因となるものは何でしょうか?

完全母乳育児か、完全ミルク育児か?


一般的に、完全ミルク育児の場合の方が、完全母乳育児よりも早く生理が再開します。

出産後から完全ミルク育児を行っているママの半数弱が、産後6週間の産褥期と言われる期間に生理が再開。そして、ほとんどの人が産後2~3ヶ月のうちに生理が再開するようです。

また完全母乳育児の場合は、授乳中であっても一部の人は産褥期(産後6週間)に生理再開しますが、ほとんどの人は生後半年から1年の間に再開するようです。

授乳の仕方によって生理再開時期が異なるのは、母乳授乳中に分泌される「プロラクチン」というホルモンによります。そのプロラクチンには、排卵を抑制する働きもあるため、生理再開に影響を与えるのです。

また、母乳の授乳回数や量によっても、生理再開に与える影響が変化します。授乳回数や量が多いほど、プロラクチンが分泌され、生理再開が遅くなる傾向があります。

育児ストレスや疲れがあるかないか?


妊娠する前でも、ちょっと疲れを感じている時やストレスがたまっている時には、生理が遅れることがあった、という女性も少なくないでしょう。

産後の生理再開も同様で、育児ストレスや育児による疲れ、不眠などがあると、生理再開は遅れる傾向にあります。
赤ちゃんのお世話で忙しい中でも、上手にリフレッシュができると良いですね。

自然分娩か、帝王切開か?

出産の仕方によっても生理再開時期が異なると思われている方もいるようですが、実際には関係がないようです。
自然分娩であっても、帝王切開であっても、産後の生理再開には影響を与えないようです。

産後1年以上生理再開しないと病気なの?

母乳育児中でもほとんどの人が産後1年以内に生理再開しているようです。では、産後1年以上生理が再開しないと、何か病気なのでしょうか?

実は、私も産後1年経っても生理は再開していませんでした。少し不安を感じて、ネットで調べたこともありました。結論としては、特に問題はないようです。人によっては産後2年経って再開する人もいるようです。

私の場合は、長女が生後3ヶ月くらいから完全母乳育児で、回数も量も比較的多かったと思います。実際に生理が再開したのは、長女が1歳半の時。ですので、妊娠発覚から考えると2年2ヶ月の間生理がなかったことになります。

さらに、生理再開して3回目の後に、次女を妊娠しました。次女も生後3,4ヶ月くらいから完全母乳育児でしたが、長女同様に、生理が再開したのは次女が1歳半の頃です。

なので、私の場合は、完全母乳育児をしていたことと、そういう体質なのかな、と思っています。

改めて考えてみると約5年の間に、2回の妊娠・出産、生理があったのはたった3回。ある意味、とても楽だったなあと感じます。育児で忙しい中で、月一回の生理があるかないかは、結構大きな差のように感じます。生理再開が遅いことが一概にも良いとは言えませんが、ちょっとした嬉しさだったりしますね。

それから、産後1年経って生理が再開していない状態で、必ずしも問題ないとは言えないようです。産後であること関係なく、何かしらの婦人科系の病気になっていることもあり得ます。もし心配である場合は、産婦人科での受診をおすすめします。

卒乳・断乳しても生理が再開しない! なぜ!?


母乳育児をしていても、卒乳・断乳すると、その後3ヶ月以内には生理が再開すると言われています。
しかしながら中には一向に生理が再開しない人もいます。その場合の原因は、主に2つの可能性がありそうです。

・何かしらの婦人科系の病気やトラブルの可能性

体内で婦人科系の病気やトラブルが発症していて、生理再開に影響を与えているのかもしれません。産婦人科を受診することをおすすめします。

・妊娠している可能性

生理が再開していないのに、なぜ妊娠?と思う方もいるでしょう。
生理がくるということは、その約2週間前に排卵が行われています。そのため、生理が来る前の排卵で妊娠していれば、実際に生理がくることはないのです。

人によっては、生理がこないままに次の妊娠となるのです。意外かもしれませんが、実はこのように次の妊娠に気付くのが送れたママは少なくないのです。中には、気づいたら妊娠6ヶ月だった、ということも。

出産後、いつでも妊娠する可能性があることを覚えておく


出産後、まだ生理が再開していないから、妊娠はしない、と思い込んでいる方も少なくありません。

しかし実際は、出産後翌月に生理再開する人もいるのです。ですから、本当に稀なケースですが、上の子が4月生まれで、下の子が翌年の3月生まれなんてことも。そうなると学年が一緒の同級生となってしまうのです。

誕生日が異なる二人の兄弟が同じ学年であること自体には何ら問題はありません。ただ、完全に母体が正常に戻らぬままに次の妊娠をすることで、胎児に何かしらのトラブルを与える可能性もあるということを忘れてはいけません。

それから、次の妊娠を望まない場合、妊娠をすることで中絶という選択をしなくてはならなくなります。中絶は母体に心身ともに大きなダメージを与えます。そのような事態を避けるためにも、出産後は、生理が再開していなくても、いつでも妊娠する可能性があることを覚えておきましょう

そして、次の妊娠を望まない場合は、しっかりと避妊をするようにしましょう。

まとめ

1 出産後の生理再開は個々人により大きく異なります

2 出産後の生理再開時期は、授乳の仕方やストレスの有無などにより、影響を与えます

3 多くの方が出産後1年以内に生理再開しますが、1年以上生理再開しなくても特に問題はありません。しかし、何かしらの婦人科系のトラブルによる影響かもしれませんので、心配な方は産婦人科の受診をしましょう

4 卒乳・断乳後3ヶ月経っても生理再開しない場合は、妊娠の可能性もあります

出産後の生理再開時期は個々人による差が大きいですが、早い人は出産翌月に生理再開します。

また生理がなくとも、排卵が起きていれば次の妊娠をする可能性があります。そのため、産後はいつでも妊娠をする可能性があることを覚えておき、次の妊娠を望まないようであればしっかりと避妊をするようにしましょう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう