知り合った応援ナースとして働く仲間

 

北海道には応援ナースとして働く仲間がたくさんいます。

 

私が老人保健施設で働いている時は、私の他に2人いましたが、近隣の他の医療施設も考えると、結構な数の応援ナースが北海道にいることでしょう。

 

 

北海道に応援ナースとして来ることはいろいろな理由があると思いますが、何人かの例を書いてみます。

 

<北海道が大好きで住んでみたかった>

大好きな北海道の大自然の中で働きたかった。冬はスキーを楽しみ、新鮮な海鮮類をたくさん食べたい。休日を楽しみながらも高収入というのは何とも魅力的と感じた人。

 

<大阪での勤務に就かれてリフレッシュがてら北海道に>

大阪の総合病院で何でも働きづめで、心身ともに疲れ果ててしまった人。看護師を辞めるつもりはないけれどこのままでは倒れてしまう…と思って、北海道に応援ナースに。のんびりとした環境で、気持ちをリフレッシュ。

 

<語学留学を目的に短期の応援ナースで資金作り>

東京オリンピックが決まり、その時に英語を使って看護にあたりたい。そんな目標を立てて語学習得を目指す人。高収入で短期の応援ナースで資金を作り、オーストラリアに語学留学。

 

<応援ナースをしながら日本国内を転々と>

珍しい男性看護師。応援ナースをしながら、日本国内を転々と旅をしています。東京・大阪・沖縄と経験して北海道に来たそう。元々地方の病院で勤務していたようですが、女性が多い職場で精神的に辛かったとのこと。応援ナースを始めたことで、自分らしさを取り戻せ、後々は海外でも看護資格を取りたい、と言っていました。

 

<失恋のキズを癒すために応援ナースとして北海道に>

大きな失恋をして、その土地にいるのが嫌になり北海道に。看護師の資格を持っていなかったら人生を悲観してどうなっていたか分からなかったと笑う彼女。看護師資格があって、応援ナースとして北海道に来れたことで、失恋のキズを癒し立ち直ることができたそう。

 

 

 

応援ナースという働き方を通して、たくさんの仲間に出会うことができ、いろいろと刺激を受けました。

老人保健施設で働く応援ナース 記事一覧

私がやっている応援ナースについて紹介します
応援ナースとして働くことになったきっかけ
応援ナースとして働く場所に北海道を選んだ訳
応援ナースの待遇・給与
応援ナースとして老人保健施設で働く
老人保健施設で応援ナースで働く看護師が必要な訳
老人保健施設で応援ナースとして働いて得たもの
応援ナースとして老人保健施設で働いてみて
知り合った応援ナースとして働く仲間
応援ナースとして働く私のこれから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう