スポンサーリンク

小学 中学 部活 習い事
子供が少ない町と言うこともあり、周りからの勧誘が凄く、とりあえず、見学に連れていった所、一緒に体験をしてきたようで、子供がどうしてもやりたいと言い出した為の入団となりました。

両親共に、バスケットボールの経験者と言うこともあり、馴染みのあるスポーツな為、特に反対もしなかったです。

誘われて入ったミニバスケ、今ではこんなに鍛えられたよ

体験から入ったミニバスケ、1年生の時はどうなるかと親の心配をよそに、楽しそうに通ってました。

現在5年生の子供は、高学年になるに連れて、真剣に取り組むようになり、自分たちが試合を引っ張って行くんだ!と言う気持ちが伝わって来るようになりました。
試合で勝った時の嬉しさ、負けたときの悔しさをたくさん経験して、ユニフォームを着る事への責任感も出てきたように思います。
メンタル面も決して強いと言える子ではなかったのに、今では我慢強さも身に付いたように思います。

週4回、夜9時迄の練習も疲れてくると休みたいと言ってたのが、今は泣き言言わず行ってくれてます。
週末に練習試合や公式戦が重なると、1週間のうちバスケをしてない日は1日しかなく、友達とも遊びたいだろうに、文句も言わずに参加して、バスケ仲間と遊ぶ姿はまだまだ子供です。

学校生活では味わう事の出来ない、コーチ、先輩、後輩との濃密な関わり、練習内容に、親だけではとうてい育ててやれないであろう心の強さや、体力が鍛え上げられています。

技術は飛び抜けて…とはいきませんが、真剣に取り組めば取り組むほど上達していくのが親の目から見てもわかるようになりました。
ミニバスケを卒業するまであと約2年、これからどれだけ成長してくれるか楽しみです。
かあちゃん息子の追っかけ楽しんでます。

小学校の部活、親の関わりはどう?

練習時、月に1回~2回程度鍵当番があります。
体育館の鍵を開けて、コーチが来るまでの間、子供達の練習の様子を見ています。
怪我人等が出た場合は手当て等をします。
練習試合、公式戦の時は、当番制で配車当番があり、自分たちの体育館での場合は、体育館の準備、事務局等をします。

ミニバスケットボール部のおすすめポイント

走り込むスポーツなので、体力が付きます。
仲間同士もチームプレーのせいか密な関わりになるので、本当に仲が良いです。
個人競技では味わえない仲間同士の団結力、一緒に笑って、泣いて時には喧嘩もありで、何よりも、ユニフォームを来た姿はかっこいいです。

小学生の部活:ミニバスケットボール
開始時期:1年生

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう