スポンサーリンク

小学 中学 部活 習い事
もともと興味があるスポーツだったので、本人が保育園のときの友達に誘われて、一緒に体験をしたのがはじまりでした。

家族でサッカー経験者が多かったのもあり、体験後スムーズに入団を決め、サッカーをするようになりました。

体力がつき、友達との信頼関係が築け、家族の週末行事

運動が、得意というわけでもなく、ただ嫌いではない程度。
決して運動神経もよくなく、サッカーを始めても、逆上がりが出来なかったくらい。

土日3時間を季節が関係なく練習すると、日焼けもし見た目から健康的に。
相変わらず脚は速くはないけれど、一生懸命走って声をだしていると元気だなっと。

そして、沢山食べる。
走るから太りもしない。
病院にもほぼ行かないくらい、風邪もひかなくなりました。

人数も多いチームではないので、試合にも出れて、それなりに勝ったり負けたり、教えてくれるのも、ずっと昔から教えてくれる近所の年齢的にはおじいちゃん。見た目は若いけど!!

関わる人も増え、褒められたり、怒られたり、サッカー意外のことも、経験し、成長していきます。
3ヶ月に一度はスパイクが駄目になるのと、平日に普段の靴で、サッカーをして、直ぐに駄目になるのは痛い。

また、学年上下関わらず友達も増え、1人でいるのも好きなマイペースぶりが一転、友達と遊ぶ機会が増えました。

私自身も人付き合いが上手な方でなく、また、同級生の親御さんたちより年齢が約10歳下なのが当たり前できたので、苦手意識があったものの、子どもがフェアなスポーツを通し、親まで成長させてもらってます。

小学校の部活、親の関わりはどう?

当番制で練習当番、手伝いがある、試合の時のみ付き添いがあります。

また、アルコールが好きな親が多いので、飲み会をしたり、親子サッカーや合宿等レクリエーションも年に数回あります。

サッカー部のおすすめポイント

とにかく体力がつくのと、団体スポーツなので、兄弟のように皆が仲良くなります。

またプロサッカーの試合を観に行くのも楽しみになりますし、子どもたちの試合は、変に転んだり、シュートが決まり喜んだりとプレーひとつひとつが笑えます。

小学生の部活:サッカー
開始時期:1年生

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう