スポンサーリンク


最近よく耳にする「リトミック」。
習い事としてはもちろんのこと、地域の公民館などで行われるベビーサークルや、幼稚園や保育園でも取り入れているところもありますね。

そのリトミックに英語が加わった「英語リトミック」。

音楽に合わせて体も動かせて、さらに英語も覚えられるなんて一石二鳥?!

気になる「英語リトミック」を見ていきましょう。

「英語リトミック」とは


「英語リトミック」は、楽しい音楽に合わせて体を動かしながら、英語の歌や遊び、ゲームなどを通して、体感しながら英語を身につけていく方法です。

こどもにとっては自然に耳に入ってくる音に合わせるので、抵抗感なく英語独特のリズムを身につけることができます。
元気な音や優しい音、悲しい音、高い音、低い音、いろいろな音や音楽を聞いて真似をすることで、聞く力と表現力を育てます。

また耳だけでなく、歌ったり、音楽を聞きながらダンスをするので、体全体で英語を身につけていくことができます。

英会話教室で座っておとなしく参加できるかなあ、とママが心配してしまうような元気いっぱいのお子さんには、体を動かせるのでもってこいですね。

どんな先生が教えてくれるの?

私自身が持っていた「英語リトミック」の先生のイメージと言えば、日本人のピアノの先生が英単語を音楽に合わせて言う程度かなあ、という「英語はおまけ?」な感じがしていました。

でも実際は違うようで、教室によって本当に様々です。

リトミックの本格的なピアノ講師とネイティブの英語講師が行っている教室では、生演奏のピアノに合わせて、英語もネイティブの発音で覚えられます。

また日本人講師でも、ピアノも英語も幼児教育も経験を積んでいる先生の教室もあります。

教室での英語の内容やレベルと、親御さんが求めている英語の目的もそれぞれなので、ぜひ体験レッスンで、お子さんの様子と、合わせて習わせたい教室のイメージに合っているか試してみましょう。

0歳から始められる!

リトミックといえば赤ちゃんからでも始められる点も魅力のひとつです。
赤ちゃん時期はなかなか遊べるところも限られますが、リトミックは赤ちゃんでも参加できるので安心です。

こどもはみんな音楽が大好き!
まだ歩けない赤ちゃんでもママに抱っこされながら体を動かすことで、音楽を楽しみながら親子で英語を聞いて「英語耳」を育てていきます。

音楽と英語、両方に触れられる!


英語の歌を一緒に歌って踊るレッスンは、多くの英会話教室でも行われています。

英語リトミックでは、さらにピアノなどの生の楽器の音に触れられるので、英語だけでなく音楽にも親しんで欲しい!とお考えのご家庭には一石二鳥です。
フォニックスも歌やリズムで覚えていくことができます。

生演奏で行うリトミックのメリットは、その場にいる子ども達の動きやレベルなどに合わせることができる即興性です。

自宅でいつも同じCDで行おうとするとお子さんが飽きてしまうこともありますが、その時々の子どもの動きに合わせるので、こどもたちもレッスン中は楽しく音に意識を向けていられます。

歌いやすい英語の歌を歌っているうちに、英語に慣れ、自然に英語を口に出せるようになりますよ。

英語リトミックで、音楽と英語両方に触れられるからこそ、その後の方向性や選択肢が見えてくるかもしれません。

リトミックって習う必要あるのかな・・・


リトミックって最近よく聞くけど習うほどのことかな・・・、リトミックならCDかけて自分でできそう・・・、ピアノ上手で英語も得意なママならわざわざ習わなくても自分でもできそう・・・、などと思う方も多いと思います。

実際市販の振り付き解説がついているCDもあります。しかし家でやると・・・なかなかお子さんがのってこない時もありますよね。
お友達と一緒の場だからこそやる気が出てきたり、楽しめたり。 
集団だからこそ、の効果もあるようです。

まずは英語を楽しませたい!という目的の方には、英語を習わせる入口のひとつとして検討するのもいいでしょう。

まとめ

・ 「英語リトミック」は楽器の音や音楽に合わせて体を動かしながら、英語独特のリズムを自然に身につけることができます。
・ 講師は教室によって様々。ピアノ講師+ネイティブの英語講師の教室もあれば、リトミック+英語に精通した日本人講師の教室もあります。
・ 0歳児からでも親子で英語リトミックを始められます。
・ ピアノなどの生の楽器の音に触れられるので、音楽にも英語にも親しんで欲しい!とお考えのご家庭にオススメです。
・ 自宅でもできますが、お友達と集団で行うことでの効果もあります。

低年齢のお子さんが英語も音楽も体感して楽しめる「英語リトミック」、ぜひ親子で体験してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう