スポンサーリンク


英語の早期教育がうたわれるようになり、幼児でも英語を強化した、バイリンガル教育を行う幼稚園も増えてきているようです。

インターナショナルスクールやプリスクール、そしてバイリンガル幼稚園など・・・これまでの幼稚園や保育園だけでなく多様化してくると、親としても選択の幅が広がってきます。

ではバイリンガル教育など、英語に力を入れている幼稚園は、どのようなものなのでしょうか。

バイリンガル幼稚園とインターナショナル・プリスクールの違いって?


バイリンガル教育の幼稚園やインターナショナル・プリスクールでは、全て英語で活動します。

本来インターナショナルスクールとは、日本に住む外国人や帰国子女のためのものでした。
しかし最近では、グローバルな人材育成を目指し、日本人も入学できる新設のインターナショナルスクールも増え、幼児が通うインターナショナル・プリスクールも注目されるようになりました。

ではインターナショナル・プリスクールと、バイリンガル教育の幼稚園との違いはなんでしょう。

インターナショナル・プリスクールは、日常オールイングリッシュの環境で過ごすことが基本です。

一方バイリンガル教育の幼稚園は英語だけでなく、日本人として日本語の教育も大事にしていきます。
英語を習得してほしいから英語を、というだけでなく、言語習得にはやはり母国語の確立も重要だという考えです。
いずれ行う英語の読み書きの学習でも、母国語で多くの語彙を理解出来ている方が、英語の習得が高まるようです。

「英語イマージョン教育」とは?


インターナショナル・プリスクールもバイリンガル教育の幼稚園も、基本にあるのは英語の「イマージョン教育」です。

Immersion=「浸すこと」という意味で、まさに「英語漬け」の生活の中、様々な活動や学習を英語で行っていくことで、子ども達は生きた英語を体得していくのです。

イマージョン教育(イマージョンプログラム)には
 全く母国語を使用しない・・・「フル・イマージョン」
 母国語と第二言語の両方を使う・・・「パーシャル・イマージョン」
があります。

インターネット・プリスクールが「フル・イマージョン」であるとすれば、バイリンガル教育の幼稚園は「パーシャル・イマージョン」で行われています。

バイリンガル教育の幼稚園では、ネイティブの講師も日本人保育士も英語で話しますが、子ども達同士では日本語もOKです。

結局子ども同士が日本語だとそれほど英語力はつかないのでは?
日本語と英語で子ども達は混乱しない?
と心配になる方もいるかもしれません。

しかし、英語を使って日常のカリキュラムを進めていくので、幼児とはいえ、英語を理解しなければならない必要性が生まれ、それが英語の習得につながるのです。

このイマージョン教育は、英語とフランス語を公用語とする、カナダのケベック州の「フレンチイマージョンプログラム」から始まりました。

第二言語を習得するように、子ども達は日本語と英語を覚えていくのです。

インターナショナルスクールで英語ばかり話していると、日本語の習得が遅れそうで心配、という声も聞きます。
そういった不安のある方には、バイリンガル教育の幼稚園のパーシャルイマージョンがいいのではないでしょうか。

実は一般の幼稚園にも英会話教室が!


インターナショナルスクールもバイリンガル教育の幼稚園も、通える地域にはないから・・・という方も多いと思います。

しかし幼稚園入園を控えている年齢のお子さんがいるご家庭では、ぜひ幼稚園で英語を取り入れているかどうか調べてみましょう。

積極的に園のカリキュラムとしてネイティブ講師による英会話を取り入れているところもあれば、降園後の園内で課外活動として英語教室を行っているところもあります。

英会話教室に通うとなると送迎も大変・・・という保護者の方の悩みや手間も解消され、お子さんにとっても英会話教室が、ぐっと身近に感じられると思います

お子さんも親しいお友達と慣れた環境で行うので、わざわざ通うよりも自然に参加できるでしょう。

まとめ

1. 英語で教育する幼稚園、をお考えの方には
 インターナショナル・プリスクール(オ—ルイングリッシュ)
 バイリンガル教育の幼稚園(英語だけでなく日本語の教育も行う) 
などがあります。

2. インターナショナル・プリスクールやバイリンガル幼稚園では「英語イマージョン教育」を採用し、先生は全て英語で話し、その英語環境のもと様々な活動をしながら、英語を体得します。

3. 一般の幼稚園でも英語を積極的に取り入れているところや、課外授業として英語のクラスがある幼稚園も有ります。

英語環境の幼稚園事情、ますます多様化し、選択肢は広がります。
お子さんの近い将来の英語のゴールイメージも考えながら、どのような園やスクールが合っているのか考えてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう