スポンサーリンク


最初は喜んで通っていた英会話教室なのに、何年か通っているうちに英語があまり好きじゃなくなってきたみたい・・・と感じたことありませんか?

我が家はまさにそんな感じで、英語が子供にとって「壁」に感じた時期がありました。

継続は力なり。でも継続って難しい時もありますよね。

子供の英語嫌い、なってしまったらどうする?
ならないためにどうする?
今からできることを考えてみましょう。

購入した英語教材セット、もう飽きちゃった?!


大好きで毎日見ていた英語教材のDVD、ある日から見たいと言わなくなった・・・。
せっかく英語教材セットを購入したのに、このままでは英語から興味が離れていきそう、と心配になったことはありませんか。

子供の興味はどんどん広がっていきます。
そしてあっという間に飽きてしまうこともよくあります。

せっかく購入した教材なので、それを活用していきたいところですが、子供の興味が少し離れてしまったら、教材はすぐに目につくような場所に置きつつも、その子が気に入りそうな英語の絵本やアプリ、動画など色々試してみてはどうでしょうか。

他のものを試している間は教材から離れてしまっても、久しぶりにまた教材使ってみようか!と出してみたら、また興味が復活するかもしれません。

教材にこだわらずに、英語に毎日触れさせていきましょう。

「英語が難しい」から「英語が嫌い」?


子供達はどんなときに英語が嫌いになってしまうのでしょう。

まず最も考えられるのは「英語が難しい」と感じた時ではないでしょうか。

多くの幼児向け英会話教室では、英語の分からない幼児でも入りやすいように、英語のゲームなど、まずは英語を楽しめる内容からレッスンを始めます。

ゲームなどで楽しみながら覚えられるので、すぐに「分からない〜」とつまずくことのないように配慮されていて、勉強するというよりも、楽しい英語の時間を過ごすという感じなのでしょう。

でもそれこそ理想的だと思います。

日本に生まれて日本語を話すようになる子供たちが「日本語が嫌い・・・」とは思わないですよね。
でも「国語」として学校で学ぶと「難しい・・・」と国語嫌いになる人はいます。

やはりそれと同様で、どのようなアプローチで英語を学ぶか。
英語が「勉強」になった時こそ、その子に合った方法を見つけることが大事なのでしょう。

心機一転!教室かえてみる?


英語に消極的になってしまったお子さんの、本当の気持ちが「英語が嫌い」なのではなく、「英語本当は続けたいけど苦手でどうしていいのか分からない・・・」の場合も多いと思います。

まずは通っている教室で現状を相談してみましょう。クラスやレッスンの内容を柔軟に検討してくれるスクールもあります。

長年通っていて、対応も色々良心的にしてくれたけど、やっぱり子供のモチベーションが上がらない・・・と思ったら、他の教室も体験して比較させてみるのもいいでしょう。

初めて英会話教室を体験した時とは違い、子供自身がこれまで経験してきたことを踏まえて、色々感じることが出てきます。
「このやり方なら楽しく続けられそう」と、お子さん自身の前向きな姿勢が感じられる教室に出会えるかもしれません。

英語に対して心機一転!
リセットしてみるのも一つの方法です。

英語嫌いにならないために、今から親ができること


英語嫌いの「種」は英会話教室だけではありません。
親御さんの何気ない一言が原因の場合もあります。

「英語でなんて言うの?」
「なんで分からないの?」

子供が怒られているような気持ちになって「英語は間違えそうだからやりたくない」と思ってしまう可能性もあるのです。

親として気をつけたいポイントは
・ 英語を学ぶお子さんに過度な期待はしない。
・ 間違えを注意しすぎない。

インターナショナルスクールやバイリンガル教育の幼稚園で毎日英語漬けの生活を送っている場合に比べると、英会話教室の週1回のレッスン+ご家庭でのフォローだけでは、やはり話せる英語は限られてくるでしょう。

赤ちゃんがカタコトの日本語を話し始めるのを笑って見守っていたように、英語も、まずは楽しく、話せたらほめる!くらいの方がいいかもしれませんね。

まとめ

 購入した英語教材セットに飽きたら、他の英語の絵本やアプリなどを試しつつ、しばらくしてからまた教材を出して様子をみましょう。
 「英語が難しい」と感じることが「英語嫌い」にもつながるので、その子に合った学習方法を考えましょう。
 どうしてもお子さんのモチベーションが上がらなければ、他の教室を体験してみるのもいいでしょう。
 英語嫌いにしないために、親も何気ない一言に注意しましょう。

英語が嫌いになってしまうと再スタートは難しいと言われます。
英語嫌いにならないためにも、楽しく英語に触れさせてあげましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう