スポンサーリンク


低年齢から英語を始めるメリットが聞かれるようになり、英語に早くから触れさせたい、とお考えの親御さんは増えているようです。

0歳児コースからの英語教室も増え、英語はいつから始めるのがいいのか迷いますよね。

0~2歳児の英語教室は早すぎない?気になるレッスン内容など、英語教室について見ていきましょう。

さぁ、親子で英語教室デビュー!


まだ日本語もうまく話せないのに、0歳児から英語教室?!と驚く方も多いでしょう。

0~2歳児クラスの多くは、親子で参加するので、お子さんも安心してレッスンが受けられます。

英語の歌や手遊び、読み聞かせなど、親子一緒に英語で楽しめるレッスン内容なので、ママはおうちでもできる親子の英語の楽しみ方を知ることができます。

英語に早いうちから触れさせたいけど何から始めたらいいか分からない・・・という方こそ、一緒に英語を学べるいい機会です!

様々なことを吸収するこの時期、子供達は毎日たくさんの音を聞き、いろいろな音をインプットしています。

CDなどによるネイティブの英語の聞き流しも効果があるようですが、やはりベビーにとって毎日耳に入るのは心地よいママの声ですよね。

日常生活の中で、ママが英語を取り入れるようになると、お子さんも簡単な単語や文を生活の中で理解できるようになります。

ネイティブの発音や英語のインプットも気になりますが、普段の生活や遊びなどを通じて楽しむ英語こそが、お子さんにとっては自然に身につく英語になるのではないでしょうか。

「リズムで育てる、えいご耳」のヤマハ英語教室


0歳児コースからあるヤマハ英語教室では「リズムで育てる、えいご耳」が特長です。

音の強弱がほとんどない日本語に比べ、「英語はリズム語」と言うように、アクセントやイントネーションなど、英語には特有のリズムがあります。

長年の音楽教室でのノウハウを活かし、英語の音とリズムを大切にしたレッスン内容で、英語の「聞く」力の基礎となる「えいご耳」を育てます。

オリジナルソングなどで親子で体を動かしながら、たくさんの歌やリズムで楽しめて、英語のリズム感を自然に身につけることができます。

「英語リトミック」で一石二鳥!!


「リトミック」と言えば、赤ちゃんでもできる初めての習い事、というイメージがありますよね。

「英語リトミック」とは、「音楽に合わせて楽しく体を動かす」リトミックに、英語を取り入れたものです。
英語の歌遊びやゲームなどを音楽にのせ、体で表現しながら、英語のリズムを自然に身につけることができます。

5歳までは聴力が非常に発達する時期と言われていて、その頃にリトミックをすることで音感やリズム感だけでなく、集中力や判断力が養われる効果もあるようです。

英語のリズムを身につけられるだけでなく、運動神経や表現力などたくさんの能力を引き出すことができるなんて一石二鳥!!

じっとなんてしていられない!そんな時期だからこそ、英語リトミックは低年齢児にオススメです。

英語教室、何歳から通うのがベスト?


英語教室デビューは、0~2歳でも早すぎるというわけではないようです。最近は英語教室で2歳児クラスが人気という話も聞かれるほどです。

低年齢児は親が英語環境を作ってあげることが大切です。

英語に堪能な親御さんであれば、無理なく英語で話しかけたり、継続して英語に触れられる環境作りが出来ると思います。

また、英語教材を利用して自宅で英語を楽しむのも一つの方法ですが、週1回の英語教室に通うことが、親にとっても子供にとっても英語環境を持続させるのに効果的な場合もあります。

また英語と日本語では周波数が違うことから、脳の働く位置も違っていて、6歳までに英語をたくさん聞かせることで、その脳の部分が鍛えられ、英語の微妙な発音の違いを聞き分けられるようになると言われています。

いわゆる「英語脳」を育てるにはやはり低年齢から英語は聞かせておくべき、という考え方ですね。

ただし、CDやDVDなどに頼り過ぎず、親子のコミュニケーションを大切にしながら、お子さんが楽しい!と思える英語環境作りをしていきましょう。

またお子さんが進んで英語を楽しめているか、いやいや通わせていないかも注意しましょう。

この時期はまず、英語が好きになることが一番大切です。

まとめ

1. 0~2歳児の英語教室は親子参加が基本。
日常生活に英語を取り入れられるように、親も英語を学べるチャンスです。

2. 英語特有のリズムを身につけられる英語教室や英語リトミックがあります。
じっとしていられない時期だからこそ、体を動かしながらのレッスンがオススメです。

3. 0~2歳児の英語デビューはメリットもあるので早すぎることはないでしょう。
しかし無理強いせずにお子さんが英語を好きになることが大切です。

親子で楽しめる英語環境作りが、英語好きな子供に育てる第一歩です!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう