スポンサーリンク


幼児の英語教育については、日本語もまだ未熟な幼児期に英語を学ばせるってどうなの?!と、賛否両論聞こえてきますが、英会話教室はどんどん低年齢向けになってきています。
しかし月謝など結構費用もかかるし、本当に効果があるの?と迷う方も多いはず。
「幼児の英会話教室」について考えてみましょう。

低年齢児は親子でレッスン!実は参加する親にもメリットが?!


ベビーから3歳頃に始める場合、親子一緒にレッスンを受けます。
小さなお子さんのレッスンには、やはり母親が一緒という安心感も必要です。

親子で英語の歌やダンス、手遊びやカードなど、子供が楽しめる内容のレッスンを受ける事で、ご自宅でもそれを継続して楽しめるようになるのが親子レッスンのメリットでしょう。

保護者の方が「自分自身は英語があまり得意ではない」と思っている場合は、英語で読み聞かせをできるようになったり、子供が楽しめる英語を一緒に学べるいい機会になると思います。

さあ、レッスンに飛び込もう!お子さんが楽しめる英会話教室選び


4歳頃からの幼児クラスになると、お子さんご本人のみで参加となります。
初めての英語、どんなふうにやっているのか親としては心配だったり、楽しみだったり。
まずは体験レッスンを受けてお子さんの様子を見てみましょう。

多くのスクールは英語で歌ったり、ゲームをしたり、絵をかいたり、子供が楽しめるレッスン内容になっています。
ゲームなどを楽しみながら講師が英語でどんどん話すことで、最初は英語が分からない子供達でも、耳から聞いた音をそのまま真似るようになります。
英語の発音をそっくり真似出来るのは、「音真似」の上手な幼児期の最大のメリットとも言えるでしょう。

外国人講師のレッスンをお考えの方に


英会話教室でも外国人講師、日本人講師、どちらがうちの子には合うんだろう、と迷う方も多いでしょう。

外国人と自然に接するようになって欲しい、ネイティブの発音に触れさせたい、などのお考えの方には、外国人講師のレッスンがオススメです。
また外国人講師メインで日本人講師がフォローに入る、といったケースも有ります。

しかし、外国人講師の中には「ネイティブである」ということだけで、子供の英語指導に慣れていない場合もあるので、体験レッスンで講師の方との相性やお子さんが楽しくレッスンに入れているか見てみましょう。

また、外国人講師でも日本語が話せるか話せないかという違いもあります。
ある程度日本語が話せる外国人講師であれば、子供がレッスン中に何か困ったことがあってもフォローすることができます。
日本語を話せない講師の場合、それでも大丈夫な積極的なお子さんであれば問題ないと思いますが、消極的なお子さんの場合などは慣れるまではお子さんの反応を気にかけてフォローしてあげる必要があるかもしれません。

日本人講師のレッスンをお考えの方に


日本人講師の英会話教室は、子供の英語指導の教育を受けている講師が多く、子供を上手にほめたり、やる気が上がるような内容で、お子さんも英語が好きになっていくということもあるようです。

気持ちを伝えるのがまだ得意ではない幼児期ですので、人見知りのお子さんなどには意思疎通のしやすい日本人講師もオススメです。

英会話だけじゃない!英語圏の文化に触れよう


英会話教室では、秋にはハロウィン、冬にはクリスマス、とパーティーなどの参加型の行事があるスクールもあります。
その時期には教室内が飾り付けられたり、行事に合わせた歌を歌ったり、子供にとっても楽しみながら英語圏の文化に触れることができます。

また季節行事のほかに、サマースクールなど、通常のレッスンとは違った、英語でアクティビティを楽しめるようなレッスンを開催するスクールもあります。

まとめ

・ ベビーから3歳頃までの親子参加型のレッスンは、親も一緒に英語を学べるメリットがあります。
・ 4歳頃からはお子さんご本人のみでのレッスンなので、まずは楽しくレッスンに参加できるか、体験レッスンに行ってみましょう。
・ 外国人とも自然に接するように、ネイティブの発音を重要視される方には外国人講師がオススメ。子供の英語指導に慣れているか、子供がレッスン中困る事はないか、お子さんの様子を気にかけてあげましょう。
・ 日本人講師は子供の英語指導に慣れている方が多く、フォローもしてもらえやすいので安心。
・ 英会話教室によっては、行事を通して英語圏の文化に触れられます。

正直なところ、週1回のレッスンだけで英語がペラペラに、という訳にはいきません。
始める年齢によっても、ご家庭ごとに目的や目標も異なりますので、様々な教室のタイプがある中で、お子様の性格や興味に合った教室を体験してみることから始めましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう