スポンサーリンク


例えば、近所にある外国人経営の個人英語教室。外国人の先生に直接生の英語で教えてもらえるなんて、絶対に話せるようになるわ、と期待も高くなりますよね。

でも実際は、子供はレッスンに楽しく行っているけど、親の私が簡単な英語で話しかけても答えてくれない… 分からないの? それとも恥ずかしいだけ?、と不安に感じる親御さんもいるのではないでしょうか?

実はこれ、案外多くの親御さんが感じていることだったりするんです。

私は15年、幼児向け英語教室に講師として携わってきましたが、その間に感じたことをお話します。

私が見てしまった、外国人講師のレッスンの実態


子供向け英会話教室で15年講師をやってきた私ですが、ある時、ある外国人講師のレッスンを見て気付いてしまったことがあるんです。

小学校低学年の子たちを対象としたレッスンでした。生徒たちは、物凄く速いスピードで外国人講師の質問に答えていました。そして答えは見事に合っていたのです。私は「凄いな!」と感動して見ていたのですが、後ほど生徒と話してみたら、驚愕の事実を知ってしまったのです。

実は生徒たちは、質問・回答の意味を理解していなかったのです。こう聞かれたらこう言う、と形が決まっていますから、それに当てはめて答えているだけだったのです。これには、本当に愕然としました。

みんな、きれいな発音でみんなで一斉に答え、その答えは合っていても、まったく分かってなかったのです。

第二言語を第二言語のみで習う限界


3歳くらいになってくると脳の思考回路はもう日本語(母国語)の回路になっています。そのため、幼児や小学校低学年といえども、英語は第二言語と位置付けられます。

そうすると、たとえば、りんごの絵のカードを見せられて、「apple」と答えるのは容易でも、英語で「皮が赤くて、中身が白く、甘酸っぱい果物は何だ?」と問われると一気に回答の難易度が上がってしまうのです。

母国語である日本語さえもまだまだ語彙力がない年齢ですから、すべてが英語となると理解ができなくても当然の結果なのです。答えられない我が子を前に、「まったくわかっていない」なんて落胆する要素ではないのです。

それでも毎日たくさんの英語を聞き続けて、形式にはまった質問・回答でも量をこなしていけば、「ああ、あれは、こういうことなのか!」と分かる時が必ずきます。第二言語であっても、理解力が上がってくるのです。

ただこういう状態にもっていくには、週に一度1時間程度のレッスンだけでは到底無理です。

英語の上達を早めたいなら、日本語も必要


私がかつて教えていた子供向け英会話教室は、外国人講師と日本人講師の両方がいました。そのために、子供たちの英語の上達を早めることに成功していたのです。

というのは、英語のみで分かっていないな?と感じた時に、日本語でのフォローを入れることが可能だったのです。日本語で答えを教えてしまう、というのはではなく、英語の理解を早めるために最小限の日本語でフォローを入れてあげるのです。

そうすることによって、子供たちの英語力が数段アップするのです。

外国人が経営する個人英会話教室の場合、この点が不安を感じる要素かな、と思うのです。だからもし、気になる外国人経営の個人英会話教室があった場合、講師の日本語力はどれくらいなのか? 日本での英語講師経験はどれくらいなのか? よく確認していただきたいな、と思います。

そして、子供たちの理解が足りなかった時に、日本語でのフォローを入れるのか? それとも、英語オンリーにこだわるのか、ぜひ確認していただきたいポイントとなります。

生の英語、これとない習得のチャンス

とはいえ、幼少の頃から、生の英語を聞く、話すという大事なことを行っているのですから、英語を生のまま聞き取る力、外国人相手に臆せずに話す力をつけるのにはもってこいです。

もしも、英語オンリーにこだわる英会話教室であっても、この懸念点さえ理解されていれば、お子様を通わせることは大変意味があることです。

分からないながらも、何て言っているのだろう?と想像する力を養うのも大切です。この話している内容を想像しながら聞き取る力というのは、第二言語を習得する時にとても大切になります。

また母国語である日本語力が高まっていけば、英語による英語の説明に対する理解力も高まるはずです。なので、幼少期は英語に慣れる、外国人に慣れる、ということに重きを置くのであればとても良い機会になること間違いなしです。

外国人講師が複数いたら、もっと効果的!


最後に一つ、付け加えたいと思います。

外国人個人の英会話教室の中でも、講師が一人よりは複数いた方が魅力的です。たとえばご夫婦で運営されているとか、他の外国人スタッフを雇っているとか。

いくら生の英語といっても、常に一人の外国人から学んでいては思ったより幅が広がりません。その先生の話す英語は分かるけど、他の外国人の英語は分からない、という状態にもなりやすいです。

日本人でも一人ひとり話す日本語に癖があったり、語順が違ったりします。英語も同じです。一人でも多くの外国人が話す英語に触れる機会があればあるほど、その子の英語力はアップするのです。

まとめ

1、 外国人講師が英語のみでレッスンを行う場合、幼少期は理解が及ばないことがあります。
2、 英語の上達を早めるためには、最小限の日本語でのフォローが大きな意味を成します。
3、 外国人講師に日本語レベルや講師歴、レッスン中の日本語の有無を事前に確認することをおすすめします。
4、 英語だけのレッスンでも生の英語に触れられる貴重な機会です。

外国人経営の個人英会話教室にお子様を通わせる場合、時に、レッスン中にまったく日本語がないことで幼少期の子供たちの理解力が追い付かない場合があります。その懸念点を先に知っておいて欲しいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう