スポンサーリンク


英会話教室に通うほどでもないけれど英語は幼児期から触れさせたい、低年齢からでも自宅で英語を始めさせたい、とお考えの方は多いと思います。
やはり自宅で、好きなときに好きなだけできるのが一番のメリットですね。

幼児期の自宅での英語学習には様々あり、定期的に教材が届く英語の「通信教育」や、英語のDVDやCD、カードやテキストなど教材をセットで購入する「英語教材」があります。

教室に通うよりも費用があまりかからないものもあれば、フルセット揃えると非常に高価な英語教材のセットもあります。

ご家庭によってどれが合っているか、いろいろ検討してみましょう。

定期的に教材が届く「通信教育」


幼児英語の通信教育としては、ベネッセコーポレーションの「こどもちゃれんじEnglish」があります。
対象年齢は2歳からで、年齢別に応じた内容で二ヶ月に一度教材が届きます。
定期的に教材が届くメリットは、子供にとって次の号が届く楽しみや、届いたときの新しい教材をやってみたい!というやる気につながります。

他の英語教材をセット購入するケースに比べると、途中で退会もできるので、子供が興味を持つか心配な場合や、一括購入するよりリスクは少ないと思います。

DVDと英語玩具、本を連動した教材には「しまじろう」が出てきたり、日本語も交えた内容なので、初めて英語に触れる幼児にも入りやすく、「英語に親しむ」目的の方にオススメです。

またオプションでオンライン英会話もできるので、少し英語に慣れてきたら自宅にいながら英語のアウトプットにチャレンジすることもできます。
もじもじしてなかなか話せないお子さんもいると思いますが、スカイプで英語を話す楽しさが実感できたら嬉しいですね。

英語の通信教育は小学生になると選択肢が増えますが、幼児向けは定期的に届く通信教育よりも、英語教材を購入して英語に触れる、といったシステムが多いようです。

0歳から始められる「英語教材」


一言で「幼児向けの英語教材」といっても、内容もコスト面でも非常に幅があります。

通信教育は2歳からが対象年齢になっているのに比べ、英語教材は「0歳からでも始められる」というのが特徴です。
「赤ちゃんのときからネイティブの英語を聞かせたい」という目的の方にオススメです。
もちろん赤ちゃんだけでなく、幼児期の長期に渡って使用できるようになっています。

DVDやCDでたくさんのネイティブの英語を聞かせ、赤ちゃんの頃からでも、大量の英語をインプットすることができ、次第に聞いた英語そのままの、ネイティブに近い発音でアウトプットできるようになります。
そして本やカード、英語玩具などの独自の教材を使いながら、親子で毎日英語に触れることができます。

「英語教材」購入して終わり?


英語教材というと、教材を購入したら終わり、というイメージもあると思いますが、やはり保護者の方が一緒に取り組むものなので、購入後のアフターフォローもチェックしたいポイントです。

自宅学習は何より親子で取り組むことが大前提です。

「英語が得意ではない」と思っている保護者の方でも安心して使えるか、継続して使いこなせるか、必ず確認したいところです。

聞き流しのインプットだけじゃない!アウトプットできるレッスンも魅力


教材でのインプットだけでなく、ネイティブの講師とのテレフォンレッスンやスカイプレッスンなどで、アウトプットできるシステムを取り入れているところもあります。

「この教材が良さそうだけど、スカイプレッスンがついてなくて・・・」と迷っている方は、英語教材とは別で、オンライン英会話も数多くあるので、お好みや英語のレベルに応じて組み合わせるのもいいと思います。

まずはお試し教材で検討しましょう。

ご検討される際はぜひ無料のお試しDVDや資料を取り寄せてお子さんの反応を見たり、お子さんのフォローをする上で、保護者の方にも合っているか確認してみましょう。

また教材を実際に手に取って試せるところもあり、自宅まで担当者がお試し教材を持って来てもらえるところもあります。

まとめ

・ 定期的に教材が届く通信教育は、途中退会もできるのでコスト面でもリスクが少なく安心です。対象年齢は2歳からで、内容は日本語も入っています。
・ 英語教材は多種多様で、内容もコスト面も非常に幅があります。
0歳からでも始められる全編英語の教材が多いです。
・ 親子で使用する教材なので保護者の方も利用しやすいかチェックしましょう。
・ 教材によっては電話やスカイプによるレッスンがついているものもあります。
・ お試し教材を取り寄せるなどして、親子共々利用したくなるような内容か確認しましょう。

始める年齢や、全編英語の教材がいいか、日本語の入った構成もいいか、まずはそこから検討するのもいいでしょう。
ご家庭に最も合った教材を選び、ご自宅で楽しく英語に取り組みましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう