【池田市立五月山動物園】 日本で2番目に小さいのにたっぷり楽しめる!

スポンサーリンク

「池田市立五月山動物園」は、大阪府池田市の五月山公園内にあります。 阪急池田駅から徒歩15分とのことですが、車道をずっと歩いていくうえに目印がないので地図に自信のない方はバスをおすすめします。 駅から10分ほど、池田市の町並みがのどかで、山に向かって行く道中はピクニック感が増しますよ。 園自体はコンパクトな動物園で、見て回るのにそんなに時間はかかりません。 調べてみると面積は3,000平方メートル、これは日本で2番目に小さな動物園(日本動物園水族館協会に加盟している動物園の中で)だそうです。 いわゆる象やキリンなど、動物園でよくおめにかかる動物はいませんが、なんとここにはウォンバットがいます。 他にもワラビーやアルパカ、ヒツジやアライグマなど種類は少ないながらも、カワイイ動物ばかりなので安心して楽しめます。 もちろん、動物園と言えば!のふれあいコーナーもありますので、小さなお子様を連れての休日にいかがでしょうか。 動物園の周りでは、気軽にシートを引いて座れる広場もあるので、お弁当を持っていってもゆっくり過ごせます。 ちなみに、総合案内所にたたみの部屋があり、係の方に声をかければ授乳室として使わせてもらえるので、安心しておでかけくださいね。

不思議な動物ウォンバットが見られる動物園!

ウォンバットをご存知ですか? ネズミ?熊?一見して何かよく判断がつきませんが、コアラに近い生き物なのだそうです。 ふわふわ、と書きましたがあれはふわふわでいいんでしょうか。毛をまとっています。 とってもかわいいのですが、どちらかといえば「珍」生物。動いている姿はずんぐり、のそのそという雰囲気で、どことなく人間くさく感じるときもあります。 なんとこのウォンバット、京阪神では姫路市立動物園とここ池田市立五月山動物園でしか見られません。 残念なことに夜行性なので、いつでも元気に動き回っているわけではありませんが、寝ているときもかわいいです。 言葉では説明しきれません、動いているときのあの何とも言えない姿をキャッチしにでかけてみてください。 ちなみに、五月山動物園のブログでは、ウォンバットの体重測定が毎度公開されています。 飼育員さんに抱かれるウォンバットの姿もなかなかかわいらしいので、五月山動物園についてお調べの際にはぜひ1度、ブログものぞいてみてください。

かわいい動物がいっぱい、ふれあい動物園!

動物園でのお楽しみはやはりふれあいコーナーです。もちろん、池田市立五月山動物園にもふれあい動物園があります。 時間は11:00~12:30、13:40~15:00と1日2回設定されています。(天候等で休止する場合などもあるそうです) 参加してくれる動物はケヅメリクガメ、カイウサギ、ウコッケイ、ナゴヤ、モルモット。 その中でもおすすめはケヅメリクガメです。カメに触れる機会ってなかなかないですよね。 また、ふれあい動物園の時間にかからなくても、エサやりができる動物もいます。 子どもはもちろん、大人でも、動物と触れ合って童心にかえれる貴重な経験になるのではないでしょうか。 他にも、動物に関するワークショップが予定されているときがあるので、チェックしてみてください。 じっくり動物と交流できる素敵な動物園、動物好きな方は1度足を運んでみてほしいです。

立地も最高!1日たっぷりたのしめる!

朝から張り切って動物園に行って、1日中歩き回ってへとへと・・・。誰しもこんな経験をお持ちだと思います。 池田市立五月山動物園は、動物園自体がコンパクトなので他の予定と組み合わせやすいところもおすすめポイント。 ちなみに五月山公園はハイキングにもおすすめで、ハイキングコースや植物園もあります。 もちろん、天気の良い1日を外で過ごすのもおすすめですが、近くには他にも色々と楽しめるスポットがあるのです。 例えば、児童文化センターでは、科学実験教室などイベントが開催されていたり、プラネタリウムもあります。 五月山周辺には逸翁美術館や小林一三記念館など、大人もゆっくり楽しめるスポット。少し離れてインスタントラーメン発明記念館も。 子どもにとっても大人にとっても充実した1日を過ごせます。午前中は動物園、午後はのんびり室内でなど、緩急をつけて楽しんでみては? 池田市立五月山動物園 ●住所:大阪府池田市綾羽2丁目5-33 ●電話番号:072-752-7082(池田市緑のセンター) ●ホームページURL:http://www.satsukiyamazoo.com/]]>

スポンサーリンク