【伊豆アニマルキングダム】 動物たちが近い!子どもも大人もドキドキ!

スポンサーリンク

気分は冒険家!伊豆でサファリ体験ができちゃう! フリーダムな「ウォーキングサファリゾーン」です。ここのサファリゾーンは歩いて回れるので、冒険家になって散策をしている気分です。柵だけのシンプルな通路になっています。シマウマやダチョウ、キリン、サイなどの動物たちが、放し飼いなので野生に近い状態で見ることができます。柵に近づくと、動物たちもぞくぞくと寄ってきてくれます。そして、アニマルゾーンでは是非、エサやりに挑戦しましょう。なんと、自分の手からエサをあげる体験もできます。この時かなり急接近してくるので、顔など、普段は見ることのできない部分をよく観察することができます。エサを食べようと舌を必死に伸ばす姿には、思わず笑ってしまいます。大接近の動物たちに興奮してしまいますが、大声や物音には注意して、優しく接することが大切です。驚かせないようにカメラのフラッシュにも気を付けましょう。また、でこぼことした道が少ないので、車椅子やベビーカーも比較的通りやすいと思います。もしも通りづらい道や段差があれば無理はしないで、近くにいるスタッフさんに声をかけてください。

猛獣動物にも大接近!動物に触れよう!癒されよう!

ウォーキングサファリゾーンを進むと猛獣展示場があり、ここの名物にもなっているホワイトタイガーに出会えます。ちなみに日本には約30頭程度しかおらず大変希少です。その他にライオンやチーターなどもガラス越しに観察できます。そして、大人気!ホワイトタイガーにエサやり体験ができます。エサを見る目は、ハンターそのものです。柵越しとはいえ、体長は2メートルもあります。誰もがホワイトタイガーの迫力に圧倒されてしまうこと間違いないです。自分が食べられてしまうかも!とハラハラ、ドキドキのスリルを味わいましょう。まだまだ、ひと味違うイベントもあります。その名も「サイにさわりなサイ」です。なんとユーモアのあるネーミングでしょう、遊び心がたまりません。そもそも、サイをちゃんと見る機会ってないですよね?しかも一回100円で観察とタッチが可能とは、かなりお得です。実際にサイと会うと想像以上に大きいです。少し後ずさりしてしまう方もいるかもしれません。でもよく見ると、とってもかわいいです。注目して欲しいポイントは、つぶらな瞳です。「触っても、いいよ」とこちらを見る眼差しは優しく、愛くるしいです。そして、ゴツゴツと岩のような皮膚です。それは正に鎧で、かっこいいです。サイの象徴である、角も子どもの頭くらいはあります。サイにさわりなサイは人気なので、連休など長蛇の列ができます。確実に触りたい方は、早めに並びましょう。長寿のコンゴウインコが出迎えてくれる、わくわく広場では定番の小動物の他にアルマジロやハリネズミ、マーラとも触れ合えます。広場の奥にはカピバラのファン必見!カピバランドがあり、どちらも癒されます。

昼食なら絶対にココ!レストランアニマルキングダム

沢山遊んだあとは、お腹が空いてきますよね?どうせなら、昼食だって楽しみたい!ここで、おすすめしたいのが「レストランアニマルキングダム」です。なんと、ホワイトタイガーやライオンを大きなガラス越しに眺めて食事が楽しめます。人に慣れているので、結構近づいてきます。カメラはしまわないでおきましょう。メニューもとろとろオムライスやサファリカレー、グリルチキンなどボリュームが満点です。もちろん、お子様ランチもあります。キッズカレーはライオンがモチーフにされていて、とてもかわいいです。大人でもついつい頼んでしまいそうです。猛獣たちを横目で見ながら、今まで撮った写真をみんなで見ても、素敵な時間を過ごせると思います。そして、アニマルゾーンから進むと遊園地が見えます。観覧車やメリーゴーランドもあるので、疲れたら休憩がてら乗ってみましょう。観覧車からは、このパーク内を一望できます。また、2013年に新しくできたのが「恐竜の棲む森」です。自然の中に、リアルな恐竜たちがいます。サイズも大きいのでテンションも上がると思います。もしも、子どもが動物を恐がったらここで気分を変えてあげてください。森林浴も楽しめます。動物たちと沢山の思い出を作りましょう! 伊豆アニマルキングダム ●住所:静岡県賀茂郡東伊豆町稲取3344 ●電話番号:0557-95-3535 ●ホームページ:http://www.izu-kamori.jp/izu-biopark/]]>

スポンサーリンク